文房具メーカーへの転職・中途の未経験採用はある?

文房具メーカーへの転職状況は?

文房具業界での中途採用については、さほど活発には行われていないようです。

もちろん、中途採用がまったくないわけではなく、大手企業では年間を通じて中途採用の求人が出されていることもあります。

しかし、この業界では全体的に見ると新卒採用が中心となっており、IT業界などのように転職者が多い業界と比べると、中途採用で入社する人はそこまで多くないといわれています。

定期的に人材を増やしていくというよりは、各部門に退職者が出て即戦力となれる人が必要となった場合などに中途採用の求人を出すということが一般的です。

文房具メーカーへの転職の志望動機で多いものは?

文房具メーカーへの転職の志望動機は、新卒の際と同様「特定の商品が好き」「愛用している商品を販売している」など、文房具への興味関心が中心です。

また、近年文房具メーカーは海外への進出を重要視しているため、こうしたフィールドで英語力や語学力を生かしたいという人もいるようです。

文房具メーカー社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験から文房具メーカーで働くには

文房具メーカーへ転職する際は、求人を見つけるところから始まります。

一部の大手メーカーは名前がよく知られており、大々的に中途採用を行うところもありますが、それ以外にニッチな商品を開発している小さな企業も数多くあり、細々と求人をしているところもあります。

そうした小さな会社は求人サイトなどに掲載していないことも多いため、業界団体のホームページなどから会社の名前を見つけることからはじめましょう。

ホームページやメール、電話などを使って地道に採用情報を見つけていくといった方法をとることもできます。

文房具メーカーへの転職に必要な資格・有利な資格

文房具メーカーに転職する際に特別に求められる資格はありません。

ただし、転職を希望する場合は新卒採用とは異なり経験やスキルが問われるため、何かしらのアピールポイントを持っておく必要があります。

たとえ資格がなかったとしても、成績を上げるために努力したことや、効率化に取り組んだこと、これから取得しようと勉強していることなどを話せるようにしておきましょう。

文房具メーカー社員に必要な資格やスキルはある?

文房具メーカーへの転職に役立つ職務経験は?

文房具メーカーのなかでも、比較的転職者向けの求人が多い職種や部門としては、生産系、マーケティング系、開発系だといわれています。

これらの職種に関わる業務経験がある人は、文房具メーカーへの転職を実現しやすいでしょう。

しかしこうした職種以外でも、前職で実績を上げたことをアピールすれば、採用のチャンスは大いにあります。

具体的な数値やエピソードをまじえて話せるようにしておくとよいでしょう。

文房具メーカーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

文房具メーカーへの転職は、他の業界と同じく30代がボーダーラインとなるようです。

もともと中途採用の人数が少ないため、どうしても今後の育成を考えると若手を採用しやすい傾向にあります。

ただし、営業やデザイナーなど前職での経験を直接生かすことのできる業務であれば、それ以上の年齢でも採用される可能性は高まります。

文房具メーカーへの転職を考えている方へ

文房具メーカーへ転職したいと考えている場合は、転職希望者向けの求人サイトを利用したり、転職エージェントを利用して情報を集める人が多いようです。

中途採用での文房具メーカー就職を目指す場合、案件数豊富なリクルートエージェンシーに登録することで、求人が出たタイミングで仕事を紹介してもらうことできます。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。