「配管工」とは

ガス・空調・給排水などの建築設備分野で、配管工事や設備取り付けを専門とする技術者。

配管工とは、建築設備分野(給排水設備・ガス設備・空調設備など)において、水道管やガス管などの管をつないで配管を造ったり、それらの設備を取り付ける仕事です。

使う配管は鋼管や塩ビ管などで、それらの材料や必要な設備分野によってさまざまな技能が必要とされます。

配管工になるには特別な資格や学歴は必要ありません。ただし、配管工になってからは、「配管技能士試験」をはじめ「管工事施工管理技師」などの資格を持っていると、待遇面などで有利になることが多いです。

給料や年収などの収入面では、決して高給取りとは言えませんが、配管工で実地経験したことを活かして「建築設備士」にステップアップすることも可能といえます。

また、既存の住宅が老朽化していく中で、修理やメンテナンス業務もかなりの量が見込まれており、今後が期待されています。

「配管工」の仕事紹介

配管工の仕事内容

建築物の配管工事を専門とする技術者

配管工は、住宅やビルといった建築物の配管工事を専門とする技術者のことをいいます。

おもな仕事内容は、給水管、排水管、ガス管などの管をつないで配管を造ったり、空気清浄装置や冷暖房の換気設備などを取り付けたりすることです。

使用する管にもいくつもの種類があり、それらに関する専門知識や、必要な設備分野によってさまざまな技能が必要とされます。

なお、配管や設備機器を新たに取り付けるだけでなく、そのメンテナンスや修理まで任されることが多いです。

配管工の就職先・活躍の場

全国の建設・設備系会社で活躍できる

配管校のおもな就職先は、ビルメンテナンス会社や建設会社、設備会社、リフォーム施工会社などとなります。

新築物件はもちろんのこと、既存の建築物から大きなビルまでメンテナンスが必要な物件は山ほどあるため、配管工の求人は多く、活躍の場も多岐にわたっています。

また、日本全国で活躍できる仕事という特徴もあります。

知識や技術、経験を身につけると、自営業という形で配管工事を専門にしながら個人で働く人もいます。

配管工1日

就業先によって仕事の流れは変わってくる

配管工は、基本的には一般的な日勤の仕事と同じような時間帯で働きますが、朝はやや早めになることがあります。

ここでは、ビルメンテナンス会社に勤める配管工のある1日を紹介します。

08:00 出勤
所定の時間になったら作業に必要な資材などを揃えます。

08:30 現場到着
指定された場所で作業を開始します。

12:00 休憩
休憩は決まった時間にしっかりととります。

13:00 作業開始
作業の残りを進めます。

17:00 作業終了
作業が完全に終了すれば、会社へ戻って日報を作成し、業務は終了です。

配管工になるには

就職後に経験を積み、資格取得を目指すのが一般的

配管工になるのに、特別な資格は必要とされません。

設備工事を取り扱う会社に就職し、見習いとして必要な知識や技術を習得したり、職業訓練校で配管工として必要な専門技術を学んだのちに就職を目指す人が多いようです。

配管工として実務経験を積むと、「配管技能士」や「管工事施工管理技師」の資格試験を受けてステップアップを目指すことができ、さらに上級の資格として「建築設備士」に合格すると、仕事の幅は大きく広がります。

