「測量士」の仕事とは

測量士の仕事内容

さまざまな工事の根幹をなす測量を行う

測量士は、建設現場などにおいて、工事が安全かつ円滑に進むように測量計画を策定し、実際の計測作業を行う「土木測量」が主な仕事です。

測量は、住宅やビルなど民間の建設工事から、道路や橋、鉄道、ダムなどの公的インフラ整備工事まで、ありとあらゆる工事の基礎となる、重要な作業です。

この測量業務は、測量士だけに行うことが許可された「独占業務」です。

また、土木測量以外にも、地図を作成するための「地図測量」や、個人・法人の所有する土地の面積などを測定し測量図を作成する「地積測量」という業務も測量士の仕事です。

近年は、取り扱う測量機器や測量方法が専門化、複雑化する傾向にあり、最先端技術を使いこなす機械のプロフェッショナルとしての一面もあるようです。

測量士の就職先・活躍の場

専門職のため、専門の会社に勤める

測量会社は測量法に基づいてその運営方法が定められており、1事業所ごとに1人以上の測量士の有資格者を置かねばなりません。

それに加え、測量という業務自体が非常に専門的であることから、測量士の多くは、測量事業のみを専門に取り扱う測量会社に就職するようです。

また、建設コンサルタント会社という、主に公共事業などの大規模工事における計画立案や調査を支援する企業に勤める場合もあります。

その他、地図を作成する会社に勤めて地図測量に特化した業務を行ったり、経験を積んだ後に独立して事務所を開くケースもあるようです。

測量士1日

屋外作業とデスクワークに分かれる

測量士の仕事は、現場で実際に測量を行う「外業」と呼ばれる作業と、測量図作成などの「内業」と呼ばれる事務作業の2つに分かれます。

外業は屋外で行うために、照明なしでも手元が見える時間のうちに作業を終わらせなければなりません。

まず外業のスケジュールを組んで、残りの時間で内業を行うことが一般的なようです。


9:00 出社
メールチェック、測量機器の準備などを行います。

10:00 外業
担当している工事現場で測量作業を実施します。

12:00 休憩

13:00 外業、業者打ち合わせ
午前中にやり残した測量作業や、工事業者との打ち合わせを行います。

15:00 内業
帰社し、取得したデータに基づいて測量図面を作成します。

18:00 帰社

測量士になるには

業務範囲の異なる2種類の資格がある

測量士になるためには国家資格と免許登録が必要ですが、その資格には「測量士」と「測量士補」という2種類があります。

測量士補は、現場での測量業務自体は行えますが、その作業手順は測量士の作成した「測量計画」に従わねばならず、また自分自身で測量計画を作成することもできません。

測量士補のほうが資格取得の難易度は低いですが、多くの人は、行える業務に制限のない測量士資格の取得を目指すようで、実際の現場でも測量士のほうが多い印象です。

測量士の学校・学費

受験しなくても資格を取得できる道がある

測量士になるためには国家試験に合格する方法と、試験を受けず資格を取得する方法の2通りがあります。

国家試験に受験資格はなく、誰でも受験できますので、高校生で受験する人もいます。

試験を受けないルートは学歴などによって条件が異なります。

・大学で測量に関する科目を納めて卒業し、実務経験を1年以上有する
・短大や高専で測量に関する科目を納めて卒業し、実務経験を2年以上有する
・専門の養成施設で測量士補となるのに必要な知識と技能を1年以上学び、実務経験を2年以上有する
・既に測量士補の資格を有し、専門の養成施設で高度な専門知識と技能を修得する

これらのいずれかを満たして国土地理院に登録すれば測量士になれますが、どちらの方法を選択するかは各自の判断に委ねられます。

測量士の資格・試験の難易度

合格率は毎年1割前後の難関

測量士試験の合格率は年によって多少のばらつきがありますが、概ね10%前後で推移しており、受験者の多くが実務経験者である点も考慮すると、かなりの難関といえます。

試験を受けず、専門学校などに通って資格取得する道もありますが、時間と費用がかかる点に留意しなければなりません。

過去5年分の試験問題と解答は国土地理院のホームページから取得できますし、多くの試験対策情報、問題解説も簡単に得られますので、独学での合格も決して不可能ではありません。

合格までにはおよそ300時間の勉強が必要といわれていますが、挑戦してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

測量士の給料・年収

業務のわりに高収入とはいえない

測量士の平均年収は450万円ほどとなっており、平均的なサラリーマンとほぼ変わらないか、少し高いくらいの水準です。

その業務の専門性や、残業の多さ、外を歩き回る肉体的な厳しさなどを勘案すると、決して労務に見合った給与とはいえないかもしれません。

また勤務先の業種によって給与に多少の差があり、建設コンサルタント会社の年収が相対的に高い一方、地方の工務店など小規模の会社は年収300万円~400万円となるケースもあるようです。

測量士のやりがい、楽しさ

専門の技術者としてのやりがい

測量技術は日々進化しており、GPS衛星を用いた測量や、航空機から撮影したデータを3次元に加工する手法、3Dスキャナーの活用など、新しい方法が次々と開発されています。

