「マンション管理人」とは

マンション管理人_画像

マンションの受付、点検、清掃などを行い、住民が安心・快適に暮らせる環境づくりをする。

マンション管理人の仕事は、マンションの受付、点検、清掃などの業務を担当し、マンションの住民が安心して快適に暮らすことができるよう、マンションを管理する仕事です。

マンション管理人の多くは管理会社に雇われており、管理会社の従業員として各マンションに派遣される形で働きますが、50代以上や60代のシニア世代の採用が中心となり、大半が契約社員や嘱託、パートとなっています。

給料はフルタイムでも15万円程度になる場合も珍しくなく、高い給与は望みにくいですが、特別な資格やスキルは求められないため、高齢者が未経験からでもスタートしやすい仕事です。

日々の巡回や清掃など有人でしかできない管理業務は多く、居住者の安心や安全を守るためにマンション管理人は全国で必要とされています。

「マンション管理人」の仕事紹介

マンション管理人の仕事内容

マンション住民が快適に暮らせるよう管理する

マンション管理人は、そのマンションに住む人が気持ちよく、安全に生活を送れるよう、マンション管理に関するさまざな仕事を行います。

日常的に最も比重の大きい業務は「清掃」で、エントランスや廊下、階段、ゴミ置き場など、マンション共用部の掃き掃除、拭き掃除を行います。

中でもゴミ置き場は、近年ゴミの分別ルールが非常に細分化・厳格化しているため、住民の出したゴミを再分別しないといけない場合もあります。

次いで主な仕事は「受付業務」で、マンションに来訪する人の窓口対応などを行います。

座っているだけのイメージがあるかもしれませんが、オートロックの付いていないマンションでは特に、ビラ配りやセールス業者などが頻繁にやってきますので、決して楽な仕事ではありません。

他にも「点検・立会業務」や「報告連絡業務」、「管理組合の補助」など、マンション管理人の仕事は多岐にわたります。

マンション管理人の就職先・活躍の場

管理会社に就職し、そこから派遣される

マンション管理人は通常、管理会社に雇用され、そこから担当するマンションに派遣されて業務を行います。

管理会社の社員という立場ではありますが、その管理会社に出社することはほとんどなく、自宅から担当するマンションに出勤し、そのまま帰宅する「直行直帰」が一般的です。

またそれとは別に「住み込み」という勤務体系もあり、管理人専用の居室が与えられ、そのマンションに常駐して仕事を行いますが、近年では減少傾向にあるようです。

マンション管理人の1日

清掃の合間にさまざまな業務をこなす

マンション管理人のスケジュールは勤務時間や通いなのか住み込みなのかといった形式にもよりますが、一般的に多くの時間は清掃作業に充てられます。

住民がいつトラブルや相談を持ち掛けてくるかはわかりませんので、場合によってはさまざまな作業を並行してこなさなければなりません。

8:30 パトロール
建物を見回り、異常がないか確認します。

9:00 清掃
外部の歩道から共用部へと順に清掃していきます。

12:00 休憩

13:00 植栽
植木が伸びすぎているとクレームが入ったため、剪定します。

13:30 ゴミ捨て場の清掃
ゴミがきちんと回収されているか確認し、清掃します。

15:30 点検
廊下の非常灯が切れていたので、蛍光灯を交換します。

16:00 立会
フェンスの修理工事に立ち会います。

17:00 事務、退勤
報告書を作成し、帰宅します。

マンション管理人になるには

誰でもなれるが、若者は少ない

マンション管理人の仕事をするために特別な資格や学歴は必要なく、誰でもなることができます。

ただ、マンション管理人は社会的に、仕事を求める高齢者の受け皿という側面があるせいか、若者のなり手はかなり少ないようです。

若くしてマンション管理を行いたいなら、各種業務が分業制になっていることの多い高級マンションやタワーマンションに職を求めるとよいかもしれません。

そういったマンションには受付専門の「コンシェルジュ職」があり、20代や30代の比較的若い層が働いています。

マンション管理人の学校・学費

学歴よりも優先されるのは経験や人柄

マンション管理人として就職するために大卒などの学歴は特に重要視されません。

それよりも必要なのは実務経験や社会経験です。

マンション管理人の元には住民を中心に日々さまざまな人がやってきて、多様な業務が発生します。

性格も年齢も目的も異なる人々に臨機応変に対応し、業務を支障しなく進めていくためには、人生経験がものをいうケースも少なくありません。

人柄や働きが認められ、住民からの信頼を得られれば、それだけ雇用期間も長くなるでしょう。

マンション管理人の資格・試験の難易度

関連資格を取得すれば有利な場合も

マンション管理に関わる資格としては「マンション管理士」や「管理業務主任者」などが一般的ですが、これらはマンション販売会社などに勤める社員に必要な資格で、管理人に必須ではありません。

ただ、それらの資格を有していれば、マンション管理人としての仕事だけでなく、管理に付随する周辺業務も行えるようになるため、待遇面で有利になる可能性もあります。

資格取得を目指すなら、まずは比較的難易度が低く、管理人の仕事と関係の深い「管理業務主任者」について勉強してみるとよいでしょう。

マンション管理人の給料・年収

就職希望者は多く、高給はのぞめない

マンション管理人の給与は時給なら850円、月給なら15万円程度が相場で、年収に換算すると200万円に満たないことが一般的です。

経験や勤続年数を積んでも大幅に昇給することはほぼなく、高収入はのぞみにくい職業といえます。

特別な学歴や資格が必要なく、かつ中高年でもあまり体に負担をかけず働けるために、あまり待遇を厚くしなくても十分になり手を確保できることが要因と思われます。

より収入を求めるなら、高級分譲マンションで「コンシェルジュ職」として受付に特化したり、英語を習得して外国人専用マンションに勤めるなど、専門性を高めることが必要になるでしょう。

