食品メーカー社員に必要な資格やスキルはある?

食品メーカーで働くのにおすすめの資格は?

食品メーカーで働くにあたって、多くの場合、必要とされる資格はありません。

新卒採用であれば、学生時代の取り組みや食品業界で働きたいという意志、将来性などが重視され、資格はまったく重視されないケースが多々あります。

中途採用についても、資格よりも職務経験や実績、具体的なスキルなどが重視されることが多く、資格のあるなしは関係なく活躍している人は多いです。

食品メーカーにおいて業務上必要なスキルは、基本的には入社後の研修や実務を通じて身につけることができます。

ただし、ひとくちに食品メーカーといっても、組織はさまざまな部門から成り立っており、多様な職種の人が働いています。

携わる業務によっては、特定の資格やスキルを持っていると就職するうえで有利に働いたり、業務で生かせたりする場合があります。

ここでは、そのような資格・スキルに関して紹介します。

食品メーカーの開発職に有利な資格・スキル

管理栄養士

食品や栄養に関する幅広い専門知識を有していることを証明できる国家資格です。

取得のためには大学等で栄養学を専門的に学び、管理栄養士国家試験への合格が必要です。

とくに商品企画・開発の仕事をする際に役立たせることができるでしょう。

管理栄養士の仕事

調理師

商品開発担当者は、新製品を生み出すにあたって、自ら試作をして味わうことを日常的に行います。

一流シェフのように調理が抜群に上手である必要はありませんが、調理師の資格を取得して調理のスキルを備えていると、より仕事をスムーズに進められるでしょう。

実際、飲食店などで調理師として働いていた人が、食品メーカーに転職するケースもあるといわれています。

調理師の仕事

食品メーカーの生産管理職に有利な資格・スキル

食品製造の現場を管理する役割を担う場合、「食品衛生管理者」の資格が役立ってきます。

これは食品の製造・加工・調理・販売が衛生的に行われるように指導するための知識やスキルを備えていることを示す資格です。

食品を製造する工場では、この資格を持った人を置くことが義務付けられており、有資格者は製造責任者としての役割を任されることがあります。

食品メーカーのその他の職種に有利な資格・スキル

上記以外にも、総務経理など管理部門で働く業務であれば、文書作成などパソコンに関するスキルや、簿記のスキルが生かせます。

また、最近では海外展開に力を入れる食品メーカーが増えているため、海外とのやりとりが多い部門で働くのであれば、英語を中心とした語学力も強みとなるでしょう。

営業職など外回りの仕事が多い職種は、社用車で営業活動をする場合、普通自動車運転免許が求められます。