1分でわかる「ビオトープ管理士」

仕事内容
ビオトープ管理士は、地域の野生の生きものたちが生息・生育する空間「ビオトープ」を保護し、再生、創出していく仕事です。

生態系ピラミッドが崩れることを防ぎ、人間が自然と共存しながら長きにわたって安心して安定的に暮らしていける環境づくりに取り組みます。

具体的には、造園や土木の分野において、ビオトープの概念を導入しながら自然環境の造成や復元、地域計画や都市計画などに携わっていきます。
なるには
ビオトープ管理士になるには、まず「公益財団法人 日本生態系協会」が実施する「ビオトープ管理士資格試験」を受験し、合格することが第一歩となります。

この資格は2級と1級があり、2級は誰でも受験可能です。資格取得後は土木会社、造園会社、建設会社などの民間企業に就職したり、公務員として環境省や国土交通省、農林水産省といった中央省庁、また地方自治体で活躍したり、NPO法人を立ち上げたり、さらには自然環境保護関連のボランティア団体で活動する人もいます。
給料
ビオトープ管理士の資格を持つ人は、土木会社、造園会社、建設会社などの民間企業で働いている人が多く、給料については各企業の給与規定をはじめ、それぞれの人の職種や経験、年齢、実績などによってだいぶ変わってくるでしょう。

平均年収は一般的な会社員のものと大きくは変わらないようですが、業務に関連する国家資格等を併せて取得したり、実務経験を積んで専門的なスキルを磨くことによって、収入アップにつなげることは可能です。
将来性
現状、ビオトープ管理士の資格だけでは就職や収入につながりにくいとされていますが、造園や土木、土地開発、環境調査といった幅広い業種において、ビオトープ管理士の能力を生かすことができます。

世の中全体で環境への関心は依然として高く、「持続可能」や「生物多様性」という言葉がさらに重要視されている現代社会において、重要な役割を担っていきます。

技術者としてだけではなく、環境教育の指導者として活躍することもできます。