このサイトは行政書士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「行政書士」

仕事内容
行政書士は、各省庁や都道府県庁、市・区役所、警察署といった官公署に提出する書類を代行して作成し、申請手続きをする仕事です。具体的には、会社設立時の書類作成、契約書作成、飲食店営業許可手続き、旅行業の登録など専門知識を要するものに関して、個人や企業からの依頼 を受けて業務を行います。デスクワークが多いですが、一方で顧客との打ち合わせや書類提出など、外を歩き回ることも多々あります。
なるには
行政書士になるには、国家試験である行政書士試験に合格する必要があります。誰でも受験可能な試験で、司法書士よりは難易度が低いと言われていますが、それでも合格率はわずか5%程度となっており、予備校や通信教育を利用して勉強する人も多くいます。なお、法律に関する問題が多く出題されるため、法学部出身者は若干有利になるでしょう。試験の合格後は行政書士事務所等に就職するケースが一般的ですが、求人が少ないため、いきなり開業する人もいます。
給料
行政書士の給料は、勤務先の事務所によって異なります。一般的には経験とスキルに応じて収入がアップしますが、報酬規定が撤廃されたことにより、単価が下がっている現状もあります。なお、行政書士は税理士や社会保険労務士の資格もあわせて取得している人が多く、関連資格を得てスキルアップすることで高収入が期待できるほか、独立開業で成功すれば、年収1000万円以上を安定して得ることも夢ではありません。
将来性
行政書士事務所の数が増加している中、各事務所間の競争は厳しくなっていると言われます。そのため、行政書士の本職と言える書類作成に加え、特定の専門分野に特化することや、独自のサービスを打ち出すなどの必要も出てきているようです。行政書士の扱う分野は年々広がりを見せていますが、電子化による仕事量の減少も課題となっており、今後は専門性とコンサルティング能力を持った人材の需要が高まるだろうと考えられています。