「土木作業員」の仕事とは

土木作業員の仕事内容

土木作業員とは、道路・ダム・橋梁・建物などの大型の建設工事のほか、水道・ガス・通信などのインフラ整備や、宅地の区画整理・農地の圃場整備などで、大型の重機などを用いて土地の掘削や造成などを行う作業員のことをいいます。

公共工事から民間工事、さらには災害現場の復旧工事まで、さまざまな現場で仕事を行います。

若いうちは現場での力仕事がメインとなりますが、経験を積むことで、品質管理や安全管理の責任者として活躍するもいます。

土木作業員になるには

土木作業員の仕事は、経験によって培った知識や技術がモノをいいます。

そのため、まずは現場で経験を積みながら、難しい作業や重機の運転等に必要な免許・資格を取得していくのが一般的です。

一部の大手ゼネコンや建設会社を除けば、採用において学歴は問われないケースが大半です。

ただし一流の土木技術者を目指す場合は、工業高校や専門学校、大学などの土木関連の学科で学び、図面を作るCADソフトの使い方等まで覚えていた方が有利になるでしょう。

土木作業員の給料・年収

土木作業員の平均年収は300万円前後とされていますが、業界に未経験で入ったばかりの新人と、この道一筋のベテランとでは給料に大きな差があります。

経験の浅いうちは、一般的なサラリーマンよりも少ない給料での生活を余儀なくされる人が多いですが、各種免許や資格を持ち、とくに複雑な土木作業までこなせるよう人は、待遇面で優遇されやすくなります。

また、管理職としてのキャリアを積むことで収入アップも望めます。

土木作業員の現状と将来性・今後の見通し

かつて「3K(キツイ・汚い・苦しい)」の代表的な仕事と思われていた土木業界。

しかしいま、土木会社はイメージアップを目指し、工事内容ひとつとっても一般市民にわかりやすい説明を行ったり、ただ勢いで「つくるだけ」ではなく、安全性を重視したり、完成後のメンテナンスの重要性が見直されるなど、業界全体が大きく変わりつつあります。

各社の競争も厳しくなっていますが、このような業界の変化にきちんと対応している企業は、この先も生き残っていけるものと考えられます。