自動車メーカー社員のやりがい・楽しさ・魅力

自動車メーカー社員のやりがい・楽しさ

モノづくりの最先端を味わえる

世の中にさまざまなモノづくりの仕事がありますが、その中でも自動車製造というのは最先端の技術を駆使して行われる大きなプロジェクトです。

ある自動車を企画し、それが実際に世の中に出回るまでには長い時間がかかり、その期間には多くのエンジニアや各領域の専門スタッフがプロジェクトにたずさわり仕事を進めていきます。

自動車メーカーには国内外から優秀な人材が集まっており、プロフェッショナルたちの中でモノづくりの最先端に関われることは大きなやりがいです。

自分が開発にたずさわった自動車が街を走っている様子を見ると大きな感動を味わうことができるでしょう。

グローバルな視点を持って仕事ができる

昨今の自動車業界では、「グローバル化」が一つの重要なキーワードとなっています。

各自動車メーカーはこぞって海外展開を進めており、海外の技術者たちとタッグを組んで研究開発や設計を進める機会も増えています。

社員向けの教育制度として、海外研修や語学研修を用意する企業もあります。

自動車メーカーは世界各国に支店や生産工場を設置しており、配属部門にもよりますが、海外拠点への駐在や海外出張をする機会にも恵まれているほうです。

国内だけにとどまらず海外の人たちとも関わりながら、世界市場に目を向けたスケールの大きな仕事ができることも、自動車メーカー社員の魅力でしょう。

幅広い仕事にチャレンジできる

自動車メーカーの多くは、大企業ならではのジョブローテーション制度を採用しています。

たとえば事務系総合職コースとして採用されると、商品企画、マーケティング、資材調達、営業、さらには総務、経理、財務、人事といったバックオフィス業務まで、さまざまな職種をローテーションで経験することができます。

トヨタのような大手の自動車メーカーは、メインとなる自動車事業のほかにも、不動産、物流、金融、システムなど幅広い分野でビジネスを展開しており、専用の子会社や関連会社を持っています。

場合によっては、そのような子会社、関連会社に出向し、自動車造りとはまったく関係ない仕事にたずさわる機会もあります。

意欲や希望次第で、幅広い仕事にチャレンジできる環境が自動車メーカーには用意されています。

クルマが好きを仕事にできる

自動車メーカーは産業ピラミッドの上位にいるため、自分たち主導で思い描くクルマを作っていくことができます。

メーカー関係者でなくては知ることのできない新車の情報や新技術にも間近で触れることができます。

自動車のパーツをつくる自動車部品メーカー、自動車を販売する自動車ディーラーなど、自動車業界にはさまざまな会社がありますが、その中でも中核に位置し、クルマに対する想いを形にしやすいのが自動車メーカーです。

自動車メーカー社員の仕事内容・企業の種類

自動車メーカー社員の魅力

給料水準や待遇がよい

自動車メーカーの平均年収は、会社にもよりますが600万円~800万円程度が目安とされています。

一般的なサラリーマンの平均年収よりもひと回り高い額の収入が得られることが多く、管理職クラスになると年収1000万円以上をもらっている人もいます。

ボーナス、退職金、家賃補助などの各種手当の水準も高めであり、大企業ならではの恵まれた収入環境で働けるのが魅力です。

自動車メーカーは事業規模、資本ともに巨大であるため倒産や破綻の例も少なく、定年まで安心して働けることもメリットでしょう。

キャリアが評価されやすい

自動車メーカーの入社は狭き門であり、行っている業務もスケールが大きいものが多いことから、その職務経験は転職市場において高評価を得られます。

とくに同じ自動車業界の中では、その業界のトップである自動車メーカーで働いた経験というのはキャリア上で大きな意味をもちます。

技術職においては、自動車分野の最先端の技術を身に付けられるため、メーカー出身で評論家や研究者の道に進む人などもいます。

前述したようにジョブローテーションによって、幅広い業務経験やスキルを身に付けられるのも魅力でしょう。

世間のイメージがよい

自動車メーカーは規模も大きく安定していることから、就職先・勤務先として世間からのイメージは良好です。

とくに高度成長期を経験した団塊世代や、愛知県などの自動車産業が根付いている地域の人々からは、自動車メーカー勤務というと信頼されるでしょう。

金融機関からの信頼も高く、自動車メーカー勤務であれば高額な住宅ローンの審査なども通りやすいようです。

世間体や周囲からの社会的イメージを重視する人であれば、自動車メーカーは満足のいく就職先といえます。

新車が安く買える

自動車メーカーに勤務すると、自社で販売している新車を社員割引として安く購入できることがあります。

メーカーにもよりますが、おおむね2~3割引の価格で新車が購入でき、信じられないほどの破格で購入できるメーカーもあるようです。

ただし周囲からの視線もあるため、他メーカーの車を買いにくくなるデメリットもあります。