自動車メーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

規模の大きな仕事が多い

自動車メーカ社員の仕事は、とても規模の大きなプロジェクトで動いていくことが特徴です。

新車の開発スタートから量産されるまで少なくとも数年~5年ほどかかることが一般的であり、各部門の大勢の社員たちがチームプレーでゴールを目指して動いていきます。

そのなかでは、長期的な視点を持って進めなくてはならない業務も多く、すぐに成果が見えなかったり、計画通りに進まなかったりすることもあります。

また、常に数年後の未来を見据えて仕事をしていくため、答えがないところに自分たちで答えを作っていくことが求められる点も、やりがいがある反面、大変な部分だといえるでしょう。

人によっては何度も転勤になることも

大手自動車メーカーの多くは、国内の全国各地や海外に複数の拠点を設けています。したがって、配属された部門や職種によっては、転勤を命じられる可能性があります。

技術系職種の場合、研究開発拠点が限られているケースが多いことからあまり転勤は多くないとされていますが、絶対に転勤がないとは限りません。

一つの部署から数年で転勤になることもあれば、ずっと同じ部署で長く働き続ける人もおり、一概に転勤が多いとはいえませんが、全国規模の企業に勤める場合には、転勤を命じられることもあると認識しておいたほうがよいでしょう。

転勤になれば、新しい環境で生活を整えていく必要があるなどの苦労もあります。

海外との取引も多い

グローバル化が進んでいる自動車メーカーでは、海外の取引先と仕事をする機会も増えています。

それは刺激的である反面、言語や文化、価値観の違いからコミュニケーションをとることに難しさを感じることも多々出てくるでしょう。

また、自動車メーカーの仕事では他部門と連携して業務を進めることも多く、異なる立場の人と上手に人間関係を構築していく力が求められます。

こうした点に苦労を感じる人も多いようですが、仲間や上司・部下を巻き込みながらうまく業務を進めていけた時の喜びは計り知れません。

自動車メーカーで働くのが辛い場合は、転職を考えることも大切

自動車メーカーは、給料や福利厚生が恵まれていますが、転勤が多かったり、技術職のルーティンワークにやりがいを見出すことができないといった理由で辛いと感じることは少なくありません。

自動車メーカーで働き続けるのが辛いと感じてしまっている場合、他のメーカーや、他業界に転職を考えるのも大切であると言えます。

自動車メーカーは安定しており、待遇も良く人気となっていますから、転職活動を考えている場合は転職エージェントを利用も検討しましょう。

リクルートエージェントは、自動車メーカーの求人を多数保有しているのはもちろん、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれますので、まずは気軽に相談してみてください。