ジュエリーメーカーの就職、求人、採用の状況

大手企業では積極的な採用が行われている

国内にジュエリーメーカーはいくつもありますが、企業の規模は自社で販売店を複数持つような大手企業から、小さなところまでまちまちです。

大手では新卒採用を行っているところが多く、募集人数も数十人単位と、比較的たくさんの人数を採用しているようです。

ただし、会社の状況によって募集内容は変わってきますし、場合によっては新卒採用がない年もあります。

なお、新卒採用ではジュエリーに関する特別な知識や技術を持っていなくても応募できる場合が多く、入社後の研修や実務経験を通じて仕事を覚えていくことになります。

募集職種はさまざま

ジュエリーメーカーでは、デザインや設計などの「製作職」、店舗でお客さまに接客を行う「販売職」を中心に、さまざまな職種の人が活躍しています。

ジュエリーメーカーによって募集職種は異なりますが、おもに本社で働く総務、人事、経理、広報などの管理系の仕事や、営業、商品開発、バイヤーといったビジネスの幅広いスキルが求められる仕事は「総合職」として採用し、入社後に本人の適性や希望を踏まえて配属部署が決まることも多いようです。

一方、デザインなどの専門的な知識や技術が求められてくる仕事については、職種別採用が行われることが一般的です。

ジュエリーデザイナーの仕事

特定の学校にのみ求人が届くことも

ジュエリー製作に関連する専門学校には、ジュエリーメーカーから直接、求人情報が届くことがあります。

そのうち一部の求人は、企業と太いパイプがある特定の専門学校にのみ出されるものとなっており、それを一般の人が見つけて応募することはできません。

専門学校では、基本的に就職を意識したカリキュラムやサポート体制が組まれているため、各専門学校の先輩の就職先実績をチェックしてみるとよいでしょう。

ただし、企業や職種によっては、応募資格の学歴が「大卒以上」といった形で限定されることもあるため、注意が必要です。