文房具メーカーの現状と将来性

市場は縮小傾向にある

家庭や学校、オフィスなど、ありとあらゆる場所で使われている文房具。私たちにとっては身近な存在ですが、文房具業界は今、緩やかな縮小傾向にあるといわれます。

もともと、日本は世界有数の文房具消費国といわれていましたが、IT技術の進歩によって文房具が使われる機会は以前よりも減っています。

たとえば、昔はノートとペンを使って記録していた資料も、いまやスマートフォンやタブレットを利用して記録する。「ペーパレス」という言葉が使われる通り、電子化の波は確実に押し寄せています。

文房具は多種多様なものがあり、今後それらがまったくなくなるということは考えにくいですが、現在、大手から中小まで数多くある文房具メーカーは、この先ある程度淘汰されていくのではないかという見方もなされています。

新しい文房具の可能性が広がる

IT技術が進歩するのは、この業界にとって決してネガティブな要素だけではありません。

たとえば、最近ではスマートフォンなどと連動したデジタル文具も続々と出始めており、今後はさらにこうした高付加価値商品が普及するものと考えられています。

市場そのものは縮小傾向にありますが、最先端の技術を使って新しい商品を生みだすチャンスはまだまだあり、そうした意味では成長の可能性を秘めているといえるでしょう。

また、個性的な文房具の人気が高まっており、一度何らかのきっかけで話題になると、爆発的なヒット商品として世の中に広まることもあります。

少子高齢化の影響もあり、国内需要が大きく伸びることが考えにくい今、海外に活路を求める文房具メーカーも増えています。

また、文房具に加えてオフィス家具事業を伸ばしていたリ、特定の分野に絞った開発を行う商品力の高さやブランド力で勝負したりするなど、各社はそれぞれ自社ならではの強みを見出して、生き残りをかけて動いています。

厳しい市場環境の中でも、独自の戦略で大きく伸びていく会社が出ることは十分に考えられます。