食品メーカーへの転職・未経験から転職するためのポイントを解説

私たちの暮らしに欠かせない「食」を扱う仕事として、食品メーカーは人気の高い業界です。

食を通じて世の中をより豊かに、彩りのあるものにしたいと考えている人は多いことでしょう。

では、食品メーカーへ転職するにはどのようなことを意識すればいいのでしょうか。

とくに未経験者が中途採用で入社を目指す場合、高い競争率をくぐり抜けて採用を勝ち取る必要があります。

そこで、食品メーカーへの転職を成功させるために必要なポイントを確認しておきましょう。

食品メーカーの仕事内容は?

営業・販売に関する仕事

製造した商品を消費者のもとに届けるには、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、あるいは飲食店などに商品を扱ってもらう必要があります。

営業や販売部門は、自社製品を陳列してもらえるよう働きかけ、店舗の売場演出やメニューに関する提案を行います

どれだけ優れた製品であっても、消費者に認知されなければ売れることはありません。

営業・販売部門は商品を消費者へ届ける上で重要な役割を担っているといえます。

研究開発・生産に関する仕事

食品メーカーでは多くの新商品が開発され、市場に供給されています。

新商品の開発には基礎研究をはじめ、バイオやゲノムといった最先端分野の研究活動が欠かせません。

研究開発職はいわば食品メーカーの根幹を支える仕事であり、理系出身の技術者が専門知識を生かして活躍しています。

研究開発の成果として考案された新商品のコンセプトを、実際に商品として形にしていくには原料や資材の選定や調合・生産方法を検討する必要があります。

安全面に十分配慮された製品を安定的に生産する仕事は、食品メーカーとしての信頼性に関わる非常に重要な役割といえます。

管理部門での仕事

食品メーカーは大勢の従業員の力で成り立っているため、経理や人事、法務経営企画といった組織を管理する部門が必要です。

いわゆるバックオフィスと呼ばれる管理部門の仕事は、食品メーカーに限らず多くの業界でみられる職種です。

このほか、広報やお客様相談センターといった部門では、消費者からの問い合わせやマスコミ対応を行い、食品メーカーとしての「顔」の役割を果たしています。

近年では食の安全に対する世の中の目がシビアになっていますので、食品メーカーとしての信頼性を保つ上で重要な仕事といえます。

食品メーカー社員の仕事内容・企業の種類

食品メーカーへの転職状況は?

食品メーカーは、新卒・中途採用ともに人気が高い業種です。

「食品」という人々の生活に不可欠かつ身近なものを扱うことに魅力を感じ、食品メーカーで働きたいと考える人は大勢います。

職種によっては他業界での経験が生かせるため、中途入社をした人の経歴はさまざまです。

そういった意味では、どのような人にでもチャンスはあります。

ただし、中途採用は人員が不足した場合に不定期で実施されることが一般的であり、自分が希望しているタイミングで求人が出ないこともしばしばあります。

また食品メーカーの数は多く、中途採用の求人数もそれなりにあるものの、誰もが知るような有名企業は倍率が非常に高くなるため、十分な対策が必要です。

食品メーカーに転職するためのポイント

営業・販売部門は前職での実績が重要

営業・販売では、主に法人営業の経験が問われます

食品メーカーが製品を提案する先は消費者ではなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアのチェーン、あるいは飲食店といった法人が中心だからです。

前職で法人営業を担当し、一定の成果を挙げてきたのであれば、実績をアピールすることで採用への道が開けることがあります。

顧客と信頼関係を築き、成約につなげてきた経験を伝えられるように準備を整えておきましょう。

ただし、食品という商材の性質上、食への興味関心や食の安全への配慮は必須です。

人の口に入るものを扱うという自覚や責任感は必ず問われると考えておくべきでしょう。

研究開発部門は専門性が問われる

研究開発部門では、商品開発に携わるための高度な専門知識が求められます。

化学農学薬学・食品工学といった分野を大学・大学院で専攻していたことは必須となるでしょう。

一般的には修士以上の学位を有していることが採用の条件となっています。

研究してきた内容をどのように製品の研究開発のために生かせるのか、具体的に伝えられるように準備しておく必要があります。

別の見方をすると、学生時代の専攻が研究開発に寄与するものであれば、とくに若手のうちは実務未経験者であっても採用されるチャンスはあるでしょう。

生産部門は実務経験が求められる

生産部門は主に食品工場での製造に携わる仕事です。

食品関連の生産部門で就業してきた経験があれば優遇されますが、他業種であっても生産に関わる仕事をしてきたのであれば、食品メーカーでもスキルや知識を生かせるでしょう。

