「電気工事士」とは

一般住宅やビル、店舗など、あらゆる建物の電気設備の設計・施工を担当する技術者。

電気工事士は、一般住宅やビル、店舗、病院、工場など、あらゆる建物の電気設備の設計・施工を行う仕事です。

建物に電気配線や配電盤の据え付けを行ったり、新たな電気設備を追加したりと、他の建設作業と連携しながら作業を進めます。

電気工事は危険を伴うことから、そのほとんどは「電気工事士」の国家資格を取得した人だけが行えるものとなっています。

なお、この資格には「第一種」と「第二種」があり、第二種が一般住宅や小規模の店舗、第一種がビルや工場といったように、それぞれ手掛けられる業務範囲が異なります。

会社員の平均年収は400万円〜500万円程度ですが、技術がある人ほど稼ぎやすい職人の世界であり、独立して成功すれば大きな収入を得ることも可能です。

電気工事の需要は安定しており、将来性も十分ある仕事だといえるものの、一人前になるには下積み生活を乗り越える必要があります。

「電気工事士」の仕事紹介

電気工事士の仕事内容

電気工事士はライフラインを支える要の存在

「電気工事士」は、住宅を始めビルや病院、工場などあらゆる建物において、屋内外のにわたる電気設備の設計・施工を行う仕事です。

現代社会において電気のない生活は考えることができませんが、私たちの生活を支えるライフラインを構築するための工事ということで、社会的意義の大きな仕事となります。

主に設計図面に従った電気配線・配管、電気設備・機器の取り付けなどを行いますが、大小さまざまな規模において電気工事は必要となり、その内容は多岐にわたります。

建物の機能として最も重要な部分を担うことから、指定された仕事に対し忠実でかつ正確に遂行することが求められます。

また電気工事士は電気を扱うということや、高所での作業が伴うことなど危険な作業に従事する場合があります。

したがって、電気工事に従事するための資格や義務は法律によって厳格に定められており、そのために必要な資格を取得した人のことを「電気工事士」といいます。

電気工事士の就職先・活躍の場

電気工事は有資格者でしかできない仕事

電気工事士は、電気工事の伴う業種で幅広く活躍の場があります。

電気を扱う業種は多く、資格取得者でしか行うことができない内容の仕事もあるため、各方面からニーズの高い仕事です。

電気工事会社はもちろん、その他の建築関連会社やビル管理会社、電力会社、家電量販店、工場、医療施設、さらにはテーマパークやイベント会場にいたるまで幅広い会社が就職先となります。

設備や機材のほとんどが電気を使って動いているため、設備の設置工事や関連する電気工事、さらに保守にいたるまで専門的な知識を持った電気工事士が必要とされています。

電気工事士1日

現場作業が中心

電気工事士の仕事内容は勤務先や業務内容によって異なりますが、電気工事会社の場合を例に1日の内容を見ていきましょう。

8:00 朝礼
朝礼が始まる前に出勤し、準備をしておきます。

直行して現場の朝礼に参加するか、会社によっては一度会社に出勤して朝礼後に現場に出ていきます。

1日の仕事内容と安全対策を確認し連絡や報告を行います。

8:30 作業開始
工具と安全装備の確認を行い、当日の作業を始めます。
電気工事は他業種との重複や連携が多い業種であるため、調整しながら工事を進めることが必要となります。

