1分でわかる「建設機械施工技士」

仕事内容
建設機械施工技士は、建設現場において各種建築機械を用いて工事を行う際に施工管理に携わる仕事です。

建設機械を動かすための免許ではなく、現場の責任者として施工の監督役を務めたり、主任技術者として施工管理を行うことができる資格です。

おもに建設会社において、各種建設機械を使った施工計画の作成や管理を行ったり、工程管理、品質管理、安全管理などに携わっていきます。
なるには
建設機械施工管理技士になるには、国土交通大臣指定機関が実施する建設機械施工技士の国家試験を受験し、合格する必要があります。

受験資格として実務経験が求められることから、すでに建設会社などで技術者として勤務している人が受験するのが一般的な流れです。

なお大学、短大、専門学校、高校といった各種学校のいずれを出ている人でも、所定の実務経験を積めば試験を受験することができます。
給料
建設機械管理技士の国家資格は、建設機械オペレーターなどとして、一定の実務経験を積んだ人だけが取得できるものであることから、一般の技術者よりは給料が高めに設定されていることがほとんどです。

年収は400万円~500万円程度がボリュームゾーンといわれますが、経験やスキルがある人ほど高く評価されやすく、よりよい収入を得ることが可能です。

1級の資格を持っていると、資格手当の額も大きくなり、より高い収入を得やすくなります。
将来性
建設機械を動かすためにはさまざまな資格が必要となりますが、建設機械施工技士は、それに関連する知識・技術を有し、工事が安全かつ効率的に進むように施工管理することができます。

つねに一定の需要が見込まれる仕事であり、重機オペレーターとして建設業界で働く人にとっても、さらなるステップアップにつながる資格といえるでしょう。

コンピュータ制御による新しい建設機械も出ているため、それらに対応できる若い人材の活躍も期待されています。