製造実務だけでなく工程管理やマネジメントの経験があると、選考時にアピールポイントとなるはずです。

生産部門は覚えることが多く職務内容としては決して楽なものではありませんが、一定の年齢に達するまでは未経験者も採用されやすい傾向があります。

管理部門は実務経験や保有資格が重視される

経理や総務といった管理部門の場合、求められる知識・スキルは基本的に他業種と大きなちがいはありません。

転職希望者から人気の高い職種ですので、前職までの実務経験が十分にあり、即戦力として活躍できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。

実務で活かせる資格を保有していれば、選考で有利に働く可能性もあります。

また、広報や消費者窓口での就業経験があれば、食品メーカーでも重宝されるはずです。

前職で扱っていた商材が食品でない場合も、自社の信頼を築くために貢献してきた経験をアピールできるようにしておきましょう。

食品メーカーへの転職に興味があったら、転職エージェントに相談してみよう

転職エージェント活用のメリット

とくに異業種から食品メーカーへ転職したいと考えている人は、リクルートエージェントやマイナビジョブ20'sなどの転職エージェントに相談しておくことを強くおすすめします。

転職エージェントでは求人を紹介してもらえるだけでなく、キャリアプランや業界の最新動向について幅広く相談に乗ってもらうことができます

そもそも食品メーカーへの転職に向いているのかどうか、転職するタイミングとして適切かどうかも含め、有益なアドバイスをしてもらえる可能性が高いでしょう。

転職エージェントは各社が独自に非公開求人を扱っていますので、自分で求人を探しても見つけることのできない希少な求人を紹介してもらえる可能性があります

また、転職エージェントから随時アドバイスをもらうことができるので、書類選考の通過率も高まります。

すでに食品関連の業界で働いてきた人も、希少なポジションの求人を紹介してもらえるケースがありますので、転職エージェントの活用は有効です。

転職エージェントの使い方まとめ

転職エージェントは複数登録してみる

転職エージェントごとに紹介可能な非公開求人は異なるため、複数の転職エージェントに登録しておき、並行して活用していくことでより高い効果が得られます。

ある転職エージェントで紹介されなかった案件が、別の転職エージェント経由ですぐに紹介されることは十分にあり得ます。

また、転職エージェントに登録すると転職アドバイザーが担当につきますが、アドバイザーとの相性は転職活動を進める上で重要なカギを握っています。

希望条件をしっかりと受け止めて企業を紹介してくれるかどうかは、納得できる転職先を見つけるために欠かせない条件の1つだからです。

自分に合った転職アドバイザーを見極めるには複数の転職エージェントに登録しておき、それぞれのアドバイスを比較するのが効果的です。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトとは、企業が求人広告を掲載し、転職希望者が自分で求人を探して応募するためのサービスです。

これに対して転職エージェントは登録後に担当アドバイザーがつき、面談を実施した上で転職希望者に合った企業を紹介する仕組みとなっています。

転職サイトでは求職者が自発的に求人を探すことができる一方で、転職エージェントではアドバイザーからの紹介経由でのみ応募可能な非公開求人を紹介してもらうことができます。

このように、転職エージェントと転職サイトにはそれぞれ特有のメリットがあります。

現在、転職を少しでも考えているのであれば、転職エージェント2つ以上、転職サイト1つ以上に登録しておき、幅広く情報収集をしておきましょう。

まずは情報を得た上で、自分に合った転職サービスを絞り込んでいく活用方法がおすすめです。

転職エージェントと転職サイトの違いとは? 転職に有利なのはどっち?

食品メーカーへの転職でおすすめの転職エージェント

転職エージェントには大きく分けて総合型と特化型の2種類のサービスがあります

総合型サービスは幅広い業界・職種を扱っており、代表的なサービスとして「リクルートエージェント」が挙げられます。

特化型サービスには、若手の人材を専門とする「マイナビ20’s」、ハイキャリア志向の人材を専門とする「ビズリーチ」や「JACリクルートメント」があります。

転職エージェントを複数利用する際には、総合型と特化型の両サービスにバランスよく登録しておくことが大切です。

また、転職サイトには代表的なサービスとして「リクナビネクスト」が挙げられるほか、転職エージェントとしても活用できる「doda」のようなサービスもあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

特徴転職支援実績No.1の転職エージェント
対応エリア:全国
公式サイトリクルートエージェント

リクルートエージェントは取り扱い求人数の豊富さと、対応可能な業界・職種の幅広さにおいてトップクラスの転職エージェントです。

非公開求人数は約10万件。

圧倒的なブランド力と知名度をもつリクルートエージェントは、非公開で人材を募集する企業各社から厚い信頼を寄せられています。

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザー

リクルートエージェントに登録すると受講できる「面接力向上セミナー」は評判が高く、面接の通過率がUPしたという実績があります。

ハイレベルな求人から未経験・地方の求人までカバーしているリクルートエージェントは、万人向けの転職エージェントといえます。

食品メーカーの各部門への転職に関してももちろん対応可能ですので、実績が豊富な転職エージェントに相談したい人はリクルートエージェントの活用を検討しましょう。

関連記事リクルートエージェントの特徴まとめ|どんな人が使うべき?

