【2022年版】インテリアコーディネーター資格試験の難易度・合格率

インテリアコーディネーターは、公益社団法人インテリア産業協会が認定する資格です。

この資格を認定するためのインテリアコーディネーター試験は、すでにインテリア業界で働いている人や、インテリア業界への就職・転職を目指す人を中心に、毎年1万人ほどが受験しています。

学歴・実務経験などは問わず誰でも受験できますが、合格率は決して高くないため、試験内容をきちんと把握した上で十分な対策が必要です。

この記事では、インテリアコーディネーター資格試験の内容や、難易度・合格率、勉強方法などについて詳しく解説しています。

この記事のポイント

・一次試験はマークシート、二次試験では論文・プレゼンテーションで評価
・合格率は22~25%程度、合格までに300時間程度の勉強時間が必要
・独学合格は可能だが、出題範囲が広いため通信講座やスクールを利用する人も

インテリアコーディネーター資格とは

インテリアコーディネーターとはどんな資格?

インテリアコーディネーター資格とは、公益社団法人インテリア産業協会が認定する民間資格です。

インテリアコーディネーター資格を得るためには、公益社団法人インテリア産業協会主催の「インテリアコーディネーター資格試験」に合格した後、登録料を納付し、登録手続きを行う必要があります。

インテリアコーディネーター試験では、内装、家具、照明器具、住宅設備などの各種インテリアに関する幅広い商品知識と、住空間にふさわしいインテリアの計画や商品選択・アドバイスをするための知識を備えているかどうかが問われます。

主にインテリア関連企業で働く人、またインテリア業界への就職・転職を目指す人が、インテリアコーディネーター資格を取得しています。

具体的な活躍の場としては、住宅メーカーや設計デザイン事務所などの住宅関連企業、住宅設備を扱う住宅関連機器メーカー、さらには家具屋やインテリアショップ、ホームセンター、百貨店のインテリア部門などの各ショップなど多様です。

インテリアコーディネーター資格取得のメリットは?

インテリア関連の仕事をする上で、インテリアコーディネーター資格の取得は必須ではありません。

しかしながら、インテリアコーディネーターを取得することには、以下のようなメリットがあります。

  • インテリア業界への就職・転職時に有利(とくに実務経験がない・少ない人)
  • 試験勉強で身につけた知識は実務でも役立つ
  • お客様からの信頼・安心を得る材料になる

インテリア関連の実務経験がない、もしくは少ない人にとって、インテリア業界への就職・転職は必ずしも容易ではありません。

そのような人こそ、インテリアコーディネーター資格を取得しておけば、採用試験において基礎的な知識を身につけていることを証明でき、また熱意を認めてもらいやすくなります。

また、インテリアコーディネーター試験に向けて勉強する内容は、インテリア業界で働き始めてからも役立つもので、すでに同業界で仕事をしている人が、スキルアップのためにこの資格取得を目指すこともしばしばあります。

また、インテリアコーディネーターの資格を持っていることを示すことは、お客様にとっての信頼・安心材料にもなります。

資格を一つの強みとしながら実務経験を積んで、フリーランスや独立・開業を目指すことも可能です。

インテリアコーディネーター試験の出題内容・形式

インテリアコーディネーター試験は、一次試験・二次試験の二段階で実施されます。

先に一次試験が実施され、それに合格した人のみが二次試験に進めるようになっており、二次試験にまで合格すると、インテリアコーディネーター資格者登録をすることが可能です。

一次試験

インテリアコーディネーター試験の一次試験は、学科(マークシートによる択一式)にて行われます。

試験審査の範囲は以下の通りです。

  1. インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること
  2. インテリアコーディネーターの仕事に関すること
  3. インテリアの歴史に関すること
  4. インテリアコーディネーションの計画に関すること
  5. インテリアエレメント・関連エレメントに関すること
  6. インテリアの構造・構法と仕上げに関すること
  7. 環境と設備に関すること
  8. インテリアコーディネーションの表現に関すること
  9. インテリア関連の法規、規格、制度に関すること

