このサイトは造園施工管理技士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「造園施工管理技士」

仕事内容
造園施工管理技士は、国家資格である「施工管理技士」の一種で、さまざまな工事のなかでも「造園」の分野で施工計画から工程管理、資材調達、品質管理、安全管理などに携わる仕事です。造園の案件はさまざまで、ゴルフ場など広大な敷地を管理することもあれば、公共施設の緑化事業、ビルの屋上緑化、あるいは個人宅の庭園造りを手掛けることもあります。この資格を生かし、「ガーデンデザイナー」「エクステリアデザイナー」「庭師」などとして活躍する人もいます。
なるには
造園施工管理技士になるには、造園施工管理技士の国家試験を受験し、合格する必要があります。ただし、そこでは学歴に応じた実務経験が求められるため、まずは職人としての経験を積んでから、資格取得を目指すのが一般的なルートです。造園施工管理技士のおもな活躍の場は、公園工事や緑地化工事などの造園工事を手掛ける造園会社や土木会社となります。1級の資格を取ると、公共の大規模工事の施工管理に携わることが可能になります。
給料
造園施工管理技士の平均年収は300万円~650万円くらいとされています。勤務先によって差が出てきますが、この仕事は技術職であるため、経験やスキルがある人ほど多くの収入を得やすい傾向があります。なお、資格を取得することにより、基本給とは別で「資格手当」が支給される会社が多いようです。職人としての腕を上げることはもちろんのこと、マネジメントスキルを磨いて管理職としての役割も担えるようになると、年収を上げていきやすくなるでしょう。
将来性
造園施工管理技士は、造園業において現場の施工管理を行うことができるスペシャリストとして位置づけられています。個人邸の造園の仕事は時代とともに減少傾向にあるといわれますが、公共の場での緑地工事、公園工事、道路緑化工事など、さまざまな造園工事がどのような時代にも行われており、そこでの現場監督になれる造園施工管理技士の将来性は明るいといえるでしょう。ただし、現場ではスキルが重視されるため、下積み時代から地道に経験を積んでいく努力が欠かせません。