自動車メーカー社員の仕事、業務内容

自動車の開発、生産を行う会社

自動車メーカーは、人々が乗る自動車を開発し、実際に生産を行う会社のことをいいます。

1台の車を作り上げるためには、じつにたくさんの人が関わっており、最初に「こういう車を作ろう」と考えてから完成するまでに何年という時間がかかることも珍しくありません。

自動車メーカーにおける仕事は、大きく以下のように分けることができます。

商品企画

「どのような車を作るか」を考え、決定する仕事です。

マーケティング担当者が消費者のニーズや市場動向をリサーチし、消費者が「欲しい」と考える自動車は何かを検討します。

プランナーのほか、エンジニアやデザイナー、営業などのスタッフと共に、自社のブランドイメージも踏まえた新商品コンセプトを議論し、決定していきます。

ターゲット、使用想定シーン、商品のポイントなど、あらゆる角度からコンセプト作りに取り組み、これが自動車開発の基礎になります。

研究・開発

商品企画がまとまったら、設計図を作り、車体やエンジンの組み立てなどを行います。

自動車開発に必要な技術は日々進歩し続けていくため、普段から新技術や新型エンジンの研究も行います。

自動車は複雑かつ高度な部品や技術の集合体で作られるため、研究・開発部門には、エンジン、電子制御、シャシーといった各分野の専門家が集まっています。

生産

開発工程がまとまると、いよいよ工場での生産が開始されます。

高品質な製品を安定して効率よく生産するための仕組みを考え、生産工程や設備配置を考えます。

生産終了後は品質を厳しくチェックし、問題がないかを確認します。

事務系か、技術系か

自動車メーカーにはさまざまな仕事がありますが、なかでも「研究・開発」の仕事については高度な専門知識が要求されます。

こうしたことから、研究・開発の業務については「技術系」として、大学および大学院の理系や工学系出身者を別枠で採用することが多くなっています。

一方、企画やマーケティング、営業、また総務や人事、経理といった管理系の仕事については、技術系の仕事ほど専門知識が求められず、「事務系」として採用され、会社の状況などによって各部門に配置されることが一般的です。

自動車メーカーの仕事に興味があるものの、自分に向いているのか心配であったり、職種ごとの仕事内容について知りたい場合は、キャリアチケットという新卒向けのサービスを利用するのもよいでしょう。

自動車メーカーの面接対策や志望動機の添削なども無料で行ってくれますので、自動車メーカーへの就職を希望する場合は、気軽に相談してみてください。