「大工」とは

大工_画像

主に木造住宅の領域で、ノコギリ、ノミ、カンナなどの道具を使い、建築物の下地を造る。

大工になるには、特別な資格や学歴は必要ありません。

大工の仕事に就いて一人前になれば、それで大工となります。

ただ、この一人前になるまでのハードルは高く、まさに職人の世界ならではの厳しさを乗り越えなければなりません。

一人前になるまでは給料もそれほど期待はできず、仕事内容も力仕事や単純作業が中心です。

ですが、経験を重ねるにつれて仕事は変わってきます。

特に現場を統率する棟梁になれば、大工ならではの知恵と腕を駆使し、重要なものが任されることになります。

また、給料がサラリーマンの平均年収を上回ることも珍しくありません。

建物として形に残るというやりがいがあり、厳しい修行の時代を乗り越えれば高待遇も可能な仕事です。

「大工」の仕事紹介

大工の仕事内容

木造住宅などを建築する職人

大工とは、おもに木造建築物の新築や増築、修理、リフォームなどを手掛ける職人のことをいいます。

ノコギリ、ノミ、カンナなどの道具と木材を使って、建物の骨組みや外壁・屋根・床・壁・天井の下地などを造ることが仕事であり、「町大工」または「木造大工」とも呼ばれます。

大工が行う作業は大きく「加工」と「組み立て」に分けることができ、加工は作業所で、組み立ては建築現場で行うことが一般的です。

また、力仕事だけでなく、事務所で設計図面を読んだり、また図面を引いたりといったデスクワークをすることもあります。

なお、大工には町大工以外にもいくつかの種類があり、鉄筋コンクリートの型枠を造る「型枠大工」、寺社仏閣を造る「宮大工」、建物の内部造作を専門に手掛ける「造作大工」などがあります。

大工の就職先・活躍の場

工務店に就職する大工が多い

大工の就職先として最も一般的なのは工務店ですが、数十人の職人を抱える企業から、法人形態を取らず個人で経営する数人単位の小さなところまで、事業規模はさまざまです。

また、手掛ける建築物の種類についても、住宅がおもである場合もあれば、店舗を得意としているところ、あるいは寺社仏閣を専門的に請け負っているところもあります。

また、職種によっては就職先が異なるケースもあり、型枠大工であれば工務店よりも建築会社に勤める人が多くなるでしょう。

大工の1日

仕事のメリハリが大事

大工は、危険な工具を取り扱ったり、高所で作業したりと、怪我をしたり事故を起こす危険性の高い仕事の連続です。

このため、昼食時以外にも、適宜休憩を挟み、高い集中力を維持することが重要になります。

7:30 出社
工務店で、材料や道具などの下準備を行います。

8:30 現場作業
建築現場で、組み立て作業を行います。

10:30 小休止
20分ほど休憩して、作業を再開します。

12:00 昼食休憩
昼食は早めに済ませ、昼寝などで体力回復に努めます。

13:00 現場作業
棟梁や現場監督の指示を仰ぎながら、作業を進めます。

15:00 小休止
午前中よりも長めの休憩を取り、作業を再開します。

17:00 帰社

大工になるには

工務店などに勤め、親方に弟子入りする

大工になる一般的なルートは、いずれかの工務店に就職し、そこで働く親方に弟子入りするところからスタートします。

現場での作業を通して、親方や兄弟子から必要な技術を教わり、木材の加工方法や組み立て方法などを徐々に習得していきます。

勤め先にもよりますが、大工の世界は総じて上下関係に厳しいところが多く、とくに仕事の段取りなど基本的なことがわからない下積み期間中は、厳しく叱責されるケースも多々あります。

一人前の大工になるまでには長い期間を要しますので、粘り強く、強い意志を持って仕事に励むことが大切です。

大工の学校・学費

学歴不問だが、専門学校で基礎を学ぶ道も

大工になるにあたって学歴や資格が求められることはほぼなく、かつては中学校を卒業してすぐ工務店に就職することが一般的でした。

ただ、近年では、ある程度社会人としての一般常識を備えた人が望まれる傾向にあり、専門学校などで一般教養と共に大工の基礎技術などを学んでから就職する人が増えています。

そうした専門学校では、技術だけでなく、先生や卒業生などから大工としての心構えを聞けたり、就職先を紹介してもらえるというメリットもありますので、進学することも選択肢の一つです。

大工の資格・試験の難易度

必須資格はないが、技能検定制度がある

大工として働くために必須となる資格はなく、とにかく腕と経験さえあればいいのが職人の世界ともいえますが、その技術を客観的に証明するための「建築大工技能士」という検定制度もあります。

建築大工技能士には難易度に応じて1級から3級までの区分があり、最難関の1級ともなれば、非常に高い技術が要求されます。

なお、検定を受験するためには、区分に応じた実務経験年数が必要になりますので、検定を取得すれば、自身のキャリアを証明することにもつながります。

大工の給料・年収

給料は自身の能力次第

大工の平均年収は380万円前後とされていますが、経験や技術によって大きな個人差があります。

未経験者の場合、見習いで就職することになりますので、月収15万円前後、年収にして200万円に満たない人がほとんどですが、勤続年数を重ねるつれて徐々にあがっていきます。

ベテランになれば年収800万円を超える人も珍しくなく、棟梁の中には年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。

