銀行員の苦労、大変なこと

一生続く、勉強の日々

金融のプロフェッショナルとして働く銀行員は、金融商品や社会経済に関する幅広い知識が必要になります。そのため、銀行員は仕事と並行しながらたくさんの勉強をしなければいけないことで知られています。

銀行員として内定をもらうと、早いところでは入行前から課題やテストが始まり、遅いところでも入行後の研修期間には膨大な量の知識を覚えることとなります。

さらに、入行後に「ファイナンシャルプランナー」や「銀行業務検定」の試験への合格を推奨されることが多く、このためには「法務」「財務」「証券」「税務」「年金」など幅広い分野を学ぶ必要があります。

銀行員というと、一般的には「安定した職業」というイメージがありますが、実際には入行後もたくさんの努力が必要な職業なのです。

ときには厳しい判断も

銀行員のなかでも、特に「融資」に関わる仕事は、非常に大きな責任が伴います。「融資」とは、資金を必要とする企業や個人にお金を貸すことで、将来的には利子をつけて返してもらうことで利益を生み出すことができます。

しかし、ここで重要になるのは、将来的にちゃんと返せる見込みがある相手なのかどうかの見極めです。もしも融資先が倒産や破産をしてしまって貸したお金が回収できなくなれば、銀行にとっては大きな損失になります。

銀行員は、あくまでも第三者の立場から、冷静に経営状態や将来性を考えたうえで判断をしなければいけません。

こうした判断に従い、ときには融資を断らなければいけないこともあります。

経営が苦しい企業だと、銀行にお金を貸してもらえなければ、不渡り(手形や小切手の支払い期日を過ぎても決済できないこと)を出してしまって、社会的な信用を失い倒産に追い込まれてしまうケースもあります。

このような状況を知っている銀行員にとって、融資を断るのは大変心苦しいことでもありますが、多額のお金がからむ以上やむを得ない判断なのです。

銀行員は、個人的な感情に左右されないよう、強い信念を持って業務に向き合うことが大切です。

仕事体験談