文房具メーカーの志望動機・面接

志望動機の考え方

文房具メーカー社員の志望動機を考える際に大事にしたいのは、「文房具を生み出す仕事に携わりたいと思った理由」と「文房具メーカーがいくつもあるなかで、その会社で働きたいと考えた理由」の両方を明確にしておくことです。

文房具メーカーは、文房具店や雑貨店、コンビニなどに並ぶさまざまな文房具を企画し、製造し、世の中に届けています。社内で活躍する人の職種はさまざまですが、「文房具」というものに日々深く関わっていくことになります。

たとえば、それまでの人生で文房具を使って感動した経験があるなど、文房具と自分をつなぐストーリーを志望動機に入れ込めば、オリジナリティある文章になるでしょう。

また、ひとくちに文房具メーカーといっても、国内にはいくつもの会社が存在します。しかし、同じ業界でも事業展開や戦略は各社で異なり、その会社ならではの強みというものが必ず存在します。

企業研究をしてそこをしっかりと拾い上げ、その会社で働きたいと思った理由をきちんと志望動機に入れ込んでおくとよいでしょう。

面接のポイント

文房具メーカーの面接では、他の業界の企業と大きく違うような特別な質問がなされることはそうないようです。

志望動機や自己PRをはじめ、自分の長所・短所、学生時代に頑張ったこと、入社後の目標などがよく問われています。業界の状況についてはよく調べておくとよいでしょう。

面接をパスするには、やはり志望動機でどれだけ熱意を示せるかが重要なポイントになります。そこにしっかり思いを込めれば、人柄を伝えることも可能です。

文房具メーカーの場合、大手といわれる企業でも、新卒で採用するのは毎年数十名程度となっており、百名単位の大勢の人を一気に採用することはほとんどないため、倍率が非常に高くなることがあります。

難しいことを聞かれなさそうだからといって甘く見ず、念入りに準備をしておきたいものです。

新卒の場合は累計6万人以上が利用するキャリアチケットというサービスを利用することで、文具メーカーの志望動機の作成や面接対策をしてもらうことができます。

内定率80パーセントを誇るサービスですので、無料で利用できる志望動機添削や模擬面接などを上手に活用しましょう。