配管工の学校・学費

学歴はほとんど問われない

配管工を目指すにあたって、学歴はほとんど問われません。

職人的な仕事であることから、地道に現場で知識や技術を習得し、腕一本で身をたてるのにも向いている仕事といえます。

実際、配管工の仕事内容は多種多様なため、学校で特定のことを勉強するよりも実際に会社に入ってさまざまな仕事を経験するほうが早く一人前を目指せるでしょう。

ただし、職業訓練校で配管について勉強できる場合があるため、先に基礎的なことを学びたい場合はそちらを活用するとよいでしょう。

配管工の資格・試験の難易度

業務の幅を広げることができる国家資格がある

配管工は特別な資格がなくても働けますが、業務に関連する代表的な資格として「配管技能士」があります。

配管技能士は、国家資格である技能検定制度の一種で、給水管・排水管・ガス管、空気清浄装置や冷暖房の換気設備など、建築物の配管工事の技能を認定するものです。

また、「管工事施工管理技士」という国家資格を取得すると、各種管工事において施工計画を作成し、工程や品質、安全面の管理を行うことが可能になります。

配管工の給料・年収

新人とベテランの間には大きな差が出やすい

配管工の給料は、400万円前後が相場のようです。

ただし、専門スキルを要する技術職であるため、本人の技術力や経験によって給料はだいぶ異なるのが実情です。

新人とベテランの間では、大きな差が出ることも珍しくありません。

なお、建設業界は年功序列の古い体質も残っており、大手企業に勤めるほうが待遇面は恵まれる傾向にあるようです。

数多くの現場経験を積んで上級資格を取得すれば実力をアピールでき、より良い給料や待遇の下で働けるようになるでしょう。

配管工のやりがい、楽しさ

自分の技術によって、生活に不可欠な配管を形にしていく

配管工はさまざまな材料を用いて配管をつなぎ合わせて形にしていくという、ものを造る喜びがあります。

最終的に配管のほとんどは隠れてしまいますが、きれいに配管でき、それが漏れることなくつながったことを確認できたときはうれしいものです。

とくに最近では建築設計や住宅の間取り、設備機器の設計も多様化しており、配管工には高い技術や専門知識が求められます。

難易度の高い施工ができるようになれば自信にもなりますし、人々の生活になくてはならない重要なものを扱っていることを誇りとして働いている配管工は多くいます。

配管工のつらいこと、大変なこと

狭い場所や、屋外での作業が多い

配管工の建物内における配管作業は、狭い場所での作業となることがしばしばあります。

また、配管のある床下やパイプシャフト内は冷暖房の効かない範囲であり、暑かったり寒かったりする環境の中での作業となることがほとんどです。

体力仕事でもありますし、さらに過酷な環境の中で作業を進めなくてはならないときはやはり苦労を感じるものです。

ときには大急ぎでの施工を求められることもあり、心身ともにハードだと実感することもあるかもしれません。

配管工に向いている人・適性

身体を動かすことが好きで、黙々と慎重に作業ができる

配管工の仕事は決して目立つわけではなく、ひとたび建築物が完成してしまえば、配管のほとんどが床の下や壁の中、天井の上に隠れてしまいます。

おまけに、その作業も配管図面にのみ従って、一人で黙々と行っていくため、地道にコツコツと仕事を愚直にできる人は配管工に向いているといえます。

また肉体労働でもあるため、身体を動かすことを苦にせず、体力に自信がある人のほうが望ましいです。

配管工志望動機・目指すきっかけ

ものを組み立てるのが好きで、コツコツとした作業も得意

配管工を目指す人は、もともと建築物で使われる給水管・配水管・排水管・ガス管などといった設備に興味があり、それらを組み立てていく職人的な仕事がしたいという思いで、この仕事を目指す人が多いようです。

ものを組み立てることが好きだったり、コツコツとした作業を苦にしないタイプの人も目立ちます。

また、この仕事は技術が身につけばつくほど難しい案件も一人でこなせるようになります。

自分の力で仕事をしている実感がほしいという理由で、配管工になる人もいます。

配管工の雇用形態・働き方

正社員として働く人が多いが、独立する人も

配管工は、施工会社などに正社員として雇用されてキャリアをスタートする人が多いようです。

一方、親や親族が工事関係の会社を経営しており、そのまま後を継ぐ人も決して少なくはありません。

経験がモノをいう職人要素の強い仕事であるため、基本的には現場経験を積めば積むほど実力もアップします。

自信がつくと、自分でビルメンテナンスなどの会社を興す人もいます。

仕事の間口は広いため、腕を磨いて上手に営業できれば、独立しても安定した収入を得られるでしょう。

配管工の勤務時間・休日・生活

建築業界にあわせた働き方をすることが多い

配管工として施工会社などに勤務する場合には、各社が定める勤務時間や休日に沿って働きます。

朝はやや早めで8時頃には現場に到着し、作業開始となることも多いですが、その分、夕方頃には帰れることもあります。

休憩時間も決まっており、比較的規則正しい生活が送れるでしょう。

休日については、業界の慣行的に毎週土曜日休みのところは少なく、基本的に土曜日は第2・第4のみが休みというところが多いです。

ただし、盆やお正月は建築業界全体が休むため、これにならって多めに休める会社が多いようです。

配管工の求人・就職状況・需要

人手不足の仕事であり、需要は大きい

どのような建物でも、ガス・水道などの配管工事は不可欠なものです。

また、建物にはメンテナンスが必ずついて回るため、新築時だけではなくその後も継続して配管工の仕事はあります。

一方、最近は職人の高年齢化も進み、若い人を求める企業が増えているため、これから配管工を目指す人にはチャンスが広がっているといえるでしょう。

ただし、企業によっては労働環境があまりよくないところもあるため、就職先を探す際にはよく気を付けることをおすすめします。

配管工の転職状況・未経験採用

現場に入ってからの経験がモノをいう

配管工の転職状況は良好だといえます。

もともと、このような仕事は現場経験がモノをいうため、新卒採用と社会人採用(転職者の採用)との区別はほとんどありません。

人手不足の状態が続いていることから、最近は積極的に未経験者を受け入れ、自社で教育を行って一人前の配管工を育てる企業も増えているようです。

ただし、長期雇用したうえで確かなキャリアを形成をするという狙いによって、未経験者の採用は35歳前後を上限としている企業が多いようです。

配管工の現状と将来性・今後の見通し

元請業者となることで将来にも展望が

配管などの設備工事を行う会社は、大手工務店やハウスメーカーの下請けがほとんどのようです。

そのため、利益面でも待遇面でもどうしても不利益を被ることが多く、配管工には少々厳しい環境といえるかもしれません。

ただし、最近では自社で営業や宣伝活動を行い、直接お客さまから仕事を取ろうとする会社も増えています。

新築設備だけではなくメンテナンスに力を入れていくことにより、配管工の活躍の場はまだまだ見出せるものと考えられています。