「土木作業員」の仕事とは

土木作業員の仕事内容

土木作業員とは、河川や道路、橋梁、ダム、港湾、鉄道、上下水道などに関わる造成や掘削、整備などの土木工事に携わる作業員のことをいいます。

土木工事は水道やガスなどのインフラを整備する公共工事や、自然災害の復旧工事など社会公益性の高い業務が多く、地域機能の向上のための土台づくりを行う仕事です。

おもに土砂の掘削や地ならし、資材の運搬など多くの役割を担う多能工として従事する人を「土工」、重機免許を保有しておりオペレーターとして従事する人を「機械土工」として分類することができます。

重機の免許を持っているか、あるいは経験の程度によって仕事の内容が変わることとなり、またアルバイトや日雇いなど非正規で行う人も多くいることが特徴です。

近年では女性の活躍も注目を集めていますが、力仕事をメインとする「土工」よりも免許の取得が必須の「機械土工」として働くケースが多いようです。

そして土木作業員は、「土木施工管理技士」などの資格を取得することや、専門的なスキル磨くことによって、現場責任者のような重責を担う立場を目指すこともできます。

土木作業員の就職先・活躍の場

土木作業員の就職先は、おもに土木工事業を行う建設会社などです。

おもに河川や道路、橋梁、ダム、港湾、鉄道、上下水道などの公共工事や、その他民間工事に関わる部分において、造成や掘削、土砂の運搬、コンクリートの打設などの業務を行います。

始めのうちは、力仕事をメインとして経験を積みながら専門的なスキルを身につけ、重機の免許や、その他資格を取得することで、責任の大きな業務を任されるなど活躍の場を広げることも可能です。

土木作業員1日

早朝から定時まで

土木作業員は朝早く集合し、ほぼ定時に終了します。

一般的な土木作業員の一日



7:00 出勤 場合によっては直行し現地集合
8:00 朝礼 ラジオ体操と作業内容の確認
8:15 作業開始
10:00 休憩 水分補給や軽食などをとりながら体力の回復
10:15 作業再開
12:00 昼食 持参した弁当や近隣の飲食店で食事
13:00 作業再開
14:00 コンクリートの打設
15:00 休憩
15:15 作業再開
17:00 作業終了・片付け
17:15 終礼・現場出発 一日の作業の進捗と次の日の予定を確認

土木作業員になるには

土木作業員になるために学歴や特別な資格は必要ありません。

現場で行う作業が中心となるため、働きながら覚えるということになります。

新規に雇い入れるなど積極的な採用を行っている会社も多く、門戸が広いということが特徴のひとつです。

必要な道具などはすべて会社に用意されているため、なにも準備することなく仕事をスタートできる手軽さも魅力となっています。

ただし非正規での採用が多いということも現実としてありますが、積極的にスキルを高めていくことで正社員となることも可能です。

土木作業員の学校・学費

土木作業員になるために学歴は必要ではなく、体力面で不安がないようであれば仕事に就くことはそれほど難しいことはありません。

土木作業員になるための学校としては、職業訓練校があります。

重機オペレーターになるための訓練などもあり、機械土工として活躍できる技術や基礎を学ぶことができます。

公的な職業訓練施設であることから学費や教材費などが安いということや、就職のあっせんを行うことなど、土木作業員を目指すのであれば学びの場として適した環境であるといえます。

土木作業員の資格・試験の難易度

土木作業員は特別な資格がなくてもできる仕事ですが、重機作業が行える免許や資格があれば業務の幅が広がり、また手当などの収入アップも期待ができます。

重機オペレーターとして業務を行うためには、その重機の種類によって必要となる免許や資格が必要となります。

大きくは「免許」「資格(運転技能講習)」「資格(特別教育)」の3分類があり、難易度は「免許」が最も難しく、続いて「資格(運転技能講習)」「資格(特別教育)」の順となります。

また難易度としては非常に難しい資格となりますが「土木施工管理技士」を取得することによって、営業所に必ず必要となる一定水準以上の知識と経験を持つ「専任技術者」になることができ、さらに現場監督などの責任者としての立場を任されることもあります。

土木作業員の給料・年収

土木作業員の平均年収は、300万円~350万円前後といわれております。

アルバイトや日雇いのような非正規雇用となるケースでは、日当で支給されることもあり、1日あたり10000円前後となることが一般的です。

また天候不良によって仕事が中止となった場合は収入とはならないことや、その他賞与などは期待できないことなど、収入においては他業種と比較して若干低くなる傾向にあります。

