自動車メーカー社員への転職、中途採用

自動車メーカーへ転職するには

日本経済を大きく支えている自動車業界。

採用活動については比較的活発な状態が続いており、ここ数年、中途採用も積極的に行われています。

とくに、自動車メーカーに不可欠な「技術職」に関してはどの企業も優秀な人材を求めており、通年で募集をかけているところも珍しくありません。

企業によって求める人物像やスキルは異なりますが、専門知識や高いスキルを身につけている人、業界経験が豊富であると、とても良い条件で転職を成功させている人もいるようです。

自動車メーカーの中途採用情報については、各社のWebサイトや、求人情報サイトを中心に見つけることができます。

また、転職エージェントを利用して転職活動を行っている人もいます。

中途採用は職種別採用が基本

自動車メーカーの採用は、新卒の場合、「事務系」あるいは「技術系」という大枠での採用となり、入社後に各部門へ配属となるのが基本的な形です。

しかし、中途採用の場合は、最初から「商品企画」「購買」「マーケティング」「営業」といった形で、職種別で募集がかけられることがほとんどです。

会社側としては各領域で即戦力になれる人を求めており、前職での経験は非常に重視されやすいといえるでしょう。

応募条件としても「○○に関する業務経験△年以上」といった具体的な内容が明示されるケースはよくあります。

転職に有利になるスキル

昨今の自動車業界における大きなキーワードの一つが「グローバル」です。

すでに大手自動車メーカーはこぞって海外展開を進めており、海外の技術者と協力して開発プロジェクトを進めるケースも一般的になってきました。

自動車メーカーにはさまざまな部門がありますが、技術職や事務職、どの職種に就くにしても、高い英語力を持った人はかなり有利になるといえるでしょう。

応募条件として「TOEIC650点以上」程度のレベルが求められる場合もあります。

転職エージェントに登録しておくと、自動車メーカーの求人をまとめて紹介してもらうことができます。

自動車メーカーの求人を1,700件以上保有しているリクルートエージェントは、面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることがますので、まずは相談することから始めてみましょう。