マイナビ20's

マイナビジョブ20's

特徴20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェント
対応エリア:一都三県・関西・東海
公式サイトマイナビジョブ20s

マイナビジョブ20’s(トゥウェンティーズ)は、マイナビが運営する20代・第二新卒に特化した転職エージェントです。

業界経験者や実績豊富なビジネスパーソンをターゲットとする転職エージェントが多い中、マイナビジョブ20’sは社会経験の年数が短い若手の転職サポートに力を入れています。

利用者数は延べ17万人。20代向けの転職エージェントとしては圧倒的な実績があります。

本格的な適性検査を無料で受けることができ、「自己分析をしっかり行える」「応募書類や面接で使える」と評判が高いです。

応募書類の書き方や自己PRのポイントについてもアドバイスをしてもらえますので、転職が初めての人でも安心して相談できるはずです。

今後のキャリアをしっかり考えたいという20代や、未経験の業界にもチャレンジしてみたいという第二新卒の人におすすめの転職エージェントです。

20代の人や転職が初めての人、未経験から食品メーカーへの転職を目指している人は、マイナビ20’sへの登録を選択肢に加えておきましょう。

関連記事マイナビジョブ20’sの特徴は?どんな人におすすめ?【第二新卒にぴったり】

doda

doda

特徴転職エージェントと転職サイトのハイブリッドサービス
対応エリア:全国
公式サイトdoda

dodaは求人検索サービスと転職エージェントの両方の機能を備えている転職サービスです。

一般的な転職エージェントのようにキャリアアドバイザー経由で企業を紹介してもらえるだけでなく、転職希望者が自分で求人を探し、希望条件に合う企業に応募することもできます。

キャリアアドバイザーの質が安定しており、当たり外れが少ない点も多くの転職経験者から支持されています。

キャリアアドバイザーによる企業紹介が積極的である上に、企業からのスカウトメールが届き、さらに自分で求人を探すこともできるのが大きな特徴です。

転職先を積極的に探したい人や、早期に転職先を見つけたいと考えている人は、dodaの活用をおすすめします。

「転職企業ランキング」「年収査定」などすぐには転職をしない人も読んでいて面白いコンテンツが多いという特徴があります。

検索条件をかなり詳しく絞り込める点も使いやすいポイントです。地方の求人数も多く、万人向けの転職サイトといえます。

食品メーカーのように人気の高い業種は、転職エージェントを経由せず一般公募で人材を募集する可能性があるため、dodaのようなハイブリッド型サービスも積極的に活用しましょう。

関連記事dodaの特徴・使い方まとめ【転職イベントも!情報収集に便利なサイト】

ビズリーチ

ビズリーチ

特徴スペシャリストや管理職向けのハイクラスサイト
対応エリア:全国
公式サイトビズリーチ

ビズリーチは高い専門性を持つスペシャリスト人材や、管理職経験者といったハイクラス人材の転職サポートを専門とする転職サービスです。

一般的な転職エージェントとは異なり、企業またはヘッドハンターが登録者をスカウトするダイレクトリクルーティング方式を採用しています。

登録しておいてヘッドハンターや企業の採用担当者からスカウトを待つという転職サイトとも転職エージェントとも異なる転職サービスですが、登録には審査があり、年収750万円以上の方ですとスカウトが多いようです。

現状よりも好待遇での転職を希望する人や、年収アップを目指している人にとって、条件のよいスカウトを受けられる可能性のあるサービスといえます。

ビズリーチは有料プランもありますが、いったんは無料で登録しておいて、審査に通過できるか、スカウトが届くかを確認するのに使うのがおすすめです。

食品メーカーの場合、とくに研究開発部門のように高い専門性を持つ人材を求める企業からのスカウトが届きやすい傾向があります。

関連記事ビズリーチの特徴は? 登録に審査があるハイクラス向け!

