女性の文房具メーカー社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の文房具メーカー社員の現状

文房具メーカーでは、文房具という女性にとっても身近な商品をたくさん扱うことから、女性社員も大勢活躍しています。

企業によって女性社員の割合は異なりますが、大手企業でも最近は約半数が女性ということは珍しくありません。

もちろん、女性であっても商品企画販売促進、設計、営業、製造、品質管理など、あらゆる職種に就くことができます。

とくに商品企画や営業は、女性の活躍が目立っているようです。

女性がたくさんいると困ったときには女性の先輩や同僚に相談することもできますし、働きやすさを実感しやすいでしょう。

女性の文房具メーカー社員の強み・弱み

文具にこだわりを持つ女性は多く、同性の視点から商品開発やデザインに関わることができるのは、大きな強みといえるでしょう。

近年は、万年筆やマスキングテープ、整理収納グッズなど、大人の女性も文房具を扱うことが増え、デザインや機能性を求めることが多くなっています。

文房具というと子どもや学生が使用するイメージがありますが、ビジネスでも使用できる大人の女性向け文房具は非常に人気を集めており、これには同世代の女性の声が大きく生かされるでしょう。

文房具メーカー社員の結婚後の働き方・雇用形態

大手文房具メーカーであれば福利厚生が充実しており、出産や育児、介護などにともなう休暇制度も整っています。

そうした制度を利用しながら働いている女性の先輩社員も多数いるため、さほど心配することはないでしょう。

ただし、企業によってこうした待遇面は異なるため、心配な人は就職前によく調べておくことをおすすめします。

文房具メーカー社員は子育てしながら働ける?

文房具メーカーは比較的残業も少なく、経営が安定していることから、子育てをしながら仕事を続ける人は非常に多いです。

子どもが小さいうちは時短勤務などを認めているところも多く、無理をせずに家庭と両立できるところもあります。

子どもを持つことによって、親としての視点や子どもの視点が加わり、新しい商品の開発に生かされたりすることも多く、企業側もキャリアを積んだ女性に長く働いてほしいと考えています。

文房具メーカー社員は女性が一生働ける仕事?

近年は、社会全体で女性の管理職登用に力を入れている企業が増えていますが、文房具メーカーでも女性が役職に就き、大勢の部下を率いる姿がよく見られるようになっています。

しっかりとやりがいを持って仕事に打ち込めば、正しく評価される、そして、昇進していち担当者から、マネジメントの道へ進んでいく、といったキャリアパスが用意されている企業も多くあります。

また、大手文房具メーカーのなかには海外へ進出しているところもあり、総合職として入社すれば将来的には海外赴任の可能性もあります。

実際、アジアや欧米などの各国で仕事をしている女性社員も出ていますから、グローバルなフィールドで仕事をしたいという目標を叶えることもできるでしょう。