マンション管理人のやりがい、楽しさ

人間関係を構築できれば楽しい

マンション管理人は住民と直に接するため、「ありがとう」「ご苦労様」といった言葉をかけてもらいやすく、人の役に立っていることを実感しやすい職業といえます。

住民と毎日顔を合わせ、相談に乗ったり、ちょっとした面倒ごとを解決したりしていく中でコミュニケーションを重ねれば、自然と住民との人間関係ができてきます。

住民に信用され、頼られるようになることは、マンション管理人にとって大きなやりがい、楽しさにつながるようです。

マンション管理人のつらいこと、大変なこと

マンション管理人にとって住民は「お客さま」

管理組合から委託を受け、管理会社から派遣されている管理人にとって、マンション住民は「お客さま」にあたります。

そういう関係上、住民に対して強く出られない場面が多々あります。

マンションにはいろんな住民がいますから、中には理不尽な文句を言う人もいますし、明らかに業務の範囲外にあたる頼みごとをしてくる人もいます。

マナー違反をしている住民に対して注意することも躊躇われますし、ときには注意した結果逆ギレされることもあります。

そうした場面でもできる限り誠実に対応しなければならないのが、マンション管理人の仕事のきつい部分といえます。

マンション管理人に向いている人・適性

住民の世話焼きを苦にしない人

マンション管理人に寄せられる住民への要望はさまざまで、「鍵を忘れたから開けてほしい」「排水菅が詰まったから見てほしい」「ペットが逃げたから探して」など枚挙にいとまがありません。

そういったマンション住民の用事、いうなれば雑用を、面倒くさがったりしない、世話好きな性格の人にはマンション管理人の適性があるといえるでしょう。

最近は単身の高齢者も増えていますので、そうした住民の話し相手になってあげることも、マンション管理人の仕事なのかもしれません。

マンション管理人志望動機・目指すきっかけ

人を支えたい、人に喜んでもらいたいことが動機

大きな収入を得にくいマンション管理人は、金のためだけでなく、誰かの役に立つために働きたいという動機が多いようです。

また、自身がマンションに居住していて、マンション管理人が自分たちのために働いている姿を実際に見て、自分もそのような仕事に就きたいとマンション管理人を志望するケースもよくあります。

業務には学歴も専門的スキルも体力も不要で、誰でも目指すことができるからこそ、働く目的や志望動機が重要になるでしょう。

マンション管理人の雇用形態・働き方

雇用形態は非正規採用が主

マンション管理人は管理会社に雇用されることが一般的ですが、正社員としての採用は少なく、多くは契約社員やパート・アルバイトです。

働き方もさまざまで、住み込みで24時間常駐することもあれば、1日8時間前後の日勤で働く場合もありますし、1日2~3時間程度でマンションを巡回するケースもあります。

非正規採用が大半を占めるために、身分と収入を安定させ、しっかりと自分の生活を築きたいと考える若者には、あまり向かない職業といえるかもしれません。

マンション管理人の勤務時間・休日・生活

仕事と私生活を両立させやすい

マンション管理人の勤務時間は、日勤の場合9時から17時であることが多く、トラブルさえなければほぼ定時で仕事を終え帰宅することができます。

エレベータや消防設備などの点検作業が長引いた場合は、最後まで立ち会わないといけない関係上、残業することもあるようですが、そういった機会はあまり多くありません。

休日についても、日勤の場合は日曜日と祝日が休みであることが一般的で、休日に出勤することもほとんどありませんから、私生活の予定は立てやすいでしょう。

マンション管理人の求人・就職状況・需要

都市部を中心に求人は多い

高齢者世帯や共働き世帯が増加していることなどを背景として、利便性のよいマンションは戸建住宅よりも人気を集めています。

マンションの新築着工件数の増加に伴ってマンション管理人の需要も高まっており、特にマンションの多い都市部を中心に多数の求人があります。

ただ、どの企業も50~60代のシニア層を求めているようで、求人情報にはっきり「何歳以上でなければ採用しない」と明記されているわけではありませんが、若年層の採用には消極的なようです。

マンション管理人の転職状況・未経験採用

高齢になっても働きやすい

管理人職は比較的体の負担が少なく、高齢になっても働くことができるため、前職を定年退職した後に、マンション管理人に転職する人が多い印象です。

実際に管理人として勤めている人も中高年が大半で、70歳はざら、中には75歳という人もいるようです。

また未経験の場合でも、一週間程度の研修や現場実習を実施している企業がよくあり、業務内容自体も専門的スキルの必要のないものですので、働きやすい職業といえます。

マンション管理人の現状と将来性・今後の見通し

マンションの増加により今後も需要は増える

マンションの居住人口は1500万人を超え、今や国民の1割以上がマンションに住んでいます。

参考:国土交通省 分譲マンションストック戸数

今後も高齢化の進展などからマンションでの生活を望む人は増え続ける見通しで、人口の減少する中にあっても、マンション管理人の需要は堅調に推移すると思われます。

一部のマンションでは警備会社と契約し無人でのセキュリティサービスを提供しているようですが、管理人の仕事の大半は機械化できないものですから、今後も管理人は必要とされ続けるでしょう。