合格ラインは正式に発表されていませんが、総合点の70~75%程度の得点率が必要といわれています。

二次試験

インテリアコーディネーター試験の二次試験は、プレゼンテーション・論文(記述式)にて行われます。

試験審査の範囲は以下の通りです。

  • プレゼンテーション・論文によるインテリア計画の提案に関すること

なお、一次試験に合格し、二次試験に不合格になった場合には、次年度からの3年間は一次試験が免除される制度があります。

同一年度内に一次試験と二次試験の両方に申し込むこともできますし、最初の年は一次試験だけ挑戦し、合格したら翌年以降に二次試験を受けることも可能です。

インテリアコーディネーター試験の最新情報・詳細については、主催団体であるインテリア産業協会の公式ページで確認してください。

インテリア産業協会 インテリアコーディネーター資格試験

インテリアコーディネーター試験の受験資格は?

インテリアコーディネーター試験の受験資格には制限がありません。

年齢・性別・学歴・職業・経験を問わず、どのような人でも受けることが可能です。

実際の受験者は20代や30代の女性が多いですが、もちろん男性も受けていますし、40代や50代以上で挑戦している人もいます。

インテリアコーディネーター試験の難易度はどれくらい?

インテリアコーディネーター試験の難易度・合格率

インテリアコーディネーター試験の合格率は22~25%

インテリアコーディネーター試験の合格率は、年度によって異なりますが、近年は22~25%程度を推移しています。

一次試験・二次試験それぞれの合格率を見ていくと、一次試験は30~35%程度、二次試験は60%前後です。

なお、2021年度の受験者数・合格率は以下の通りです。

一次試験

受験申込者数 11,171名
受験者数 9,640名
一次合格者数 3,166名
一次合格率 32.8%

二次試験

※ 二次受験対象者数 4,682名(内:一次免除者1,657)
受験者数 3,951名(内:一次免除者1,226)
二次合格者数 2,334名
二次合格率 59.1%

インテリアコーディネーター資格試験は国家試験ではないものの、試験全体の合格率は決して高くありません。

半数以上の人が一次試験で不合格になっていることを考えると、まず一次試験を突破することが大きなハードルになるといえます。

インテリアコーディネーター試験の合格率が低い理由は?

インテリアコーディネーター試験の合格率が低めの理由として、以下のようなことが考えられます。

出題範囲が広い

インテリアコーディネーターの一次試験は、9つの分野から出題されます。

その中には「インテリアの歴史」や「インテリアコーディネーターの仕事」など、基本的で比較的学びやすい内容もありますが、インテリア関連の法規や制度、インテリアコーディネーションの計画など、実務的で、やや理解するのに苦労する分野も含まれます。

