ジュエリーメーカー社員の現状と将来性

ジュエリー業界は縮小傾向に

ジュエリー業界は、バブル期にピークを迎え、その後はマーケットが少しずつ縮小しているといわれます。

そもそも、ジュエリーは日用品のような生活必需品ではなく、あくまでも人々の生活や心に喜びや感動、うるおいを与えるものとなっています。

現代は不況などの影響から経済的な余裕がない人も増えているといわれ、人々の将来に対する不安感が増しているために、ジュエリー業界はとくに厳しい状況に陥っているといえるでしょう。

高単価なジュエリーだけでなく、比較的気軽に手に取れる価格帯のジュエリーも、以前に比べると売上が落ちているといわれます。

オリジナリティあるサービスを打ち出す

ジュエリー産業は景気や流行の影響を受けやすいビジネスであるため、ジュエリーメーカー各社は生き残りをかけ、さまざまな戦略を考えて事業を展開しています。

たとえば、あえて品揃えを拡大し、そのメーカーのブランドでしか手に入らないようなジュエリーを提供したり、店舗では一人ひとりのお客さまに深く寄り添い、その方らしいジュエリーを提供するなど、コンサルティングに力を入れているような企業があります。

ただ同じような商品を大量に製作し、ショーケースの中に並べるだけでは、なかなか売ることが難しくなっているのは事実です。

お客さまのニーズを掘り起こしながら、以前にも増して魅力的な商品を提案していく工夫や姿勢が求められています。

グローバル展開で活路を見いだす

ジュエリーメーカーのなかには、グローバル展開に力を入れている企業もあります。

日本国内の市場は縮小を続けるものと考えられていますが、海外に目を向けてみると、アジアやヨーロッパなどジュエリー需要は高まっているところもあり、高品質な日本の真珠などが注目されているようです。

ジュエリー業界でも、今後はさらにグローバルへの対応が求められてくるかもしれません。