JACリクルートメント

JACリクルートメント

特徴転職エージェントと転職サイトのハイブリッドサービス
対応エリア:全国・海外
公式サイトJAC Recruitment

JACリクルートメントはロンドン発祥の転職エージェントで、アジア・ヨーロッパを中心に世界11ヶ国に24拠点を構えています。

外資系企業や海外勤務といったハイキャリア志向の人材に帯する転職サポートに強く、高年収帯の求人を豊富に扱っているのが特徴です。

職歴・経歴が重視されますが、取り扱う求人は優良企業・大手企業・外資系企業など、はずれがなくキャリアアップしたい人にぴったりです。

社会経験の豊富な30代以上の転職サポートを得意としていることから、前職までの実績・経験を活かしてステップアップしたい人におすすめのサービスの1つといえるでしょう。

バイリンガルや外国人担当者による英語や中国語でのレジュメ添削や面接指導など、他社にはないサポートも魅力です。

コンサルタントは業界別の専任チーム体制となっており、食品メーカーへの転職を志望する人に対しては食品業界やメーカーを専門とするコンサルタントに担当してもらうことができます。

関連記事JACリクルートメントの特徴は? どんな人が登録すべき?

リクナビネクスト

リクナビネクスト

特徴日本最大級の定番転職サイト
対応エリア:全国
公式サイトリクナビネクスト

リクナビネクストは幅広い業界・職種の求人を扱う日本最大級の転職サイトです。

リクナビネクストだけの限定求人が約85%あり、地方の求人も網羅されています。

実際に転職した人の約8割が使っているサイトなので、転職エージェントと併用して登録しておくのがおすすめです。

企業からスカウトメールが届く機能も備えていますので、希望条件を加えておくことで企業側からスカウトされる可能性もあるでしょう。

職務経歴書を作成できたり、本格的な診断が無料で受けられる「グッドポイント診断」などのコンテンツも充実しています。

また、登録時に「転職支援サービスに登録する」を選択することで、リクルートエージェントのサービスも同時に利用することができます。

転職活動初期の方や少しでも転職を考えている方であれば、リクナビネクストには登録しておいて損はないはずです。

企業からスカウトメールが届く機能も備えていますので、食品メーカーを希望条件に加えておくことで企業側からスカウトされる可能性もあるでしょう。

関連記事リクナビネクストはおすすめ? 特徴や使い方まとめ

食品メーカーへの転職の志望動機で多いものは?

食品メーカーへの転職を目指す人の志望動機として、キーワードのひとつとなるのが「グローバル」です

最近は大手食品メーカーを中心に海外事業に力を入れる企業が増えていることから、グローバルな視野をもってダイナミックなビジネスに携わりたいと考え、食品メーカーを志望する人が多いです。

実際、大手企業でも海外事業に関われる積極性のある人材が求められています。

もうひとつ、「健康」というキーワードに興味をもつ人も少なくありません

少子高齢化社会が進むなかで人々の健康意識は高まっており、より安全で安心な食を提供し、人々の生活を支援したいと考えて、食品メーカーを志望する人がいます。

「機能性食品」や「介護食」などを扱う食品メーカーが増えているため、社会貢献性の高い仕事ができるというイメージも、食品業界の人気を後押ししているものと考えられます。

食品メーカー社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験から食品メーカーで働くには

未経験からの食品メーカーへの転職難易度は、職種によって大きく異なります。

最も転職しやすいのは営業職です。

営業職は特別な資格が求められない場合が多いため、未経験からでも挑戦しやすい職種といえます。

もし他業界での営業経験があれば、基本的なコミュニケーション能力やビジネスマナーなどが身についていると考えられ、歓迎されることが多いです。

積極性や強い意欲が認められれば、営業経験がなくても採用されるチャンスはあります。

次に、企画職に関しては業界問わず、同じ企画・マーケティング関連の仕事をしていた人が求められるケースが多くみられます。

企画職は華やかなイメージも抱かれがちなため、志望者が多く、大手食品メーカーの転職ハードルはやや高めです。

最後に、最も未経験からの転職難易度が高いのが、研究や開発関連の仕事です。

大学や大学院で理系分野を専攻していた人を対象とし、たいていは関連領域での職務経験がある人が求められます。

第二新卒や20代であれば、未経験でも転職できることはありますが、それでも理系の基礎的な知識は求められる場合が多いです。

食品メーカーへの転職に必要な資格・有利な資格

食品メーカーへの転職において、特定の職務経験が求められることはあっても、資格が必須になることはあまり多くありません。

しかし、一部の開発系職種では以下のような資格があると優遇されることがあります

管理栄養士

商品開発に携わるにあたって役立つ資格です。

食品に関する専門的な知識を生かし、味わいのバランスを調整したり、栄養計算をしたりします。

調理師

調理の基本的な知識・技術を有していることを証明する資格で、食品の試作品を作るときに役立ちます。

食品衛生管理者

食品の製造工場で必要とされる資格です。

食品の製造・加工・調理・販売が衛生的に行われるように指導する役割を担います。

食品メーカー社員に必要な資格やスキルはある?