それに伴って測量士の専門性はさらに増しており、メカニックや技術者としての大きな楽しさがあるようです。

またこうした最新技術を身につけられれば、これまでよりもさらに誤差の少ない正確な測量業務を行えるため、依頼者からも喜ばれますし、技術者としてやりがいを感じられるようです。

測量士のつらいこと、大変なこと

体力勝負となる厳しい環境もある

測量士の外業は、人里離れた山奥など過酷な現場で行われることも珍しくなく、早朝からの長時間移動や、重い機材を担いでの移動を強いられるケースも少なくありません。

また屋外での作業は夏は暑く冬は寒く、さらに雨や風といった天候によっても、作業の困難さやスケジュールが大きく左右されます。

そうして苦労して取得したデータを精査、分析して測量図を作成しなければなりませんが、作業にミスは許されず、高い集中力を保ち続けることが必要となります。

測量士に向いている人・適性

手先の器用さと計算能力が必要

測量業務は精緻な作業の連続ですので、測量士には計測機器を長時間のあいだ正確に操作し続けられる手先の器用さが求められます。

また土木測量においては、工事の着工から竣工に至るまで、当初の計画通りに建物が構築されているか、繰り返し計算しなければなりませんので、三角関数などの計算が得意な人が向いています。

加えて、現場によっては重い機材を背負って山を歩かないといけないケースもありますので、体力も必要とされるかもしれません。

測量士志望動機・目指すきっかけ

希望する業務によって動機はさまざま

測量士の最も一般的な業務である土木測量は、道路や橋、ダムといった、規模の大きな公共事業に深い関わりをもっています。

そうした大きな仕事に憧れ、人々への影響力のある仕事をしたい、何十年とこの世に残る仕事に携わりたいという希望を抱いて、測量士を目指す場合もあります。

また、幼い頃から地図を見るのが好きで、自分も地図を作りたいと測量士を目指すケースや、光学機器などの最先端技術が好きで、それが測量士を目指すきっかけになる人もいるようです。

測量士の雇用形態・働き方

他の資格と併用して独立するケースも

測量士の多くは測量会社に正社員として勤務しますが、中には独立して測量事務所を開業する人もいます。

測量士の行う3つの業務、「土木測量」「地図測量」「地積測量」のうち、前者2種類は、建設会社の子会社や地図作成専門会社が行うことが大半で、独立しても仕事が得られる見込はほぼありません。

しかし地積測量業務は、全国どこでも需要がある上、土地家屋調査士や行政書士などの資格と併せれば十分な仕事量を得られる可能性があります。

独立するならば、他の資格取得を目指し、地積測量を専門にするのがよいでしょう。

測量士の勤務時間・休日・生活

残業時間は多くなりがち

測量士は測量業務と測量図作成の両方を行わねばなりませんが、測量業務を日中に済ませる必要があるため、デスクワークできるのは基本的に夕方以降になってしまいます。

そこから膨大なデータを処理し、さまざまな計算を駆使して図面を作成しなければならない関係上、残業時間はどうしても多くなってしまう傾向にあります。

また、公共事業関係の仕事は、官公庁の予算の都合から年度末に集中するために、1月~3月は特に忙しくなるようで、場合によっては休日返上で働かないといけないときもあるようです。

測量士の求人・就職状況・需要

経験者や有資格者は優遇される

測量業務は全国に需要があるため、測量士の求人もエリアを問わず多数あります。

求人情報の中からは、まだ測量士の資格を取得していなくても就職できる企業もみつけられるでしょう。

そうした企業では、測量補助など助手としての仕事から初めて、実務経験を積むかたわら資格取得を目指すことが一般的なようです。

ただ、その専門的な業務内容から、実務に習熟するには一定期間を要しますので、測量業務の経験がある人や、測量士の有資格者はどの企業でも優遇されます。

測量士の転職状況・未経験採用

隣接する業界からの転職者もいる

建設業界に属する企業、特に土木工事を行う会社は、自社で測量業務を行う場合もあるため、そういった業務の担当者が測量事務所に移籍するケースがあるようです。

不動産業界でもその業務上、地積測量図を目にする機会は少なくありませんので、その中で測量士の業務に関心を持ち、勉強して測量士となる場合もあります。

また不動産業界に属する専門職の土地家屋調査士は、その業務内容が測量士とかなり近似していますので、行える業務の幅を増やすべく、測量士の資格取得を目指すこともあるようです。

測量士の現状と将来性・今後の見通し

需要は漸減傾向だが、競争は緩和される見通し

高齢化の進展に伴う社会保障費の増大を受け、政府はインフラ整備などの公共事業を抑制し続けており、測量士の業務量が今後大きく増えていくことは想定し難い状況です。

それでも、公共工事、民間工事を問わず、土地開発事業は今後もある程度実施されていくでしょうし、測量士の需要は相応にあり続けると思われます。

また、測量士有資格者の年齢構成はかなり高齢に寄っており、今後引退する測量士が増えて競争が緩和してくることも、これから測量士を目指す人にとっては追い風となるでしょう。