ジュエリーメーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

憧れやイメージとのギャップ

ジュエリーメーカーで働きたいと考える人は、たいていその人自身もジュエリーが大好きであったり、キラキラとした華やかなジュエリーのイメージに憧れを持っているようです。

しかし、いざ仕事を始めてみるとわかることですが、実際の仕事はただ楽しいばかりではありません。

やりたくない仕事を任されることもありますし、大変なことや、疲れてしまうようなこともたくさん出てくるでしょう。

「何となく楽しそう」くらいの気持ちでジュエリーメーカーに就職する人のなかには、入社後、頭で考えていた姿と現実とのギャップに苦しんでしまうことがあるようです。

扱う商品が高額であるからこそのプレッシャー

ジュエリーは、気軽に身につけられるものもあれば、非常に高額なものまでさまざまあります。

いずれにしても、ジュエリーは食品や日常品とは異なり、毎日のように買うような類のものではありません。

「特別」なものであるからこそ、ジュエリーメーカー社員たちは、お客さまに対してもそうしたワクワクやドキドキを提供しなくてはなりません。

とくに、ほんの小さなジュエリーでも数十万円、場合によってはそれ以上の金額がするものを扱う場合には、決して壊してしまったり、なくしてしまったりしないよう慎重な取扱いが求められます。

業界全体が厳しい状況にある

ジュエリー業界は、ピーク時に比べれば、市場規模がだいぶ縮小しているといわれます。

景気の影響を受けやすく、高価なジュエリーを購入する人も限られてきていることから、ジュエリー業界そのものが安泰といえる状態ではないのが実情です。

そのようななかで、ジュエリーメーカー各社は他社との差別化を行い、生き残りをかけて必死に経営を行っています。

そして、そこでは一人ひとりの社員の高い意識が求められてきます。

場合によってはハードなノルマや売上目標に追われることもあるかもしれません。