インテリアコーディネーターの給与・年収

企業に勤める場合

インテリアコーディネーターは、設計事務所やインテリアショップ、内装関連の専門会社など、多様な活躍の場があります。

これらの企業で正社員として働く場合の平均年収は300万円〜450万円程度とされており、一般的なサラリーマンとさほど変わりません。

たいていの人は、勤続年数や役職、実績などによって決められた「固定給」をもらいます。

ですが、デパートのインテリアコーナーやインテリアショップなどに勤務する場合は、個人の売上ノルマや目標数値が定められており、成果によって「インセンティブ」がもらえることもあるようです。

正社員ではなく、契約社員や派遣社員として働く人もいます。その場合の給料は正社員よりも低くなることが普通ですが、その分、時間的な拘束は少なめです。

資格取得が優遇されることも

インテリアコーディネーターの資格を持っていると、「特別手当」や「専門職手当」が支給される場合もあります。また、資格試験の受験費や勉強にかかる費用を補助してくれる企業もあるようです。

キャリアアップを図るために、インテリアコーディネーターとして働きながら「二級建築士」などインテリアに関連する他の資格試験の取得を目指す人もいます。

建築士の資格を取得すれば仕事の幅が広がり、待遇面でも優遇される可能性が高まります。

インテリアコーディネーターは、全体の平均年収だけで考えると決して高収入な仕事だとはいえませんが、自分の向上心と努力次第で、少しずつ収入アップを目指すことは可能です。

力をつけてフリーランスになり、収入アップを目指す

フリーランスのインテリアコーディネーターになると、お客さまや設計事務所などと直接契約ができるようになります。この場合、基本的に自分の仕事に対する給料(報酬額)は自分自身で決めることになります。

もちろん、実力がなければ仕事はもらえませんが、人気コーディネーターになれば、年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

しかし、この仕事は現場で経験を積んでいくことが重要であるため、インテリアコーディネーターになったばかりの新人や、経験の浅い人がフリーランスになるのは難しいと考えていたほうがよいでしょう。

フリーランスになれば、対外的な交渉から実務まで自分一人でやらなければなりませんし、企業に所属していたときのような待遇も福利厚生もありません。

住宅業界の企業や事務所などで少なくとも10年以上働き、実力をつけ、人脈をしっかりと構築してから、独立を目指す人が多いようです。