銀行員に向いている人、適性

まじめで几帳面な人

銀行の仕事はお金を取り扱っているため、業務には常に数字が付きまといます。預金業務でも、貸付業務でも、為替業務でも、書類を記入したり確認したりする際には必ず数字の正確性を徹底的にチェックしなければいけません。

こうした記入には、ちょっとしたミスも許されません。記入してある数字が「一桁間違っていた」では大問題になりますし、雑な数字を書いたせいで「1か7か判別がつかない」というようなことも、あってはならないことです。

まじめで几帳面で、ひとつひとつの数字を丁寧にチェックできるような人でなければ、銀行員の仕事は務まらないのです。

経営や経営に深い関心がある人

銀行員の代表的な仕事のひとつに、企業や個人への融資をする「貸付業務」があります。融資というのは銀行のお金を貸すことですが、当然返してもらえる見込みがなければ、貸すことはできません。

この判断を行うためには、銀行員自らが企業や個人を直接訪問して、経営状態をチェックしたり社会の経済状況を鑑みたりして、将来性を判断しなければいけません。

責任の重い仕事ではありますが、経済や経営に深い関心がある人にとっては、知識を活かすことができる大きなチャンスになるでしょう。

正義感が強い人

銀行員は、世間の人々の大切な資産を預かる立場にいます。万が一にも横領などの不正を働いてしまったら、その銀行自体が顧客からの信頼を失うことになります。

また、最近では個人情報の取り扱いも厳しくなっているので、顧客の情報の流出なども厳禁です。

銀行員になる人には、「お客様の大切な資産や情報を管理している」ということを自覚したうえで、強い正義感をもつことが求められます。

仕事体験談