このサイトは建築士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「建築士」

仕事内容
建築士は、建築物の設計および工事の監理を行う仕事です。建築工事に必要な図面や仕様書を作成したり、実際の工事が計画通りに進んでいるかに関して、建築主に代わって確認することが具体的な仕事内容となります。内装のデザインだけではなく、安全性や耐震性などを考慮した構造設計や、電気や空調などの設備設計に関しても建築士が担当します。商業施設など大きな建物の場合、複数の建築士が分担して設計を行うこともあります。
なるには
建築士として働くには、国家資格である建築士の資格取得が必要となります。建築士の資格には、一級、二級、木造の3種類があり、二級と木造に関しては大学や専門学校の建築学科を卒業するか、一定の実務経験を積むことで受験が可能となります。最もレベルの高い一級建築士は、建築学科を出ても最低2年の実務経験が必要となります。建築士を目指すのであれば、まずは建築系の学科に進むことが近道と言えるでしょう。
給料
建築士は、建設会社、個人設計事務所、官公庁などさまざまな場所で働いています。給料や待遇は勤務先によってだいぶ異なりますが、年収500万円前後が相場となっています。特に個人設計事務所の場合は、事務所の規模や知名度、人脈等によって、仕事量や単価の違いが激しいようです。独立開業して自分の事務所を持つことも可能ですが、成功のためには設計スキルだけでなく、営業センスも必要です。著名な建築家になると、年収数千万円を稼ぐ人もいます。
将来性
バリアフリーやユニバーサルデザインに基づいた建築物など、一部の建築物の設計需要が高まっていますが、全体的には国内の建設市場自体が縮小傾向にあると言われています。一方、海外では建築業界の動きが活発なケースが多く、海を渡って活躍の場を見出す建築士も少しずつ増えているようです。建築士としてキャリアアップを望むのであれば、やはり最難関である一級建築士の資格を目指す必要があるでしょう。