1分でわかる「環境計量士」

仕事内容
環境計量士は、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格で、一般にはその資格を持って環境分析などの仕事に従事する人のことをいいます。環境計量士の国家資格は「濃度」と「騒音・振動」の2種類があり、前者はおもに大気や水質について、後者は騒音と振動について計量を行います。水質や大気汚染、あるいは建設現場での騒音といったさまざまな環境問題に深く関わっている仕事であり、専門的な知識と技術をもって社会を支えています。
なるには
環境計量士は、民間の環境分析会社、言い換えると「環境計量証明事業所」といわれる種類の企業で働く人が多いとされています。環境分析の仕事をするうえで環境計量士の資格は絶対に必要というわけではありませんが、化学をベースにした専門的な知識が求められる仕事であり、資格保持者が優先的に採用されています。ただし、環境計量士として登録するには国家試験合格に加えて実務経験を積む必要があります。また、所定の教習を修了したうえで実務経験を積むなどの方法でも環境計量士の資格が取得可能です。
給料
勤務先によって給与は異なりますが、年収にして300万円~500万円程度が相場となっているようです。ただし、専門性を要する技術職になるため、年収は個々の経験やスキルによってもだいぶ違いがあるといえるでしょう。環境計量士の国家資格を持っていると、月に2万円~3万円程度の資格手当が上乗せされることがあります。転職市場では環境計量士の資格保持者や環境分析業務経験者は優遇されやすいため、ある程度の経験や実績を積んだところで、より良い待遇の会社へ転職するといった人もいます。
将来性
環境問題が国際的に取り上げられているなかで、環境に関連する規制基準は年々強化されており、さまざまな項目にわたり、その調査対象や分析手法、基準数値が取り決められています。環境計量士は、そうした規制に基づく環境分析を行う専門家としての役割を担い、多様化する環境問題に合わせて調査分析をすることができます。環境問題への関心が世界的に高まっているいま、環境計量士の活躍の場も広がっているといえますが、法規制などのルールが変わり続け、新しい分析技術も生まれているなか、現状に満足せず、つねに新しい知識を身につけていく努力は欠かせません。