「マンション管理士」とは

マンションの維持・管理に関する専門家として、マンション管理組合のサポートを行う。

マンション管理士とは、マンションの管理に関する専門知識をもって、マンション管理組合の運営や大規模修繕等を含む建物の技術的な問題などのマンションの維持・管理にかかわることに関して、助言や指導等のコンサルティング業務を行うことがおもな仕事です。

マンションは民法・区分所有建物法・マンション建替え円滑化法といった難解な法律知識や、建物の構造や工事などの建築の知識も必要とされるため、このようなマンション管理のスペシャリストが必要とされます。

独占業務はありませんが、マンション管理士に名乗るためには、マンション管理士試験に合格して登録することが必要す。

有資格者は、主にマンション管理会社で働きます。

マンションがある限り必要とされる仕事ですので、不動産の中では比較的景気に左右されにくい仕事です。

「マンション管理士」の仕事紹介

マンション管理士の仕事内容

マンション運営の専門コンサルタント

分譲マンションには、法律で各マンションごとに管理組合を設けることが義務付けられています。

管理組合はマンション住民から毎月徴収した管理費を基にして、住民が快適に過ごせるよう、さまざまな管理業務を行っていますが、ほとんどの管理組合はそのマンションに住む一般住民で組織されています。

管理組合の担う仕事は多く、管理費や修繕積立金の収支報告、予算の作成、総会や理事会の運営、大規模修繕計画の策定、住民同士のトラブル解決など多岐にわたりますが、一般住民がそれらをこなすことは非常に困難です。

そこで、専門知識に基づいてアドバイスやコンサルティングを行い、マンションを適切に運営していく手助けをするのが、マンション管理士の仕事です。

マンション管理士は法律知識や建物の構造、設備に関する知識を有したプロフェッショナルであり、マンションに常駐しているいわゆる「マンションの管理人」とはまったく異なります。

マンション管理士の就職先・活躍の場

マンションを取り扱う企業が主な勤務先

マンション管理士の就職先として一般的なのは不動産管理会社です。

特にマンションの設計、施工から販売、管理を一括して手掛ける大手マンション販売業者では、管理組合との連絡や調整業務、運営のサポート、あるいは法務関係の担当など、幅広い活躍の場があります。

また宅地建物取引士や司法書士、行政書士など他の資格と併せたり、マンション設備の修理や点検などの実務も請け負うなどして業務の幅を拡げ、独立するケースもあるようです。

マンション管理士1日

現場に出ている時間が大半

マンション管理士は社内でデスクワークしているよりも担当するマンションに訪問するなど社外に出ているほうが多い仕事です。

また管理組合に所属している人をを中心に、マンション住民と話し合う機会が多いことも特徴です。

9:00 出社
メールチェック、案件ごとの打ち合わせなどを行います。

10:00 現地訪問
担当しているマンションを訪れ、抱えている課題を組合と共有します。

12:00 休憩

13:00 会議
管理組合の会議に出席し、課題解決の方法について協議します。

17:00 内勤
帰社し、上司に報告したり、業者に必要な作業を手配したりします。

18:00 帰社

マンション管理士になるには

国家試験に合格することが必要

マンション管理士は国家資格ですので、国土交通大臣の指定機関が主宰するマンション管理士試験に合格したのち、マンション管理士として登録しなければなりません。

なお、資格を有していなくても管理組合などに対してマンション運営に関する助言やコンサルティング業務は可能ですが、「マンション管理士」と名乗ることはできません。

これはマンション管理士という資格が「名称独占資格」と呼ばれるものだからですが、マンション管理士しか行えない「独占業務」を有していない点は、この資格のひとつの弱みとして認識しておく必要があるでしょう。

マンション管理士の学校・学費

誰でも受験できるが、合格には相当の努力を要する

マンション管理士試験に受験資格はなく、誰でも受験することができます。

ただその試験で問われる内容は、区分所有法をはじめとしたマンションに関する法律の他、民法や建築基準法など広範囲に及び、合格のためには500時間~600時間の勉強が必要といわれています。

一説には同じ不動産関係の代表的資格である宅地建物取引士より難関ともいわれており、資格の専門学校に通うことも視野に入れておかなくてはならないでしょう。

マンション管理士の資格・試験の難易度

合格率一桁の難関試験

マンション管理士試験の合格率は毎年8%前後と、他の主な資格試験の合格率と比べてもかなり低い水準で推移しています。

マンション管理士試験は主な出題範囲である区分所有法をはじめとして理解の難しい設問が多いことに加え、資格が創設されて日が浅いために、参考書などの関連書籍が少ないことも勉強しにくい要因となっています。

ただ、ここまで合格率が低いのは、出題範囲の重複している「管理業務主任者」という資格の保持者が、マンション管理士試験も受験するものの、難易度が比べ物にならないためにほぼ不合格となってしまうことも遠因としてあるようです。

マンション管理士の給料・年収

平均的サラリーマンと同じだが、プラスアルファも

マンション管理士の年収は330万円~550万円が相場、平均は400万円前後で、一般的なサラリーマンと変わりありません。

ただしこれはあくまでマンション管理士の資格だけに基づいたもので、マンション管理に付随した資格、たとえば電気工事士やボイラー技士の資格などを有していると、担当できる仕事が増えますので、そのぶん給料面でもプラスアルファが期待できます。

