文房具メーカー社員として働くには(大学・学歴・学部)

新卒採用の場合

文房具メーカーでは、大手企業を中心に新卒採用が行われています。

新卒採用における採用人数は企業規模や事業計画などによっても変わってきますが、最大手で30名~40名程度、それなりの知名度のある企業で10名~20名くらいとなっているようです。

また、文房具メーカーでは大きく分けて「事務系(営業・企画・管理など)」と「技術系(研究・設計・開発など)」の仕事がありますが、大手では「総合職」という形で一括採用が行われ、本人の適性や能力などを踏まえて入社後に配属先が決定するというのが一般的な形です。

応募資格として学歴が問われますが、企業によって「大卒以上」を対象としている場合と、「高等専門学校卒・専門卒以上」を対象している場合があります。

いずれにしても、学校を出てすぐに文房具メーカーへ就職する場合には、さまざまな業務に携わる可能性があると考えておいたほうがよいでしょう。

なお、大手ではたいてい新卒採用を毎年必ず行っていますが、あまり大きくない規模の文房具メーカーでは新卒採用を行わないこともあります。

経験者は職種別採用が中心

一方、すでに社会人経験がある人や、学校を卒業してから時間が経っている人が文房具メーカー社員として働きたい場合には、中途採用の枠で採用試験に応募することになります。

中途採用は基本的に職種別採用が行われており、営業職であれば営業経験者、マーケティング職であればマーケティング経験者が求められます。

文房具メーカーは、一部の大規模な会社以外、中途採用はそこまで活発に行われているわけではなく、研究や生産、マーケティング関連の職種での募集が多いようです。

また、定期的に求人が出るとは限らず、事業を拡大するタイミングや退職などによって人員が不足した場合に募集がかけられることが多いです。

どの程度のスキルや経験が求められるかは企業によって異なります。

「文具メーカーへに就職したい!」という就活生は、累計6万人以上が利用し、高い成果を上げている新卒向けサービス「キャリアチケット」を活用しましょう。

自己PRや文具メーカーの志望動機の添削、面接対策をしてもらうことができます。

文具メーカーへの転職を考えている人は、求人が出たタイミングで紹介してもらうことができる大手転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。

文具メーカーの求人を多く取り扱うリクルートエージェントは、それぞれの企業がどのようなスキルのある人材を求めているかを教えてもらえたり、面接対策を受けることもできます。