ジュエリーメーカー社員になるには

どの職種を目指すか考える

ジュエリーメーカー社員になるには、学校を卒業後、ジュエリーメーカーへ就職する必要があります。

ジュエリーメーカーでは、デザインや設計、営業、製造、管理など多様な職種に就く人が働いており、職種によって求められる基礎的なスキルや知識、あるいは応募資格となる学歴が異なることがあります。

もちろん、職種によって仕事内容も異なるため、まずはどのような職種を目指していきたいのかを考えていくとよいでしょう。

総合職に就きたい場合

営業、企画、マーケティング営業事務総務、人事、経理などの職種は「総合職」として募集されることが多いようです。

総合職として一括採用された後、入社後に本人の適性や希望、会社の状況などを踏まえて配属先が決まる流れが一般的です。

この職種では、とくに大手ジュエリーメーカーを中心に、4年制大学以上の学歴が求められてくるでしょう。

本社や営業所などに勤務し、オフィスワークを中心にすることになります。

なお、大学の学部・学科や専攻についてはあまり問われないようです。

専門職や技術職に就きたい場合

デザイナーや設計などの専門職、あるいは製造や技術開発などの技術職などの職種は、職種別採用が行われることが多いようです。

ジュエリー関連の知識や経験がまったくない人でも応募できることもありますが、ジュエリーの専門学校の卒業生や、大学(美術大学、工芸大学など)でデザイン・設計の勉強をしてきた人が中心に採用されます。

とくにジュエリー製作の専門学校には、企業から直接求人が届くことが多く、そのなかには外部には公開しない求人もあるようです。

製造現場での勤務が中心となり、より技術が重視される仕事となります。

ジュエリーデザイナーの仕事

その他

「一般職」として事務などの職種を募集する企業もあり、この場合、高卒の人でも応募できることがあるようです。

また、大手ジュエリーメーカーでは製造や卸だけでなく、自社で販売も行っていることがあります。

「販売職」は学歴問わず、また学校での専攻も関係なく応募できることが多いようです。