このサイトは電気工事士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「電気工事士」

仕事内容
電気工事士は、一般住宅やビル、店舗、病院、工場といった、あらゆる建物の電気設備の設計・施工を行う仕事です。たとえば、新しい建物を建設する際には電気配線や配電盤の据え付けを行ったり、既存の建物に新しい電気設備を追加したりと、他の建設作業と連携しながら作業を進めていきます。このような電気設備の工事は危険を伴うため、法律によって特定の資格を所持する人でなければできないことになっており、その必要な資格を取得した人のことを「電気工事士」といいます。
なるには
電気工事士として仕事をするには、国家資格である「電気工事士」の試験に合格する必要があります。電気工事士の資格には「第一種」と「第二種」があり、第二種が一般住宅や小規模の店舗、第一種がビルや工場といったように、それぞれ手掛けることができる業務範囲が異なります。おもな就職先は電気工事会社、建設・建築会社、一部の家電メーカーとなっています。電気工事士の資格に加え、「ボイラー技士」や「消防設備士」といったその他の工事に関わる専門職の資格を併せて取得することで、業務の幅を広げている人もいます。
給料
電気工事士の平均年収は、400万円〜500万円程度といわれています。ただし、電気工事士の就職先は電力や各種設備工事を総合的に手掛ける大企業から個人経営の小規模な電気工事店まで規模がまちまちであり、大企業のほうが給与水準は高めとなっているようです。この仕事はいわゆる職人の世界であり、新人時代は給料が決して良くない代わりに、技術がある人はどんどん稼いでいきやすいという面があります。経験を積んで独立し、成功すれば、会社員以上の年収を得ることも不可能ではありません。
将来性
現代社会において、電気は水道やガスと同様、人々の快適な生活に欠かせないものとなっています。ほとんどの電気工事は国家資格を持った電気工事士だけが行えるものとなっており、電気そのものがなくならない限り、電気工事士の仕事が急激に減るということは考えにくいです。将来性は十分にあるといえるでしょう。現在は電気工事士の高齢化が課題となっており各社で若手の育成が急務となっているものの、技術職であることから一朝一夕で一人前になれるわけではないため、下積み生活を乗り越える気概と熱意が求められます。

仕事体験談