10:00 休憩

10:20 作業再開
早朝からの作業を引き続き行います。

12:00 昼食

13:00 午後作業開始
午後の作業を開始します。

現場によっては昼礼を行い進捗の報告や、工程の調整などが検討されます。

場合によっては他の現場へ移動して作業を行うこともあります。

複数現場を掛け持ちで移動しながら業務をこなすことはよくあるケースです。

15:00 休憩
疲れが出やすい時間帯となりますが、事故がないよう最後まで集中することが大事です。

17:00 作業終了
翌日以降の作業や他業種との兼ね合いを見極め、きりの良いところで終了させます。

現場によっては終礼を行い進捗の報告や、工程の調整などが検討されます。

職長は翌日以降の作業内容を現場監督と打ちあわせて帰宅します。

電気工事士になるには

まず第2種電気工事士合格を目指す

電気工事士になるためには、第2種電気工事士という国家資格を取得することが近道となります。

第2種電気工事士は受験資格に制限がないため、しっかりと勉強をして試験に合格すれば電気工事士になることができます。

資格を取得した後には就職が有利となり、電気工事に携わりながら、さらにステップアップを目指すことも可能です。

また資格を持っていない未経験者であっても求人はありますが、作業内容は限定されます。

電気工事会社に就職し主にサポート業務を行いながら、会社のバックアップを得て資格の取得を目指すこともできます。

電気工事士の学校・学費

学歴は関係ないが資格取得は必須

電気工事士になるために学歴は関係ありません。

電気工事士として従事するために第2種電気工事士の資格を取得することになりますが受験資格に制限がないため誰にでも受けることが許されます。

ただし、専門的な知識を持って資格を取得、及び就職をしたいという場合は、学校で学ぶという選択もあります。

大学、短大、専門学校で電気工学、通信工学、機械工学を学ぶと資格取得には有利です。

また学費を安くしたい場合は通信教育を利用し、独学で取得するという方法もあります。

電気工事士の資格・試験の難易度

第1種と第2種からなる必須の国家資格がある

電気工事士は第1種と第2種からなる国家資格で、可能となる工事範囲は大きく異なります。

内容は以下の通りです。

・第2種電気工事士:600V以下で受電する一般用電気工作物に対してのみ電気工事を行うことができます。
・第1種電気工事士:第2種電気工事士が行える電気工事に加え、最大電力500KW未満の事業用電気工作物に対しても電気工事を行うことができます。

いずれも受験資格に制限はないため誰でも受けることができますが、第1種電気工事士の場合は試験合格後にある免状の交付に条件が課されています。

条件の内容は「電気工事の実務経験5年以上」、もしくは「電気工事士の実務経験3年以上かつ大学または高等専門学校で所定の課程を修め卒業していること」となります。

試験には筆記と実技があり、筆記のほうが試験の難易度としては高い傾向にあります。

合格率は第2種電気工事士で40%前後、第1種電気工事士で30%前後となっています。

また電気工事士取得後のステップアップとして「電気主任技術者」と「電気工事施工管理士」という国家資格もあります。

電気工事士の給料・年収

スキルアップで昇給も期待できる

電気工事士の平均年収は400万円~500万円程度といわれています。

その他業種のサラリーマンと同程度かそれ以上程度の給料となりますが、会社の規模によっても異なり、また経験に伴って昇格・昇給することが一般的です。

会社によっては資格手当が付く場合もあります。

仕事を覚える段階においては、低賃金となることが多くなりますが、資格の取得によるステップアップや、職長としての立場でリーダーシップを発揮するなど業務における評価によって年収の増加は十分期待できます。

また上位の資格を取得し人脈を構築することで独立することも可能となり、営業力や技術力によっては年収アップも期待できます。

電気工事士のやりがい、楽しさ

需要が失われないことが大きな魅力

電気工事士は有資格者でしかできない工事であるという点では、大きな魅力です。

建物の根幹となる機能を担当することは他業種と比較しても責任が大きく、やりがいにつながります。

仕事内容も幅広く、奥が深いということや、長期にわたり地道な作業を積み重ね、最終的に通電して使用できるようになったときの達成感は非常に大きく、楽しみでもあります。

またどれだけ新しい技術が導入されても、その多くが電気を必要とするという点においても、常に求められる職種であり、需要がなくなることはないという魅力があります。

電気工事士のつらいこと、大変なこと

肉体的な負荷が高め

電気工事士は比較的多忙であるということがその特徴です。

建築現場では他の職種との兼ね合いが多く、綿密に打ち合わせながら工程を調整して進めなければいけませんが、場合によっては休日や時間が遅くなるなど拘束時間が長くなることもあります。

また重い道具や材料を持って移動することはつらいことのひとつです。

そして覚えることが多いという点でも大変なことになりますが、電気工事士としての仕事に加え、ゼネコンやハウスメーカーなどによって仕様や施工ルールなどが定められていることがあるため、経験を積みながら勉強を重ねることが必要となります。

