このサイトは鳶職人を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「鳶職人」

仕事内容
鳶職人とは、建設現場の作業員の中でも、高所での作業を中心に行う仕事です。危険が伴う仕事であるため、強い集中力と経験、技術が求められます。携わる作業によって、建設現場の足場を組む「足場鳶」、鉄骨造の建物の骨組みを組み立てる「鉄骨鳶」、建物内部の大型機械などの重量物の据え付けなどを行う「重量鳶」と分けられることもあります。新築、改修工事の現場において欠かせない存在として活躍しています。
なるには
鳶職人は現場で技術を身につけていくことが中心となるため、まずは見習いからのスタートです。中学校もしくは高校卒業後、鳶職人や土工関連の建設会社(サブコン)に入社し、仕事を覚えていきます。ただし、法律により18歳未満は高所作業が禁止されており、その年齢になるまでは運搬などの業務を行います。一人前の鳶職人になるまでには何年もかかりますが、常に努力し続けることと、高い場所を恐れない気持ちも必要とされます。
給料
鳶職人の多くは、日給月給制で収入を得ています。見習いの場合、日給7,000円~10,000円程度、職長クラスになると12,000円~18,000円程度が相場で、経験とスキルが上がると金額もアップします。危険を伴う鳶職人の給料は、建設現場で働く作業員の中でも比較的高額と言われてきましたが、近年は不況のあおりで以前よりも下落傾向にあるようです。健康保険制度の有無や福利厚生等は勤務先によって異なり、会社員のような安定した待遇はあまり期待できません。
将来性
建設業界の市場規模が縮小傾向にあり、建築業界で働く人にとっては少々厳しい状況が続いています。しかし、鳶職人は新築工事の現場だけでなく、マンションなどで定期的に行われる改修工事の際にも活躍するため非常に需要が高く、人材不足が課題となっている会社も出ているようです。経験が生きる仕事ですが、熟練職人の高齢化が課題となっているため、熱意を持った若手の活躍が望まれています。