さらなる収入を求めるなら、さまざまな資格取得に挑戦することが必要といえます。

マンション管理士のやりがい、楽しさ

役に立っていることを実感しやすい

マンション管理士はその建物に住む住民のために管理方法を助言したり、トラブルを解決したり、費用の削減を提案したりします。

そのために住民との距離が近く、感謝の言葉を直接かけられることが多い点が魅力です。

またマンションの維持には定期的な修繕が不可欠ですが、そこに計画策定段階から携わり、実際に綺麗になっていく過程を見届けることは、自分が確かに役に立っているという実感を得やすく、仕事のやりがいにつながっています。

マンション管理士のつらいこと、大変なこと

関係者の数が多く、調整作業に難航することも

マンションの区分所有者は、建物の規模にもよりますが、多い場合は100人を超えることも珍しくなく、それぞれが異なった意見を持っているケースが大半です。

マンションに関する協議事項は自分の資産、居住環境に直結する重要問題ですから、住民同士で互いの意見が衝突し、足並みが揃わない事態もしばしば起こります。

そうしたときでもマンション管理士は第三者の客観的立場から、専門知識を駆使して事態を収拾しなくてはなりませんが、住民同士が引かず、その調整作業に困難が伴う場合もあります。

マンション管理士に向いている人・適性

根気強さが求められる

マンション管理士の仕事は基本的に事務作業などの裏方が主であり、地味な作業をこつこつと続ける忍耐力が必要です。

またトラブルが発生した際の住民同士の仲裁でも、解決策を見出すためには交渉力とコミュニケーション能力に加え、粘り強く双方の意見に耳を傾け、時間をかけて妥協点を話し合う根気が問われることになります。

コンサルティング業というと世間一般に華やかなイメージがありますが、そういう表舞台に立つ業務はごく一部です。

マンション管理士志望動機・目指すきっかけ

さまざまな業界からの転職が多い

マンションに住んでいる人にとってはマンション管理士は比較的身近な存在です。

「住環境が改善された」「ご近所トラブルを解決してくれた」という経験から不動産管理に憧れ、マンション管理士を志望する人もいるでしょうが、他の職業から転職してくる人も多いようです。

ビル管理会社や設備点検会社、建設会社、あるいは不動産業者に勤めていた人が、より居住者に近い仕事を求めてマンション管理士を目指すことが少なくありません。

これはマンション管理士の取り扱う業務の範囲が広く、前職の経験を活かしやすいという特徴があるためだと思われます。

マンション管理士の雇用形態・働き方

マンション管理会社に勤務するか、独立するか

マンション管理士の多くは管理会社や不動産会社に正社員として勤め、マンション管理士としての業務以外の仕事、たとえば営業や経理、事務なども、並行してこなしています。

中には独立して自分の事務所を経営する人もいますが、マンション管理士専業というわけではなく、宅地建物取引士や司法書士、行政書士などの他の資格を併せ持ち、兼業で事業を展開しているケースが一般的です。

もしマンション管理士の仕事一本で独立するなら、コンサルティング能力に特化するなど、工夫が必要になるでしょう。

マンション管理士の勤務時間・休日・生活

休日の業務が多くなりがち

マンション管理組合の総会や理事会を取り仕切ることもマンション管理士の大事な仕事のひとつですが、平日は働いているために時間が取れず、会に出席できない住民が大半ですので、どうしても土日祝日に開催されることが多くなります。

またマンション設備の故障や修理対応、住民間のトラブルなどは、そもそも暦に関係なく24時間365日いつでも発生します。

そのため、マンション管理士の勤務時間や休日は、どうしても不規則になりがちな傾向があります。

マンション管理士の求人・就職状況・需要

マンション自体の増加に伴い需要は増加傾向

子供がいても夫婦共に働くことが当たり前になりつつある昨今、住宅購入希望者の多くは通勤しやすい立地を最優先する傾向が強く、マンション人気が続いています。

その一方で、過去に建てられたマンションは築年数の古いものから順に修繕や設備更新などのタイミングが到来しています。

新築マンション、中古マンション共に、マンション管理士の需要は増加傾向にあり、管理会社は積極的にマンション管理士を求人しています。

その資格保有者の少なさからも、今後もマンション管理士の需要は増加していくと予想されます。

マンション管理士の転職状況・未経験採用

転職市場は活況、未経験でも採用

マンション管理士は、資格が創設されてまだ新しいことと、その資格試験の難易度が高いことから、需要に対して資格保有者が少なく、企業は転職者を積極的に求めています。

転職者の中には、不動産会社にいた人や建設会社の設備部門にいた人など、なんらかの関連のある人が多いですが、マンション管理の仕事自体は全くの未経験である場合も少なくなく、経験の有無は転職する際の有利不利にあまり大きく影響しないようです。

マンション管理士の現状と将来性・今後の見通し

需要は今後も増え続ける見込

子育て世帯や老人などを中心に、多くの人々が、生活の利便性という観点からマンションでの生活を選択しており、都市部を中心にマンションの居住者数は増加し続けています。

マンション管理にかかる業務は、老朽化が進むほど加速度的に多くなり、設備の維持管理や大規模修繕の実施、建替の検討など、管理組合にかかる負担はどんどん大きくなっていきます。

居住者の高齢化が進展し、管理組合の運営自体が危ぶまれているマンションも少なくない状況を勘案すれば、今後ますますアドバイスやコンサルティングを行うマンション管理士の必要性は高まってくるでしょう。