十分な経験を積んで独立し、個人で工務店を経営している人のなかには、さらなる高収入を得ている人もおり、収入事情は自分の能力次第といえます。

大工のやりがい、楽しさ

自分の仕事が形に残る

大工のやりがいは、やはり自分の手で形あるものを造りだせること、そしてそれが残ることです。

2次元の図面から3次元の立体物を構築していく作業は、非常に高度な技術を要するとともに、ものづくりとしての根源的な楽しさ、面白さがあります。

また、大工の手掛ける建築物は、戸建て住宅に代表されるように、依頼者である施主(せしゅ)との距離が近く、直接声をかけてもらう機会が多いことも、仕事のモチベーションにつながっています。

大工のつらいこと、大変なこと

大工は体が資本

機械化や工具・工法の改良などで、大工の肉体的負担は昔に比べれば多少軽減されていますが、やはりほとんどの作業が力仕事である点には変わりがありません。

健康状態には人一倍気を遣わなければなりませんし、たとえば腰痛などで重いものが持てなくなっただけでも、日常生活に支障はなくとも、大工としては致命的です。

また、風邪を引いたり、骨折したりして働けなくなった期間は、基本的に無給となりますので、経済的にも一気にひっ迫することになります。

大工に向いている人・適性

体と頭をバランスよく使える人

大工仕事の大半は肉体労働ですが、設計図面を読み解いたり、必要となる材料の合計を積算して効率よく使用したりと、頭を使う作業も頻出します。

棟梁ともなれば、自分の作業だけでなく、建築現場全体の進捗状況を把握して的確に指示を出すこともしなければなりません。

また近年では大工の世界もコンピュータ化が進んでおり、大工のなかにはCADと呼ばれる専用製図ソフトを使いこなして自身で図面を作成する人もいます。

力仕事だけでなく、頭を使う仕事もこなせるバランスに優れた人が、大工に向いているといえます。

大工志望動機・目指すきっかけ

初心を大切にするためにも、志望動機は固めておくべき

日常生活のなかで、大工が仕事している姿を目にする機会は多々あります。

そんな大工が働く姿を見てかっこいいと感じ、大工を目指す人は少なくありません。

ただ、過酷な労働環境や、旧態依然とした古い業界慣習に嫌気がさし、早期に辞めてしまう人が多いのもまた事実です。

就職時における面接において、そこまで志望動機が重視されることはないかもしれませんが、長く働くためには、なぜ大工を志望するのか、大工になって何がしたいのか、明確にしておくことも大事です。

大工の雇用形態・働き方

大工の多くは日当制で働いている

大工に特有の事情として、多くの勤め先で給与支払いが「日当換算」であるという点が挙げられます。

これは雨天時など悪天候の日は作業がまったくできないこと、時期によっては工事そのものがないことなどが理由です。

工事件数が多ければ土日祝日も働くことになり、その分収入も増加するため、マイナス面ばかりではありませんが、やはり不安定な働き方となっていることは否めません。

なお、過去からの慣習によって、地域ごとにある程度日当相場が定まっており、人口の多い都市部ほど単価が高く、地方ほど単価が安くなる傾向にあります。

大工の勤務時間・休日・生活

忙しいときと暇なときの差が激しい

大工はおおむね午前8時頃までには現場に入って作業を開始しなければならないため、工務店などで下準備するのは早朝になります。

現場作業が終わるのはだいたい夕方5時頃ですが、そのまま直帰することもあれば、工務店に帰って翌日のための作業をしなければならない日もあります。

また、大工の仕事は繁忙期と閑散期がはっきりと分かれる傾向にあり、休日返上で連日夜遅くまで働かなければならない時期もあれば、休みが続いて暇を持て余す時期もあります。

大工の求人・就職状況・需要

就職先は慎重に選ぶべき

近年、建設需要が高まりを見せている一方、大工の数は決して足りているとはいえないため、求人数は豊富にあります。

ただし、工務店の数は非常に多く、雇用条件や労働環境などはそれぞれに大きく異なるため、就職先についてはよく吟味するべきです。

なかには、募集に記載されていた待遇と違っていたり、劣悪な環境で働かされるケースもあり、そういった一部の心無い工務店が、大工の働き方のイメージ全体を悪くしているという側面もあります。

大工の転職状況・未経験採用

未経験者でも歓迎される

大工の求人情報をみれば、ほとんどのところで未経験者歓迎となっています。

経験者であればもちろん優遇されますが、まったく異なる業界からの転職も、また社会人未経験でも、雇ってくれるところを見つけるのは困難ではないでしょう。

ただし、大工はさまざまな技術が要求される職人仕事であり、一人前になるには10年前後の修業期間が必要といわれています。

修業期間は収入面でもかなり厳しくなるため、大工になるなら、できる限り若いうちが望ましいでしょう。

大工の現状と将来性・今後の見通し

労働環境は徐々に改善されていく

大工の世界では、他の職人業界と同じように高齢化が進んでおり、若い人材の確保や育成が急務となっています。

このため、厳しい労働環境を改善し、なり手を増やそうする取り組みが活発化しており、これから大工を目指そうとする人にとっては良い兆候といえるかもしれません。

環境意識の高まりや価値観の多様化などから、自然素材を使った住宅や個性的な住宅が人気を博しており、木材についての豊富な知識や高い技術を持ち合わせた大工は、活躍の場が広がっていくでしょう。