自動車メーカー社員に向いている人、適性

「ものづくり」をとことん突き詰めたい人

日本のものづくりの技術はたいへん優れているといわれますが、なかでも最先端の技術が用いられる自動車製造については、まさに「ものづくりの極み」といえるような仕事です。

自動車メーカー社員には、たとえ社内でどのような仕事に就くとしても、人々の暮らしや社会をもっと便利に変えていく「大きなものづくり」に携わる立場としての誇りや責任感が求められます。

こうしたことから、自動車メーカーでの仕事は、「日本を代表するものづくりがしたい」という気持ちを持てる人に向いている仕事だといえるでしょう。

幅広い仕事に興味が持てる人

自動車メーカーには、マーケティング、商品企画、研究開発、生産、営業、人事労務、経営企画、経理、総務などさまざまな部門があり、さまざまな仕事があります。

理系の技術職の場合は、業務に高い専門性が求められることから一つの仕事を長く突き詰めていくことが多いですが、文系の事務系職種の場合は、さまざまな仕事を任せられる可能性があると考えておいたほうがよいでしょう。

とくに大手企業の場合、経験を積むために数年単位で別の部門へと異動となるケースもあり、本人の希望通りにならないこともしばしばあります。

こうしたことから、自動車メーカー社員は「この仕事しかしたくない」と考えるのではなく、自動車メーカーそのものに興味を持ち、さまざまな仕事に前向きに取り組む姿勢を持てる人に向いているといえます。

他の人たちと協力してゴールに向かえる人

自動車メーカーは比較的大きな組織の企業が多く、社内では企画から研究開発、生産…といったように、多種多様な職種の人が働いています。

自分一人だけでは完結できないスケールの大きなプロジェクトをたくさんの人で動かしていくため、良くも悪くも「大多数の中の一人」にならなくてはなりません。

もちろん、一人ひとりが責任を持ち全力で仕事に向き合うことはとても大切ですが、他の人たちと一緒に一つのゴールに向かって協力して進んでいく協調性や連帯感は求められます。

チームプレイが得意な人であれば、自動車メーカーでの仕事にもうまく取り組んでいけるでしょう。

自分が自動車メーカーに本当に向いているのかどうかイマイチ分からない人は、マンツーマンで就職サポートを受けられる新卒向けのサービス「キャリアチケット」の利用を検討しましょう。

自動車メーカーに向いているかどうかについてアドバイスや、面接対策や書類添削も受けることができますので、万全の状態で就職活動に臨むことができます。