ジュエリーメーカーへの転職

大手企業では転職者も多数

ジュエリーメーカーは国内にいくつもあり、その規模は大手企業から中小企業までさまざまです。

とくに従業員数の多い大手企業は人の出入りもそれなりにあり、新卒採用だけではなく、中途採用が活発に行われていることが多いようです。

何らかの理由で退職者が出るタイミングはもちろんですが、業績好調などの理由で業務拡大のため人員増強を考えている際にも、中途採用の募集がよく出されます。

転職希望者向けの求人は、一般の転職情報サイトや、各ジュエリーメーカーの採用ページで見つけることができるでしょう。

必要となるスキルや経験は?

ジュエリーメーカーへの中途採用では、この業界での勤務経験は必要とされないことも多いようです。

とくに営業や企画、資材調達、経営管理など総合職として募集されることが多い職種の場合は、社会人経験があれば、未経験者でも挑戦できることはよくあります。

ただし、企業によっては「大卒以上」などの学歴制限があったり、ある程度の実務経験が求められることもあるようです。

また、デザイナーなどの専門職や技術職については即戦力になれる人が求められがちで、経験やスキルが重視されやすい傾向にあります。

さらに販売職であれば、アパレルなど何らかの販売・接客経験がある人は歓迎されやすいです。

なお、未経験であると、その後のキャリア形成の点から、転職時の年齢は若いほうが採用されやすいといわれています。

正社員以外での転職も可能

ジュエリーメーカーの求人は、正社員以外に、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートといった雇用形態でも出されています。

正社員は原則としてフルタイム勤務となりますが、他の雇用形態では、より柔軟な働き方が実現できる場合があります。

ジュエリーメーカーで働きたいけれど、フルタイム勤務は難しいという人も、あきらめずに各社の求人内容を確認してみるとよいでしょう。