食品メーカーへの転職に役立つ職務経験は?

食品メーカーは、新卒採用に加えて中途採用を実施している企業が多くあります。

ただし、職種によって求人数には差があり、とくに需要が大きいのは「技術系職種(研究・開発等)」と「営業職」といわれます。

技術系職種の場合には、新卒採用の場合でも理系大学や大学院で学んだ人が望まれますが、転職の場合はさらに高度な専門性が問われます。

バイオ系、生物系、化学系、農学系を専門とし、前職でもそれらの知識を生かした研究・開発や生産業務に従事していた人が募集されることが多いです。

営業職については、技術系職種に必要とされるプロフェッショナル的な要素というよりも、高度なコミュニケーション能力や精神的なタフさ、誠実さ、フットワークの軽さなどが求められることが多いです。

業界は違っても、営業職としての経験と実績がある人は採用されやすいでしょう。

企画・マーケティング関連の職種も、前職でマーケティングを実践していた経験をもつ人が歓迎される傾向にあります。

食品メーカーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

食品メーカーへの転職可能な年齢の目安は、保有スキルや経験、職種によっても異なります。

どの職種でも、その仕事に関連する経験豊富で、高度な専門性をもつ人であれば、即戦力としての役割が期待され、多少年齢が高めでも転職できることがあります。

一般的には40代以上での転職は難しくなるといわれますが、実績を十分に示せれば、好待遇で採用されることもあります。

しかし他業界からの転職や、未経験に近い状態での転職となると、やはり年齢は若いほうが有利です。

「第二新卒」といわれる20代半ば~後半にかけての年齢であれば、新卒と同じく将来性に期待して採用されることも多い一方、30代を超えると多少ハードルが上がります。

年齢が上がるほど「自分のスキル・知識を職場でどう生かせるのか」が強く問われるようになります。

食品メーカーの将来性は? 転職するメリットはある?

食品メーカーは人が生きていく上で不可欠な食べ物を扱う業界のため、今後も需要がなくなることはありません。

ただし、近年はとくに消費者のニーズが多様化しているほか、企業間の価格競争の激化や円安による輸入原料価格の高騰といった課題が生じています。

そのため、食品メーカーの多くが海外進出に注力しており、メーカーによっては海外での売上が50%超となっている企業もみられます。

「発売すれば売れていく」時代ではなくなっていることから、今後は時代のニーズに合った商品の開発をいっそう進めていく必要があるでしょう。

一方、とくに大手食品メーカーは待遇面で恵まれており、好条件で転職できる可能性も秘めている業界といえます。

食品メーカーで取り組みたいことや発揮できる能力が明確になっているのであれば、転職するメリットは十分にある業界と考えていいでしょう。

食品メーカーの現状と将来性

「食品メーカーへ転職するには」のまとめ

食品メーカーは世の中になくてはならない業種の1つであり、多くの転職希望者が転職先として検討している業界です。

部門や職種によっては未経験からチャレンジすることも可能ですので、転職先として検討してみる価値は十分にあるでしょう。

ただし、大手食品メーカーになると求人に応募者が殺到することが予想され、異業種から転職したい人にとっては高いハードルとなるのはほぼ確実と考えられます。

これまでの経験を活かして食品メーカーに転職したいと考えている人は、ぜひ万全の準備を整えた上で転職活動に臨んでください。

その際には、転職活動を強力にバックアップしてくれる転職エージェントを活用することで、転職成功の確率を高めておくことをおすすめします。

転職エージェントまとめ

転職活動では3社ほど登録して、求人企業の情報収集や転職アドバイザーの比較をすることがおすすめです。

いますぐ転職する気がないとしても、専門のアドバイザーと話をし、自分の現状の価値を知ることで、キャリアの選択肢が増えます。

無理やり転職させられることはありませんし、合わないと思ったら中断や退会することも可能です。

すべて完全無料で活用できますので、少しでも興味があったら、まずは登録して話を聞いてみましょう。

・実績が豊富な転職エージェントなら
リクルートエージェント

・20代で初めての転職なら
マイナビジョブ20s

・すぐに転職したいなら
DODA

・年収750万円以上を目指すなら
ビズリーチ

・前職の実績・経験を生かすなら
JAC Recruitment

・自分で求人を探すなら
リクナビネクスト