ジュエリーメーカー社員に必要な資格、スキル

資格がなくても働ける

ジュエリーメーカー社員として就職するにあたって、必須となる資格は基本的にありません。

まったく資格がなくても求人に応募することはできますし、無資格でありながら第一線でバリバリと働いている人も大勢います。

業務に必要な知識やスキルは、入社後に実務経験などを通じて身につけていくことができるでしょう。

職種によっては資格が役立つ場合も

ただし、ジュエリーメーカー社員のなかでも、特定の職種に関しては専門的なスキルが求められたり、資格が役立つことがあります。

たとえばデザイナーや製作の仕事に関わる資格としては、「貴金属装身具製作技能士」という国家検定が代表的なものとして挙げられます。

この資格を取得することによって、ジュエリー製作に必要とされる一定レベルの知識や技術を有していることが証明できます。

デザイナーは「職人」としての要素が強い職種であるだけに、こうした資格取得を目指しながら、自分の技術力を高めていく人も多いようです。

宝石鑑定士

宝石学の専門家としての知識があることを証明できるのが、「米国宝石学会(GIA)」の認定する「宝石学修了者(GG)」と「英国宝石協会(Gem-A)」の認定する「英国宝石学協会特別会員(FGA)」といった国際資格です。

民間資格ではありますが、国際的に通用する資格として業界ではよく知られており、ジュエリーや宝石の価値を判断し、格付けを行うことができる知識を有することを証明できます。

ジュエリーコーディネーター

「一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)」が主催する「ジュエリーコーディネーター検定」という資格もあります。

この資格は、とくに販売に携わる人向けのものとなっており、ジュエリーの歴史や市場、素材をはじめ、製造、商品、販売、コーディネートなど幅広い知識を身につけていることが証明できます。

お客さまに対して、豊富な商品知識や専門知識を基にした適切なアドバイスやコーディネートをするうえで役立つ資格となるでしょう。