また、建築関連の専門用語が多数出てくるため、人によっては最初は難易度が高いと感じるかもしれません。

「マークシートだから楽だ」と考えていると、痛い思いをする可能性が高いです。

合格のためには、試験範囲全体をくまなく勉強していく必要があります。

二次試験を苦手とする人がいる

インテリアコーディネーター試験の二次試験は、プレゼンテーションと論文方式で実施されます。

プレゼンテーションでは、課題に対して適したインテリア計画を立て、図面や仕上げ表を使いながら提案する力が求められます。

ここで課される図面の種類は、平面図のほか、展開図、断面図、パース図、アイソメ図、家具図となっており、平面図以外はどの図面が出題されるか当日までわかりません。

論文では、与えられた課題のインテリア計画について文章で的確に表現する力が求められます。

過去問題を解いて試験形式に慣れておかないと、合格は難しいものとなっています。

勉強時間そのものが不足している

インテリアコーディネーターは、インテリア業界を目指す人にとっての人気資格ですが、受験者全員がきちんと勉強できているわけではありません。

受験資格が設けられていないため、勉強時間が不十分のまま何となく受ける人や、会社命令で仕方なく受けている人もいるようです。

決して簡単な試験ではないため、モチベーションを高めて勉強を継続的に続けていくことが必要です。

インテリアコーディネーター試験の勉強時間・勉強方法

インテリアコーディネーター試験の勉強方法

インテリアコーディネーター試験の勉強方法の種類

インテリアコーディネーターの勉強方法は、「独学」「通信講座を受ける」「資格スクールに通学する」の3種類が考えられます。

市販の参考書・問題集を使って費用をできるだけ抑えたい、自分のペースで自由に勉強したい場合には独学がおすすめです。

完全な独学では不安がある、自分で教材を選ぶのが難しいと感じる場合には、通信講座を受けるのがよいでしょう。

通信講座で有名なものとして「ユーキャン」「日建学院」「ハウジング エージェンシー」などがあります。

教材の内容や学習形式、カリキュラム、サポート体制などをしっかりと比較して、自分にとって使いやすいものを選びましょう。

また、自宅学習を続ける自信がない人や、プロの講師からリアルタイムで教わりたいと考える人は、通学制の講座を開講しているスクールを選ぶとよいでしょう。

インテリアコーディネーターの通学スクールとしては「HIPS」「町田ひろ子アカデミー」「ハウジングインテリアカレッジ」などがあります。

一次試験・二次試験に総合的に対応している講座や、一次試験のみの対策講座など、さまざまな講座があるため、自分の学習状況に合う講座を選択してください。

インテリアコーディネーター試験の勉強時間は約300時間・勉強期間は6~8ヵ月

インテリアコーディネーター試験合格までに必要な勉強時間の目安は、300時間程度とされています。

初めて勉強をする人の場合、一次試験で100~200時間、二次試験で100時間ほどは見ておく必要があります。

1日にどれくらいの勉強時間を確保できるのかによって期間は変わってきますが、大手通信教育の「インテリアコーディネーター講座」の標準学習期間は6~8ヵ月ほどに設定されています。

大学や専門学校で専門知識を身に付けてから受験する国家試験に比べると、学習期間は短い方ですが、出題範囲が広いため、学習は決して楽な道のりではないでしょう。

また、二次試験で課される論文や製図などの問題は専門知識がなければ解答することができないため、二次試験対策にも十分な時間をとることが必要です。

インテリアコーディネーター試験合格は独学で可能?

インテリアコーディネーター試験は、独学で合格することも可能です。

とくに一次試験はどれだけ関連知識を身につけているかが重要になるため、まずは出題範囲について頻出分野を暗記しながら知識のインプットを続けて、そこから問題集を解く流れを繰り返しましょう。

市販の参考書(教本)と過去問題集を中心に、テーマ別の用語辞典や、一問一答式の問題集を活用するのもおすすめです。

なお、テキストは毎年改定されるため、常に最新版を揃えるようにしてください。

二次試験については、プレゼンテーションと論文の形式に慣れておくことが最重要です。

二次試験用のテキストや問題集を使って、試験で求められるポイントを確実に押さえてください。

ちなみに、インテリアコーディネーター試験の一次試験は10月の第2週に、二次日程は12月の第1週に実施されます。

1日にどれくらい勉強時間をとることができそうか考えて、逆算して勉強計画を立ててください。

場合によっては、最初の年は確実に一次試験合格を目指すことだけに集中し、二次試験は翌年にまわす方法を選択するのもよいでしょう。

令和3年度インテリアコーディネーター試験の受験者数・合格率

インテリアコーディネーター試験の受験者数

インテリアコーディネーター試験の受験者数は、前年度よりやや増加し、令和3年度の受験者数は9,935人となりました。

インテリアコーディネーター試験受験者数_令3

インテリアコーディネーター試験合格率の推移

インテリアコーディネーター試験の合格率は21%から26%ほどで推移しています。令和3年度の合格率は23.5%となりました。

インテリアコーディネーター試験合格率_令3

令和3年度インテリアコーディネーター試験 合格者の男女比率

令和3年度のインテリアコーディネーター試験合格者の男女比は、男性が20.1%、女性が79.9%となっています。

インテリアコーディネーター試験合格者男女比_令3

令和3年度インテリアコーディネーター試験 合格者の年齢構成

令和3年度のインテリアコーディネーター試験の年齢別合格者数は、男女ともに30〜39歳が最も多くなっています。

インテリアコーディネーター試験年齢別合格者数_令3

令和4年度インテリアコーディネーター資格試験の概要

試験日 ・一次試験:令和4年10月9日(日)
・二次試験:令和4年12月4日(日)
受験申請 令和4年7月19日(火)〜8月25日(木)まで
試験地 北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県
受験資格 受験資格に制限はありません。
試験科目

