ジュエリーメーカー社員の給料・年収

平均年収

ジュエリーメーカー社員の給料は、勤務先の企業によっても異なりますが、平均年収は大手企業で400万円~500万円程度、中小企業になると300万円~400万円程度のところが多いようです。

ジュエリー業界はピーク時に比べると市場の縮小傾向が続いていること、また景気の影響も受けやすいといった事情があり、平均年収は他業界と比べてやや低めとなっているようです。

しかし、もちろん個人によっても差が出てきます。

経験を積み、社内で昇進していけば給料は少しずつアップしますし、各種手当が充実している企業では、基本給以外の部分で比較的よい収入を得ている人もいるようです。

それでも、一般の社員が飛びぬけて高額な収入を得るのは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

初任給は学歴で差が出る場合も

ジュエリーメーカーによっては、大卒、専門卒、短大卒など、さまざまな学歴の人を採用しています。

基本給については、初任給としては学歴によって差がつけられていることが多く、学歴が高ければ高いほど、基本給も高くなります。

ただし、その後については社内での評価や役職によって、学歴が高くない人でも大きく給料がアップすることもあります。

また、職種によっても基本給の設定が異なる場合もあります。

この辺りの事情については会社ごとに違うため、各社の求人情報をよく確認してください。

専門職は独立する人も

ジュエリーメーカーに勤務する人のうち、デザイナーといった専門職の場合、経験を積んでスキルを身につけると独立してフリーランスになったり、自ら会社を立ち上げたりすることがあります。

専門職はとくに自らの技術力やセンスで勝負することになるため、腕のいい人は会社員として働いていた時代よりも多くの収入を得ることもできるようになるでしょう。

しかし、会社勤めよりも不安定な生活になることがありますし、生き残っていくのが厳しい世界であるのは確かです。