自動車メーカー社員の志望動機・面接

志望動機を考えるうえで大切なこと

自動車メーカーへの就職を志す人の多くは、やはり自動車が好きで、自動車に対する自分なりの思いを持っているようです。

自動車製造は、日本が誇る「ものづくり」のなかでも最先端の技術を駆使した産業です。

また、市場規模も大きく、自動車業界はまさに日本の産業を代表する業界のひとつといえます。

そうしたダイナミックなビジネスに魅力を感じ、自動車メーカーを目指す人はたくさんいるようです。

なお、ひとくちに「自動車メーカー」といっても複数の企業があり、企業ごとに理念やビジョン、ブランドコンセプト、事業展開などは異なります。

それらをどこまで深く把握できるかによって、志望動機の説得力も変わってくるといえるでしょう。

例年、大手自動車メーカーには大量の志望者が押し寄せるため、あまり企業研究ができていない場合、どうしても他の志望者と似たような内容になってしまったり、当たり障りのない内容のものになってしまったりしがちです。

そのなかで「この学生は他の人とは違う」と思ってもらうためには、企業ホームページやパンフレットなどを活用して企業のことをしっかりと調べ上げ、企業の考え方に共感する点を取り入れながら、できるだけ独自の志望動機を作るように心がけたいものです。

面接のポイント

自動車メーカーの面接試験において、取り立てて難しいことを聞かれることはさほど多くないようです。

たとえば志望動機のほか、自分の長所・短所、学生時代に頑張ったこと、就職後はどんな仕事に携わりたいか、将来の目標など一般的な質問がなされます。

そのほか、企業のことについて聞かれることもあります。

最近は「グローバル」や「環境・エネルギー」と関連性の深いビジネスを進めている自動車メーカーが多いため、その辺りの取り組みについてはとくに念入りに調べておいたほうがよいでしょう。

数多くの自動車メーカーがあるなかで、その会社でなくてはならない理由を話せるようにしておくことが大切です。

自動車メーカーは人気であるため、企業研究をしっかり行い、自分ならではの志望動機を作成する必要がありますが、作成した志望動機に自信が持てない人は、キャリアチケットという新卒向けサービスを利用して無料の添削を受けるのも一つの方法です。

自動車業界に詳しい担当者が、キャリア相談から志望動機の添削や模擬面接までしてくれるため、内定獲得率をアップさせることができます。