銀行員の現状と将来性

銀行も厳しい競争が始まる

かつては「銀行に就職する」ことは、非常に安定した職業に就くことを意味していました。

大手の都市銀行にしても地方銀行にしても、「まず倒産することはない堅実な就職先」というイメージが強く、実際に銀行に勤めている人は安定した収入を得ることができるのが一般的でした。

しかし、近年、銀行業界には大きな変革期が訪れようとしています。金融業界のさまざまな規制緩和が進んだことによって、かつてはなかったような新しい形態の銀行が増えてきました。

インターネットでの支店で口座を開き、簡単にお金を預けたり引き出したり振り込んだりできる「ネット銀行」が、その大きな象徴です。また、資産運用の選択肢の広がりとともに、金利が有利な新商品もぞくぞくと登場しています。

昔のように、自分が住んでいる地域の銀行に口座を開き、貯蓄預金に貯蓄をするのが当たり前ではなくなったのです。人々は、より高い利益を得られる商品や銀行を求めて積極的に情報収集したうえで自分の資産の預け先を選んでいます。

銀行は生き残りをかけて、個別のサービスの充実を競い合う時代に突入したと言っても過言ではないでしょう。

これからの銀行員に求められること

「まじめで実直で責任感が強い」ことが、今までの銀行員に何よりも求められてきたことでした。

しかし、競争が厳しくなる時代に銀行員として活躍していくためには、多様化する顧客のニーズに柔軟に対応できる発想力や高いサービス精神も求められるようになります。

これから銀行員をめざす人は、今までの銀行員に求められていた能力とは異なる、新しい能力が必要になるでしょう。

仕事体験談