「ビルメンテナンス」の仕事とは

ビルメンテナンスの仕事内容

ビルメンテナンスは、大型商業施設やオフィスビル、病院などのビルが快適に利用できるように管理・メンテナンスする仕事です。

具体的には、電気設備・空調設備・ボイラー設備などの管理、不具合のある設備の保守・点検、また必要に応じて修理や専門業者の手配を行います。

普段は裏方としての役目を果たし、目立つ仕事ではありませんが、トラブルなくビルを快適に利用するために不可欠な存在です。

ビルメンテナンスになるには

ビルメンテナンスは中途採用で入社する人が多く、また慢性的な人手不足であることから未経験者の受け入れが活発な業界です。

ただし、最近では系列系のビルメンテナンス会社を中心に、新卒採用に力を入れる企業が増えつつあるようです。

工業系高校や高等専門学校、工業系の大学、職業訓練校で設備管理について学ぶこともできますが、専門的な勉強をせずに業界に入る人も多数います。

ビルメンテナンスの給料・年収

ビルメンテナンスの平均年収は、300万円程度となっているようです。

以前から給与水準は低めといわれる仕事ですが、そのなかで大手の系列系企業は給与がやや高めです。

宿直が入る現場の場合、宿直・夜勤手当が出れば収入アップにつながるでしょう。

また、関連資格を多数取得していくことで資格手当の支給につながり、収入を上げるさせることも可能です。

ビルメンテナンスの現状と将来性・今後の見通し

最近、都市部では大きな商業施設をはじめ、新築マンションやオフィスなど、毎年のように新しい大型の建物が建てられています。

ビルメンテナンスはビルがある限り必要とされるため、今後も需要のある仕事だといえます。

ただし、専門知識や技術を備えた人材が歓迎されやすいため、長く働いていくには難関資格の取得まで目指すとよいでしょう。