食品メーカーの現状と将来性

食品メーカーの現状

「食」は私たちの生活に欠かせないものであり、食品業界も比較的安定している産業として考えられていました。

しかしながら、加速する日本の少子高齢化にともなって、この先、食品業界の国内市場規模は年々縮小していくことが予想されています。

また、消費者ニーズの多様化や企業間の価格競争の激化などが進み、かつてに比べると事業を成功させることは難しくなっているという声も聞かれます。

さらに、急速に円安状態が進んだことによって、輸入原材料の占める割合が大きな商品については、食品メーカー各社が値上げに踏み切るといった動きもありました。

こうした世の中の変化に、食品業界も少なからず影響を受けています。

もうひとつ、近年、食品業界にとって大きな重要テーマのひとつとなっているのが「食の安全・安心」です。

どれだけ魅力的な商品であっても、安全性に不安が残るものについては、消費者は手にとりたいと思わないものです。

もし、食品メーカーで食品偽装事件や異物混入事件が起こってしまえば、その企業は消費者からの信頼を一気に失い、企業存続が難しくなってしまうことすらも考えられます。

食品メーカーは、それだけ重い責任を抱えて事業を営んでいます。

食品メーカーの需要

食品メーカーは日本全国に多数あり、人々の暮らしに不可欠なものを製造することから、安定した需要があります。

製造など一部の部門では積極的なIT化が進められていますが、高いレベルの安全性と安定供給が求められる食品メーカーでは、まだまだ人が直接仕事を担わなくてはならない部分が多くあります。

求人も新卒・中途問わず多く出ており、食品メーカーで働けるチャンスは十分にあります。

食品メーカーの将来性

この先、ますます国内での市場が縮小していく見通しが立っているなか、大手食品メーカーはすでに海外展開を進め、東南アジアや欧米などにおける事業展開を行っています。

すでに海外での売上が50%を超えているメーカーもあり、今後も食品業界全体として、グローバル化はさらに進んでいくものと考えられます。

また、他業界の企業と同様、環境保全や個人情報保護といったテーマも食品業界にとって見逃せないものとなっており、以前にも増して企業の社会的責任が問われる時代がやってきているといえるでしょう。

「食」は人々の生活に不可欠なものであり、健康にも少なからず影響を与えるものであるからこそ、食品メーカー各社は何よりも消費者に対して誠実に向き合い、堅実な経営をしていくことが求められます。

食品メーカー社員の今後の活躍の場

今後の食品メーカー社員には、グローバルで活躍できる力がますます求められます。

海外進出は多くの食品メーカーにとって優先的に取り組むべき課題であるため、積極性や行動力をもち、意欲的に海外で市場を開拓していける人材の需要が高まるでしょう。

また人々の健康志向の高まりやライフスタイルの変化、また少子高齢化が進むなかで、新しいタイプの食品の開発も進んでいます。

たとえば「機能性表示食品」制度を導入した新製品の開発に積極的に取り組んだり、共働き世帯や高齢者向けに調理が簡単な冷凍食品の開発などを進めたりと、最新の技術を駆使しながら、時代のニーズにマッチした開発を進める機会が増えています。

これからの食品メーカー社員にも、常に世の中の動きを敏感に察知しながら、人々の暮らしに寄り添う食品を開発していくことが求められていくでしょう。

食品メーカー社員の「成長・将来性」の口コミ投稿

  • 成長・将来性
    4.50
    成長・将来性
    4.50

    食品メーカーの品質管理 ぱっくんさん

    26歳 男性 経験3年 北海道

    退職済み(正社員)


    お客様から求められる品質は年々厳しくなっている上、求められるレベルも高くなっていくと考えます。

    品質管理は製品の品質を守るための部署であり、今後も重要な役割であり、将来性のある部署だと感じます。

    トラブルが起こった際に一番に活躍する部署であり、臨機応変な対応も身についていきます。

    食品業界自体が簡単に衰退するとも考えにくいです。