このサイトは配管工を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「配管工」

仕事内容
配管工とは、建築物の配管工事を専門とする技術者のことをいいます。給水管、排水管、ガス管などの管をつないで配管を造ったり、空気清浄装置や冷暖房の換気設備などを取り付けるのが主な仕事です。使用する管にも種類があり、それらに関する専門知識や、必要な設備分野によってさまざまな技能が必要とされます。配管や設備機器を新たに取り付けるだけでなく、そのメンテナンスや修理まで任されることが多いです。
なるには
配管工になるのに、特別な資格は必要とされません。設備工事を取り扱う会社に就職し、見習いとして必要な知識や技術を習得したり、職業訓練校で配管工として必要な専門技術を学んだのちに就職を目指す人が多いようです。配管工として実務経験を積むと、「配管技能士」や「管工事施工管理技師」の資格試験を受けてステップアップを目指すことができ、さらに上級の資格として「建築設備士」に合格すると、仕事の幅は大きく広がります。
給料
配管工の給料は、400万円前後が相場のようです。ただし、専門スキルを要する技術職である分、経験によって給料はだいぶ異なり、新人とベテランの間では大きく差が出ることも珍しくありません。建設業界は古い体質も残っており、大手企業に勤めるほうが待遇面は恵まれる傾向にあるようです。数多くの現場経験を積んで上級資格を取得すれば実力をアピールでき、より良い給料や待遇の下で働けるようになるでしょう。
将来性
配管などの設備工事を行う会社は、大手工務店やハウスメーカーの下請けがほとんどのようです。そのため、利益面でも待遇面でもどうしても不利益を被ることが多く、配管工には少々厳しい環境といえるかもしれません。ただし、最近では自社で営業や宣伝活動を行い、直接お客さまから仕事を取ろうとする会社も増えています。新築設備だけではなくメンテナンスに力を入れていくことにより、配管工の活躍の場はまだまだ見出せるものと考えられています。