年収のアップは経験の蓄積とスキルアップを図ることで評価を上げ、正社員として昇給や昇格を目指すことになるでしょう。

とくに免許や資格の取得は手当として上乗せされることや、重要な任務を任されることなどによって給料のアップは十分期待ができます。

土木作業員のやりがい、楽しさ

土木作業員のやりがいといえば、インフラなど人々の生活基盤となるものをつくりあげる社会貢献度の大きな仕事に関わるということでしょう。

自然災害の復興なども社会的な意義が大きく、被災者の生活を支えるという意味でもやりがいのある仕事といえます。

土木工事は形として残り、また地図にも残るため、完成した後の達成感の大きさは大きな魅力です。

そして多くの人が協力し、なにもない状態から完成を目指すことは、ものづくりに携わる楽しさでもあります。

土木作業員のつらいこと、大変なこと

土木作業員は外部作業となるため、季節ごとの過酷な環境にさらされながら作業に従事することは大変なことです。

体調を崩して仕事ができない状況になると、収入にひびくことになるため、夏の暑さや冬の寒さには必ず対策を施すことが重要となります。

また肉体的にもハードな業務となるため、つらいと感じることもあるでしょう。

そして建築工事に切り離すことはできない労働災害には十分注意しなくてはいけません。

万が一被災してしまった場合は、その後の生活にも影響をするため、適切な教育を受け、安全な作業を心がけることが何よりも大切です。

土木作業員に向いている人・適性

土木作業員に向いている人は体力に自信がある人でしょう。

肉体を酷使する作業にも耐えることができる人は、大きな戦力として活躍が期待できます。

運転好きな人や機械を扱うことが好きな人や、器用な人は重機作業を行ううえで必要な適性があるといえます。

ただし、重機作業には危険が伴うことがあるため、周囲に対して注意を払うことができ、集中力を持続することが重要となります。

またものづくりに興味がある人などは、形としてあるいは地図のなかに残り続ける土木工事業に携わることに向いているといえるでしょう。

土木作業員志望動機・目指すきっかけ

土木作業員を目指すきっかけとしては、体を使った仕事がしたいということが多いようです。

体力に自信があり、体ひとつで稼ぐことができる仕事であることは、この職種における魅力のひとつとなります。

また生活の基盤となるインフラなどを構築する工事や災害復旧工事などを通じて社会的に貢献したいということや、形として残るやりがいの大きな仕事に携わりたいということなどが志望動機となっています。

乗り物や機械を扱うことが得意だという人も、重機を操る土木作業員を目指す理由にもなっています。

土木作業員の雇用形態・働き方

土木作業員の雇用形態としては、土木工事会社などで正社員として勤務する場合やアルバイトや日雇いなどの非正規雇用となる場合があります。

土工の多くは非正規となるケースが多く、その仕事内容はおもに補助的な作業となる傾向にありますが、仕事を経験するなかで徐々に難度の高い仕事を任されるようになります。

また重機に関わる免許や資格を取得することで機械土工として従事します。

その他の働き方としては、「土木建築施工管理技士」などの資格を取得することで現場監督として工程や品質、安全を管理する責任者として従事することや、独立して経営者となることもできます。

さらに「技術士(建設部門)」資格を取得すれば、土木コンサルタント会社として独立することも可能です。

土木作業員の勤務時間・休日・生活

土木作業員の勤務時間はおもに8:00~17:00となりますが、道路工事や鉄道工事などは夜間に行われる場合もあります。

定時で作業を完了させ、残業がほとんど発生しないことが特徴です。

休日は日曜日と祝日となるケースが多く、会社によっては週休2日や隔週土曜日を休日とするケースもあります。

公共工事などは働き方改革の一環として労働環境の整備が進められ、週休2日を確保するとした動きも見られ、今後においては働き方や生活にも変化が生まれることも考えられます。

年度末や期末にかけては、工期の遅れがある場合など休日に作業を行うこともあります。

土木作業員の求人・就職状況・需要

建築業界における高齢化と慢性的な人手不足の影響から土木作業員の求人数は非常に多く、積極的に募集を行う会社はよく見られます。

そのため就職状況は良好で、学歴や職歴を問わず人手の確保に躍起になっています。

非正規の募集も多く、場合によっては短期でもOKとする内容であったり、あるいはスキルによっては高額報酬となる募集であったりすることもあります。

また免許や資格を保有している人などは非常に需要が高く、好条件で採用されることも珍しくありません。

土木作業員の転職状況・未経験採用

土木作業員の転職状況については、人手不足の影響からも非常に良好といえます。

経験者の場合や重機免許を持っている人、建築関連資格を持っている人などは好条件で採用されるということが期待できます。

また未経験者であってもやる気しだいで採用される可能性も十分あります。

補助業務を経て経験を積みながら、徐々に難しい仕事に移行していくため、未経験者歓迎と謳って募集を行う会社も多くあります。

ただし体力を必要とする業務が中心となるため、未経験である場合は年齢が若いほうが有利です。

土木作業員の現状と将来性・今後の見通し

土木工事業は、インフラの整備などを中心とした公共工事や民間の土木工事、災害における復旧工事、さらには設備の老朽化に伴うメンテナンスなど幅広いニーズがあり、将来にわたってますます需要が高まることが予想されます。

しかし、土木工事業は高齢化と人手不足という大きな課題を抱えていますが、今後においてもこのような傾向は顕著になっていくことでしょう。

そのため、労働環境の改善や高額での募集を行うなど企業努力によって人材を確保するなどの動きも見られます。

また人手不足を補うために、外国人労働者の雇用や作業ロボットの活用なども積極的に行われる可能性がありますが、一方では管理ができる人材の育成も急務となっています。

土木作業員として働きながら、重機免許や資格を取得して機械土工として業務の幅を広げることや、経験と高度な知識を蓄積すること、あるいは土木施工管理技士資格を取得することなどによって現場管理業務を適切に行う人材の育成がカギとなることでしょう。