文房具メーカーの給料・年収

平均年収

文房具メーカーの平均年収は、業界全体として見ると500万円~600万円程度となっているようです。

他業界と比較して、特別に高いことも低いこともないといえるでしょう。しかし、企業によってだいぶ差があり、大手では平均年収が700万円を超えているところもありますが、なかには400万円台やそれ以下というところもあるようです。

とくに文房具メーカーは大小さまざまな会社がたくさんあり、株式公開をしていない会社も多いため、規模が小さなところになると、給与がだいぶ低く設定されている場合があります。

大手ではそれなりの安定性が見込めますが、歴史があることから年功序列の要素もやや強めとなっており、若い人がとびぬけて高年収を得るということはしづらい業界のようです。

この業界で年収をアップさせたいのであれば、大手へ正社員として就職するか、部長クラスの管理職を目指す必要があるでしょう。

初任給

大手文房具メーカーの新卒初任給は、18万~23万円程度となっています。

高等専門学校や専門学校卒業以上を対象とした採用を行っている企業が多く、その場合はたいてい最終学歴によって差がつけられています。四大卒、大学院卒となるにしたがって、基本給は高めの設定とされます。

企業によっては転勤の可能性がある総合職以外に、地域限定職での採用を行っているところもあります。その場合は総合職に比べるとやや低めの給与設定となっています。

諸手当、福利厚生

基本給以外には、状況に応じて、通勤手当、役職手当、営業手当、時間外手当、家族手当、住宅手当などの諸手当が支給されます。

大手文房具メーカーであれば、社会保険制度、企業年金、団体生命保険、社員持ち株制度、財形貯蓄、直営保養所といった各種福利厚生も整っています。

昇給・賞与

昇給は年に1回、賞与は夏と冬で年に2回というのが一般的です。

「文房具メーカーへ転職して、年収アップしたい」と考えている場合は、年収が高い求人を多く取り扱っている転職エージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントは年収700万円前後の文具メーカーの求人や、他業界の高待遇求人を保有していますので、まずは相談してみてください。