インテリアコーディネーターの海外留学

インテリアコーディネーターになるにあたって、海外のインテリアを学ぶために留学を考える人もいるでしょう。

本記事では、インテリアコーディネーターを目指す人がどのように留学するのか、そのメリットなどを紹介します。

インテリアの多様化

最近、日本国内ではシンプルで温かみのあるデザインが特徴の北欧風のインテリアを使ったカフェやモデルルームが大変な人気を集めています。

また、アジアン、アメリカンなどそれぞれの国や地域のテイストに特化したインテリア専門店もあります。

一昔前の住宅であれば、木造住宅・畳敷き・和風の家具という昔ながらの日本家屋がほとんどでしたが、近年は住宅の内装は家庭によって大きく異なるのが当たり前になりました。

住宅やインテリアの多様化が進むのと同時に、インテリアコーディネーターを目指す人にとって、国内だけではなく海外の建築やインテリアについて学ぶことは非常に重要になってきています。

最近では海外の建築やインテリアについてより深く学びたいと、インテリアコーディネーターが留学することも増えています。

大学や専門学校から留学する方法

インテリアの勉強をするために海外留学するのであれば、専門学校や大学に在学しているうちに留学しておくのが一般的です。

学校によっては海外の大学のデザイン学科と提携していたり、海外のデザイン事務所でのインターンシップを紹介してくれたりすることがあります。

インターンシップの場合は現場の仕事を手伝いながらコーディネートの面白さやテクニックを学ぶことができるので、将来インテリアコーディネーターとして仕事に就いたときに非常に役に立つでしょう。

長期的なスパンでの留学ではなく、夏休みや春休みなど長期休暇を利用して短期留学する人も多いです。

社会人になると、どうしても長期的な時間を作るのが難しい現状があるため、海外のインテリアを学びたいという希望がある人は出来るだけ学生のうちから準備をしておくのがよいでしょう。

海外留学のメリット

海外留学をすることは、インテリアコーディネーターとしての知識やセンスを磨くだけではなく、コミュニケーション能力や語学力を磨くことにもつながります

日本で仕事をするにしても、海外のインテリアショップとやり取りをしたり外国人のクライアントと一緒に仕事をしたりする機会があるため、語学力があるインテリアコーディネーターは非常に重宝されるでしょう。

近年は海外に支店を置いたり、国内の景気の低迷から世界に活動の場を広げたりする企業も多くあります。

そのためグローバルな活躍ができるインテリアコーディネーターを採用したいと考えている企業も増えつつあり、海外留学の経験はこうした企業で活躍するときにも役立つでしょう。

海外で活躍するインテリアコーディネーター

一方、海外で活躍する日本人インテリアコーディネーターもいます。

海外では日本のインテリアに興味を持つ人が増え、日本独特の建築やインテリアに関する専門知識を持つインテリアコーディネーターの活躍の場は広がっています

インテリアコーディネーターの海外留学のまとめ

近年、昔ながらの日本家屋以外にもさまざまな選択肢が増えたことで、インテリアコーディネーターには海外の建築・インテリアの知識も求められるようになりました。

留学は、専門学校や大学に在学しているうちにするのが一般的です。学校によっては海外でのインターンシップが可能なところもあります。

留学によって培われるのはインテリアの知識やセンスだけではありません。語学力をつければ海外のショップや支店とのやり取りがスムーズにできることで重宝されるでしょう。