一次試験

・試験形式:学科(160分)

<1. インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること>
インテリアコーディネーター誕生の背景となった住まいへの意識変化や住宅・インテリア産業の発展の経過、その後のインテリア産業の進展とインテリアコーディネーターの職域の拡大等に関する基礎知識を有していること。

<2. インテリアコーディネーターの仕事に関すること>
インテリアコーディネーターとしての役割、職能、必要な実務内容・手順および職域等に関する基礎知識を有していること。

<3. インテリアの歴史に関すること>
古代から現代に至る日本及び西洋のインテリアの歴史に関する基礎知識を有していること。

<4. インテリアコーディネーションの計画に関すること>
インテリアコーディネーションのための基本的な検討事項(生活像、規模計画、寸法計画、人間工学、造形原理、色彩計画、安全計画、性能計画、維持管理)、生活場面の構成手法、リフォームの計画等に関する基礎知識を有していること。

<5. インテリアエレメント・関連エレメントに関すること>
インテリアエレメント(住宅家具、造作部品、システム・ユニット製品、ウインドートリートメント、カーペット、インテリアオーナメント等)、各種品質表示、エクステリアエレメント等に関する基礎知識を有していること。

<6. インテリアの構造・構法と仕上げに関すること>
建築の構造・構法、インテリア(床・壁・天井)の構法、造作と造作材、機能材料と工法、建具、仕上げ材と仕上げ等に関する基礎知識を有していること。

<7. 環境と設備に関すること>
室内環境(熱、湿気、換気・通風、音、光)、住宅設備(給排水、換気・空調、自然エネルギー、電気、照明、水廻り設備機器)に関する基礎知識を有していること。

<8. インテリアコーディネーションの表現に関すること>
建築等設計図書、二次元・三次元表現技法、CAD表現・レンダリング、プレゼンテーションに関する基礎知識を有していること。

<9. インテリア関連の法規、規格、制度に関すること>
インテリアに関連する建築・住宅、省エネ・環境・リサイクル、高齢者・障害者配慮、品質・安全性等分野の法規制・規格・制度・表示に関する基礎知識を有していること。

二次試験

・試験形式:論文・プレゼンテーション試験(180分)

<論文>
インテリアコーディネーターとして、住まいのインテリアに関する与えられた課題について、これを理解・判断し、的確な解答を文章で明瞭に表現できる能力を有していること。

<プレゼンテーション>
インテリアの基礎知識をもとに、住まいのインテリア空間に関する与えられた課題について、これを理解・判断し、プレゼンテーションとして図面等で的確に表現できる能力を有していること。

受験料 <基本(一次+二次)タイプ>
14,850円(消費税含む)
同一年内に一次・二次試験を受験する方。
※一次試験不合格の場合、二次試験を受験できません

<一次試験先取りタイプ>
11,550円(消費税含む)
一次試験のみ受験する方。

<二次試験(一次免除)タイプ>
11,550円(消費税含む)
過去3年以内にすでに一次試験を合格済みで、二次試験のみ受験する方。

合格発表 ・一次試験:11月下旬
・二次試験:2月中旬
合格率 23.5%(令和3年)
詳細情報 公益社団法人インテリア産業協会

インテリアコーディネーター試験の難易度まとめ

インテリアコーディネーター試験は、一部の難関国家資格に比べれば難易度は低めで、勉強時間も300時間程度と短期間での合格を目指せます。

しかしながら、合格率は22~25%程度を推移しており、決して高い数字ではありません。

試験内容や形式をきちんと押さえた上で、計画的な学習計画を立てることが重要です。

とくに二次試験の対策は独学では難しいため、不安がある人は通信講座やスクールの利用も視野に入れてみるとよいでしょう。