このサイトは電気工事施工管理技士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「電気工事施工管理技士」

仕事内容
電気工事施工管理技士は、国家資格である「施工管理技士」の一種で、電気工事の施工管理を行う仕事です。具体的には、電気工事に関する施工計画を立て、さらに安全管理や品質管理、監督業務などに携わります。電気工事施工管理技士は「1級」と「2級」の2種類の資格に分かれており、どちらも仕事内容は同じですが、1級は大規模工事に携わり、さらに特定建設業の営業所に置く「専任技術者」や「監理技術者」になることができるという特徴があります。
なるには
電気工事施工管理技士は、おもに建設会社や電気設備工事会社などで活躍しています。電気工事施工管理技士は一定の実務経験のある人のみが取得できる資格で、「電気工事士」や「電気主任技術者」など電気工事の技術者が、さらなるステップアップのために電気工事施工管理技士となっていきます。学生時代に建築学科、機械工学科、電気工学科、土木工学科などで学んでいると、同じ学歴でも必要な実務経験の年数が多少短くなります。
給料
電気工事施工管理技士の平均年収は、500万円~700万円程度がボリュームゾーンとされています。学校を出たばかりの技術者や、経験の浅い一般の技術者よりも給料は高く設定されていることがほとんどで、経験を積み、技術を磨いていくにつれてさらに年収は上がるでしょう。この資格を持っていると、多くの企業で毎月の給与にプラスして「資格手当」もついてきます。とくに1級を持っていると給料は大きく上がりやすくなります。
将来性
電気工事施工管理技士は、国家資格を所持している強みを生かして、建設業界のあらゆる方面で活躍することができます。業界では技術者が不足しているとされ、技術の進歩により電気設備についても省電力化や管理の自動化などますます高度化・複雑化しているなか、電気工事の施工管理に携われる電気工事施工管理士のニーズは高くなっています。若いうちに資格を取得しておくことで、昇進スピードが速くなったり、転職時にも優遇されることがあります。