女性のジュエリーメーカー社員

女性社員は多数

ジュエリーは、とくに女性に親しまれるアイテムであることから、ジュエリーメーカーへの就職を志望する女性はたくさんいるようです。

実際、ジュエリーメーカーでは、「自分が好きなものに毎日触れていたい」「美しいジュエリーでたくさんの人を幸せにしたい」など、前向きな気持ちを持って仕事に打ち込んでいる女性社員たちが大勢活躍しています。

しかし、他の仕事と同様、ジュエリーメーカーでの仕事もただ楽しいだけではありません。

日々、新しい知識を身につけるための勉強が必要であったり、ときにお客さまからクレームを受けたり、失敗して上司に怒られてしまったりすることもあるでしょう。

いくら好きなものを扱えるといっても、仕事としての責任感は必ず求められるという覚悟が必要です。

職種によって女性の比率が異なる

ジュエリーメーカーといっても、社内での仕事内容はさまざまです。

デザインや設計など製作に直接携わる人もいれば、営業として取引先を見つける人、店舗でお客さまに販売をする人、また社員たちが働く環境を整えたり、会社をPRする人もいます。

職種によって、男性が比較的多い場合もありますし、女性中心のこともあります。

一般に、店舗に立つ販売職は女性であることが多いようです。

また、デザイナーも女性の活躍が目立ちます。

結婚・出産後も働ける?

ジュエリーメーカー社員として長く働き続けたいと考えていても、結婚や出産といった大きなライフイベントに直面すると、それまでと同じような形で仕事を続けることが難しくなってしまうこともあります。

こればかりは、会社によって社内制度や労働環境が異なるため、一概にはいえません。

とくに女性の活躍を推進している企業では、育児中の勤務負担を軽くする体制がとられていたり、休暇を積極的にとりやすい風土があったりするようです。

また、職種によっては短時間勤務や在宅でのリモートワークが認められることもあります。

なお、ジュエリーメーカーでの雇用形態は正社員以外に、派遣社員やパートといった形もあります。

結婚や出産後、働き方を変えて、それまで身につけたスキルを生かしながら仕事を続けることは可能です。