文房具メーカー社員のつらいこと・大変なこと・苦労

文房具メーカー社員のつらいこと・大変なこと

売れる商品を生み出す苦労

文房具メーカーは、従来からあるロングセラー商品を持っている企業も多くありますが、一方ではつねに新しい商品を生み出そうと試行錯誤しています。

人々のニーズを掘り起こし、まだ世の中に出ていないものを企画することは決して楽な作業ではありません。

また、何でもとにかく作ればいいというわけではなく、利益を出すためには売れる商品でなくてはなりませんから、頭を悩ませることもたくさんあります。

文房具メーカーでは、人々の生活に身近なものづくりの喜びと面白さを実感できる一方、その苦労を味わうことも多々あるでしょう。

業務の幅が広い

文房具メーカーは、大手企業から中小企業までたくさんの企業がありますが、いずれも企画、開発、販売促進、営業、事業戦略、管理など、多種多様な職種の社員が活躍しています。

総合職として入社すると、こうしたさまざまな業務に携わる可能性があり、数年単位で別部門へ異動となる可能性もあります。

また、複数のプロジェクトを同時に進めなくてはならないこともあるなど、とても忙しく働く時期も出てくるでしょう。

特別なスキルや資格が求められることはありませんが、最近では海外進出を果たす文房具メーカーも増えてきています。

新しいことにもどんどん挑戦する姿勢が必要とされ、社員としても日々向上していく気持ちが欠かせません。

他の社員との連携が大切

文房具メーカーのものづくりは、自分一人だけの力でできることではありません。

他の社員、そして会社全体でゴールに向かう気持ちが求められ、日々の業務でもコミュニケーションをたくさんとりながら働く必要があります。

一緒にがんばれる仲間がいることは心強い反面、自分の思い通りに物事が進まないときには悩んだり、苦しい思いをしたりすることもあるかもしれません。

お互いが自分の担当業務においてそれぞれの課題を抱える中で、協力しながら最適な解決策を見出していくことの苦労を感じることもあります。

文房具メーカー社員の悩み

文房具メーカーの一番の悩みは、商品の売り上げが上がらないことです。

長年かけて開発し大々的にプロモーションした商品も、消費者に受け入れられなくてはその苦労が水の泡となってしまいます。

社員全員が文房具をつくる業務に関わるわけではありませんが、自社商品の売り上げが悪かったり、評判がよくなかったりすれば、「何がいけなかったのか」「なぜ売れなかったのか」と頭を悩ませるでしょう。

文房具メーカー社員を辞める理由で多いものは?

文房具メーカーは比較的経営が安定しており、他の業界と比べると退職する人は少なめといわれています。

それでも、企業によってはさまざまな不満により退職する人はいます。

平均すると文房具メーカーはさほど年収が高くないため、より給料アップを目指して転職する人や、歴史の古い企業の体質に合わないとこの仕事を辞める人が多いようです。

また、もの作りに関わりたいと入社したものの、違う部署に配属されてしまい、クリエイティブな仕事ができないために転職するという人もいます。