女性のインテリアコーディネーターのキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望するインテリアコーディネーターには、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性のインテリアコーディネーターの現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性のインテリアコーディネーターの現状

インテリアコーディネーターは、女性からも人気が高い職業です。

せっかく好きなインテリアを仕事にできたのだから、妊娠・出産を経てもずっと働き続けていきたいと考える人も増えています。

インテリアコーディネーターは、インテリアの幅広い知識を持って、お客さまに生活空間のコーディネートやアドバイスする仕事です。

多様なライフイベントを経験していることは仕事をするうえでプラスに働くことも多く、それらを経てもインテリアコーディネーターとして働いている人は少なくありません。

女性のインテリアコーディネーターの強み・弱み

女性のインテリアコーディネーターの強み

インテリアコーディネーターとして働くうえで、女性の感性は非常に重要です。

インテリアに関心を寄せる女性は多く、同性の視点や感性は役立ちます

また、妊娠・出産や子育てを経験することで子どもをもつ親の視点から具体的にインテリアのアドバイスをすることもできるようになり、お客さまからの信頼を得やすくなるでしょう。

女性のインテリアコーディネーターの弱み

インテリアコーディネーターとして働く住宅業界は、まだまだ男性が多い業界です。

とくに現場の職人はほとんどが男性のため、男女や年齢の垣根なく積極的にコミュニケーションを取れなければ難しいでしょう。

インテリアコーディネーターの結婚後の働き方・雇用形態

インテリアコーディネーターとして、結婚後も働いている人は多くいます。

ただし、インテリアコーディネーターの生活は多忙になりがちです。

正社員で働くとなれば給料や待遇面では恵まれていますが、その反面、仕事量が増え深夜まで残業をする人も少なくありません。

以下のように働き方を変えながら活躍する女性インテリアコーディネーターも多いようです。

結婚後の働き方一例
  • 仕事をセーブするために契約社員やパート・アルバイトなどに雇用形態を変える
  • フリーランスとして独立する

インテリアコーディネーターは子育てしながら働ける?

多忙なインテリアコーディネーターは、子育てと両立するのは難しいと考える人も多いでしょう。

もちろん、インテリアコーディネーターに限らず仕事と子育ての両立は難しいものです。

しかしインテリアコーディネーターは幸いにも、活躍の場が多岐にわたる職業です。工夫次第で子育てと両立することはできるでしょう。

住宅メーカーや設計・デザイン事務所などでのオフィス勤務ではなく、インテリアショップなどや家具店の販売員として、スキルを生かすこともできます。

また正社員だけではなく、契約社員やアルバイト・パートとして、決められた時間や仕事単位で働くことができる企業もあります。

もし経験や人脈を得ているのであればフリーランスで仕事量を調節しながら無理なく働くという方法もあります。

インテリアコーディネーターは女性が一生働ける仕事?

インテリアコーディネーターは、仕事を続ける情熱があれば、女性でも一生働ける仕事です。

実力が問われる仕事のため、早いうちから現場で経験を積んでスキルアップしてさえいれば、妊娠・出産後も自分の望む働き方を実現しやすくなるでしょう。

女性のインテリアコーディネーターのキャリアパスのまとめ

インテリアに興味をもつ女性が多いことから、同じ女性のインテリアコーディネーターの視点は重宝されます。

ライフスタイルの変化に合わせて働き方を変えることができるのは大きな魅力です。工夫すればインテリアコーディネーターとして長く活躍できるでしょう。