1分でわかる「土木施工管理技士」

仕事内容
土木施工管理技士は、河川、道路、橋、上下水道といった土木工事に携わる際に、多くの作業員の監督役となる責任者として活躍するための国家資格であり、一般には、この資格を持っている人のことをいいます。

おもな仕事内容は、土木工事における施工計画の検討・作成や、現場での施工管理や安全管理、監督業務などが挙げられます。

法律により、土木工事の現場には施工管理技士の有資格者が必ず配置される必要があります。
なるには
土木施工管理技士には「1級」と「2級」の2種類の資格があり、1級は「監理技術者」に、2級は作業工程ごとの責任者である「主任技術者」になることができます。

国家試験の受験には、1級と2級それぞれで実務経験が必要となるため、基本的には高校や大学などを卒業し、土木や建設系の会社で技術者として経験を積んでから、さらなるステップアップのために試験を受けることになります。

土木施工管理技士の資格取得が、昇進や昇給の条件となっている企業も存在します。
給料
土木施工管理技士の有資格者は、一般の技術者と比べると、やや高めになっていることが多いようです。

平均年収は400万円~500万円台程度とされていますが、多くの企業で土木施工管理技士の有資格者には「資格手当」が支給されており、その額によっても収入に差が出てくるでしょう。

2級よりも、より広い業務に携わることができる1級の資格を持っている人を採用したいと考える企業が多いため、1級資格を取得し、転職を機に収入をアップさせている人もいるようです。
将来性
日本全国の土木工事によって、私たちの生活に密接に結びついている道路、河川、ダム、トンネルといったさまざまなものが造られています。

また、通常の土木工事だけではなく、災害現場の復興工事を行う場合にも必ず土木施行管理技士を置くことが求められるため、需要は大きな仕事といえます。

現段階では、土木施工管理技士は慢性的な人手不足とされており、求人も比較的多く出ているため、まだまだチャンスのある仕事だといえるでしょう。