このサイトは不動産営業を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「不動産営業」

仕事内容
不動産営業とは一般に、不動産業界の会社で「営業職」として働く人のことをいいます。ひとくちに不動産といっても、分譲マンションや一戸建て、注文住宅、賃貸物件、投資用マンション、リフォームなど扱う不動産の種類はさまざまあり、仕事内容は少しずつ異なります。営業のスタイルは大きく、店舗に来店されたお客さまを接客する「内勤営業(カウンターセールス)」と、見込み客を見つけて外回りをしながら商談を進める「外勤営業」の2種類に分けることができます。
なるには
日本全国にはたくさんの不動産会社があり、その大半で営業職が募集されています。一部の大手企業では「大卒以上」の学歴が必要とされますが、この仕事では学歴はさほど重視されず、中卒や高卒の人でも活躍しやすいといわれています。また、個人としての成果が強く求められる仕事であることから経験やスキルよりも、仕事に対する意欲や熱意、向上心などが重視される傾向にあります。業界全体として人の出入りが激しいため、転職者向けの求人も多く出ています。
給料
不動産営業の給料は、年収400万円~600万円程度がボリュームゾーンとなっているようですが、担当する業務や会社の規模などによっても差が出ます。多くの職場において「インセンティブ制度」が導入されており、給料は「基本給+歩合給」といった形で設定され、売上や契約数を伸ばせば伸ばすほど、たくさんの収入を手にすることが可能になってきます。なかには基本給がなく「完全歩合制(フルコミッション)」で働く不動産営業もいます。
将来性
不動産業界は人間が生きていくうえで不可欠な「衣食住」の一端を担うため、時代を問わず安定した需要がある仕事だといえるでしょう。しかし、昨今は人口減少や少子高齢化などの影響もあり、時代のニーズに応じた新しいビジネスを手掛けていくことも求められています。不動産営業は実力主義の要素が強く、頑張り次第で同じ年代の他職種よりも多くの収入を手にすることができますが、この業界はいまだ古い体質の会社も多いといわれ、厳しい労働条件で働く人もいるようです。