このサイトは宮大工を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「宮大工」

仕事内容
宮大工とは、神社や仏閣などの新築や改築、修理などを手がける職人のことをいいます。耐久性を高めるために、一般の住宅建築とは異なる「木組み」という特殊技術を用いて作業を行います。神社や仏閣の屋根、柱、梁などには複雑な曲線が用いられていることもあり、高度な技術が必要とされています。また、国の貴重な財産である文化財の解体や補修に携わることもあり、伝統的な建造物を守り続けるために重要な役目を担っています。
なるには
宮大工は、大工の中でも専門的な技術を必要とされる仕事ですが、普通、特別な資格や学歴は求められません。まず神社や仏閣の建築や改修を手掛ける工務店に就職し、親方の下で修業を積むのが、なるための一般的な方法です。ただし、宮大工を抱える工務店は数が少ないため、住宅建築を行う大工として経験を積み、その後宮大工を目指す人もいます。一人前になるまでには10年ほどかかるとされているため、若いうちから目指すに越したことはありません。
給料
見習い中の宮大工の給料は、20万円以下になることが多いようです。経験を重ねることで給料は上がり、一人前の宮大工になると年収600万円程度、さらに専門性を持ったベテラン宮大工の中には年収1000万円を超える人もいます。たとえ単純作業でも、目の前の仕事に丁寧に取り組むことが、キャリアアップの重要なポイントです。独立開業も不可能ではありませんが、寺社仏閣の仕事の数は限られているため、あわせて住宅建築工事も請け負うなどの工夫が必要となるでしょう。
将来性
宮大工は一般の大工よりその数はずっと少ないものの、古くから守られてきた日本の文化財を将来へ残していくために欠かせない存在です。一人前になるまでには長い時間がかかりますが、確かな技術を身に付けた宮大工の需要は大きく、仕事も安定して続けられるといえるでしょう。需要は少しずつ減っていますが、宮大工を目指す人の数も減少傾向にあるため、ベテラン職人から技術を受け継ごうという意思を持った若手が活躍できるチャンスはまだまだ残っています。