電気工事士に向いている人・適性

勤勉で向上心を持つこと

電気工事士は、建築現場において初期から終盤にかけて常に行う工事が発生するため、粘り強くコツコツとやり遂げる根気強さが必要です。

また建築現場における電気工事は他業種との関連性が高く、打ち合わせを行いながら工程を調整するためのコミュニケーション能力が高い人は適性があります。

さらに最も向いている人といっても良いのは、覚えることが多いという点においては勤勉であること、向上心を持っていることといえるでしょう。

電気工事士志望動機・目指すきっかけ

安定した職業であることが理由の一つ

電気工事士を目指すきっかけや志望動機としては人によってさまざまですが、職業として安定しているということは大きな理由となります。

生活の基盤となる電気を扱う工事は、なくなることがないという点で、資格を取得し技術を身につけたら、生涯にわたり経験を生かすことが可能になります。

資格も学歴に関係なく取得できること、資格取得後は稼ぐための手段として直結することなどは大きな魅力で、取り組みやすい仕事のひとつです。

その他には、ものづくりに興味がある、インフラを支える社会的に貢献度の高い仕事がしたいということなどですが、大事なことは就職後においてもスキルアップに励み、技術の向上に努めることでしょう。

電気工事士の雇用形態・働き方

従業員としてスキルアップ後に独立も

電気工事士の雇用形態は主に電気工事に関連する会社などの従業員として勤務するケースが多くなります。

給料形態が日給制の場合は出勤した日数に応じての金額となり、月給制の場合は月ごとに定額で支払われます。

資格の取得によってステップアップが可能で、より上位となる資格を取得することで、昇格のきっかけとなり、手当ての増額や昇給にもつながります。

また人脈を構築することで、独立し一人親方として工事を請け負うなどの形態を取ることも働き方のひとつとなります。

電気工事士の勤務時間・休日・生活

勤務時間は現場しだいとなることも

電気工事士の勤務時間は、主に8:00~17:00が一般的ですが、現場の工期や他業種との兼ね合いなどを考慮して残業となることもあります。

休日は日曜日、祝日が一般的で、会社によっては週休2日制としている場合や隔週土曜日を休日にしている場合もあります。

年度末など決算期になると、引き渡しを間に合わせるための突貫工事がしばしば行われますが、終盤にいたるまで工事を受け持つ電気工事などは完成のために協力を求められることがあります。

その場合には休日であっても工事を進めることなど、ある程度生活を犠牲にする覚悟が必要なときもあります。

電気工事士の求人・就職状況・需要

人手不足でチャンスの多い職業

建築業界全般に共通した課題として、高齢化と人手不足が挙げられます。

専門的な知識と技術を持った電気工事士の需要は非常に高く、求人も多い傾向にあります。

次の世代を担う若手の育成は急務で、有能な人材の確保は各会社とも取り組んでいることから就職状況は悪くありません。

特に建築を専門に学んだ学生などは、資格取得にも有利であることから需要が高く、会社としても欲しい人材となっています。

またこれから電気工事を学びたいという人にとっても、会社にバックアップで資格の取得を目指せるなど非常にチャンスの多い職種のひとつです。

電気工事士の転職状況・未経験採用

経験者は即戦力で未経験にもチャンスが

電気工事士の有資格者であれば転職には非常に有利になります。

人手不足という背景からも即戦力となる経験者は会社として必要な人材です。

転職状況としては非常に良好で、未経験採用についても向上心のある人材には、できる範囲での仕事をしながら資格取得のサポートを行うなど、育成のための体制を整えている会社も少なくありません。

電気工事士として適正がある有能な人材として育成することと確保することは緊急的な課題として取り組む会社は多く、今後も増えることが予想されます。

電気工事士の現状と将来性・今後の見通し

新しい分野にも活躍の場が広がる

現状において生活を支える「電気」は絶対的に欠かせない存在であることから、電気工事士の将来性は十分あるといえます。

電気工事の多くが電気工事士の有資格者でしかできないということからも、需要が衰えるような状況は考えにくく、今後の見通しとしても明るいといえます。

IoTの促進を始めとする世界的なスマート化社会の到来や、環境に配慮した再生可能エネルギーの拡大、電気自動車の普及など多くの新しい分野において電気工事士に依存しないと実現は難しいものばかりです。

需要が多いという点と技術の習得によって生涯にわたり稼ぐための手段を手に入れることができるという点においては、電気工事士として従事することの大きなメリットです。

人手不足という社会的な背景と、人材育成の体制が強化されていることなどからも電気工事士の活躍の場は今後も増えていくでしょう。